お呼ばれの結婚式には訪問着でいくのが一般的?訪問着を着るときのマナーとは

特集
view
結婚式にお呼ばれしたらまず考えるのは、当日の服装についてではないでしょうか。せっかくの大切な友人、同僚、親戚の晴れの日。失礼のないように気をつけつつ、思い切りおしゃれを楽しみながらお祝いしたいものですよね。ドレスも華やかでいいものですが、着物を着ての出席も品があって素敵です。そこでこの記事では、結婚式に着ていくのにふさわしい訪問着、その特徴や選び方、マナーについてご紹介します。  

そもそも訪問着ってなに?

訪問着とは

訪問着は、未婚か既婚かということや年齢などに関係なく、またフォーマルな場からカジュアルな目的までシーンを選ばずに着ることができる着物です。絵羽模様といわれる、縫い目をまたいでひとつの柄が繋がるように仕立てられた美しい模様がその特徴となっています。同じ絵羽模様でも、裾にしか模様のない留袖と違って、上半身部分にも模様が描かれています。  

訪問着の歴史

訪問着は着物の中では比較的新しく、大正時代に生まれたものでした。もともとはフォーマルである留袖と、小紋のような日常着しかなかったのですが、留袖ほど格式高くなく、中間くらいの着物が欲しい、という声が高まったことで誕生しました。洋装の「Visiting dress(ビジティングドレス)」に相当する着物ということで「訪問着」と名付けられ、今日にいたるまで広く親しまれています。  

訪問着の格

訪問着は格で言えば留袖に次いで高く、「準礼装」から「略礼装」にあたる着物です。柄の豪華な訪問着であれば紋を入れる場合もあるのですが、多くの場合はさまざまなシーンに対応できるよう、あえて紋なしにしたりするようです。また、付け下げと訪問着は見た目にも近いですが、格は訪問着の方が上であるとされていました。これは、縫い目で模様が途切れないように仕立てるため時間や手間がかかるからです。ただし、現在は訪問着とほとんど変わらないような付け下げもあります。  

訪問着はどのような人が着るのか

結婚しているかどうかや年齢層に関係なく、幅広く着ることができるのが訪問着です。結婚式で和装を選ぶなら、新郎新婦の親族であれば留袖や振袖が基本となります。訪問着は、友人としてだったり、職場の同僚として招待されたりした場合にふさわしい装いということになります。ピンクなどの可愛らしい色も、色の濃さや明るさを調整したり、帯や小物をじょうずに選んだりすることで幅広い年齢層にマッチするので、どんな人でも着ることができます。  

お呼ばれの結婚式では訪問着は着ても問題ない

未婚の女性だったとしても、振袖を着るとなると少し派手かも……と思ってしまうのであれば、訪問着を選ぶというのもいいかもしれません。主役である花嫁よりも目立ってしまうほど派手な柄や色を選んだりしない、真っ白のコーディネートは避けるなど、洋装の場合と同じような気遣いは必要ですが、明るく上品な色の訪問着で晴れの日に華を添えても問題ありません。また金彩が入ったものや、大きめの柄のものを選ぶのもよいでしょう。  

結婚式の訪問着を着るときのマナー、注意点

着物の格式に注意する

親族という立場で出席する場合なら、お客様をお迎えする立場になります。訪問着を選ぶ場合でも、色合いは落ち着いたものを、そして古典的な柄や縁起のいい柄のものを選び、格式高く着こなすのがよいでしょう。新郎新婦の母という立場であれば、訪問着ではなく黒留袖を選ぶのが正式です。同じ理由で、友人や同僚の立場でゲストとして出席する場合は、黒留袖は避けるようにします。  

着物の色に気をつける

花嫁よりも目立ってしまうくらいに華やかすぎる色・柄や、真っ白に見えるコーディネートは避けるのがマナーです。白を基調とした訪問着を選ぶ場合は、色のある柄が入っているものにする、帯や小物を白ではない色のものにするなど、花嫁の装いとかぶらない工夫をするようにしましょう。 また、友人として招かれる場合は、親族の方とで紛らわしくなってしまわないよう、黒地や同系色の訪問着を選ぶことは避けましょう。雰囲気が華やぐような色の訪問着を選ぶのがよいでしょう。色を選ぶポイントとしては、実際に試着してみて自分の顔が映える色合いのものを。昼間の式であれば、式場の壁は白が基調であることが多いので、濃い色を選んでも引き立ちます。また、年齢に応じて淡い色にしたり、落ち着いた色味を選んだりするのもよいでしょう。  

露出は控える

洋装の場合でも「肩を出さない(ノースリーブを着る場合はストールやボレロを羽織る)」などのマナーがありますが、和装においても肌の露出は避けるようにしましょう。  

まとめ

ゲストでお呼ばれする際や、親族としてお迎えする立場での訪問着の着こなしについてご紹介しました。着物はドレスよりも小物が多かったり、着る手間がかかったりしそうと大変なイメージもあるかと思いますが、上手に着こなせば目を引く華やかさも演出できます。大切な人の大切な日に華を添える訪問着で参加してはいかがでしょうか。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す