卒業式や入学式は訪問着で参加してもいいの?どのような色や柄がおすすめか

特集
view
子供の成長の節目である卒業式や入学式。喜ばしい時だからこそ、華やかな着物で子供の成長を祝いたいものです。そんな門出を祝う卒業式や入学式には、礼装の訪問着での参加がおすすめです。しかし、一口に訪問着といっても、たくさんの色柄があります。ましてや式に出席となると、着物の決まりやしきたりが気になって、迷ってしまいますよね。それでは、卒業式や入学式にはどのような訪問着がふさわしいのでしょうか。そこでこの記事では、礼服としての訪問着を着装する場合の、失敗しない色や柄の選び方をご紹介します。  

訪問着とはなにか

訪問着は、留袖の次に格式が高いとされる、礼装、準礼装にあたるものです。着用シーンは結婚式、卒業式、入学式、七五三等の式から、茶会、改まったパーティーや観劇など幅広く、未婚・既婚を問わず着ることができます。紋を入れることでさらに格式があがりますが、最近ではあえて紋を入れずにさまざまなシーンで着まわすことが多いようです。   訪問着は、裾・胸・肩・袖と絵羽模様と呼ばれる模様が、縫い目を渡って一枚の絵画のように繋がっています。模様は、友禅や型染めなど様々で、金駒刺繍などが施されている華やかなものもあります。控えめな柄行きや色であれば、合わせる帯で着用シーンが広がるため、一枚あると重宝する着物です。  

卒業式や入学式に訪問着は着ていっていいの?

卒業式や入学式は、学校の式典です。参加する子供たちは制服やスーツ、ワンピース、大学生なら袴を身につけます。付き添いの親も、同等の服装で参加することが望ましいとされています。したがって、準礼装でもある訪問着や付下げ、紋付の色無地は、卒業式や入学式などのセレモニーにはぴったりの装いです。特に訪問着は華やかで、子供の成長を喜ぶ式に彩りを添えてくれます。訪問着は、卒業式や入学式にふさわしい式服です。付き添いの親として子供の門出と成長を祝い、学校への感謝と礼を伝えるとよいでしょう。  

卒業式や入学式に訪問着を着るときの注意点

派手な色、柄を避ける

卒業式や入学式は子供や学生が主役の式典です。付き添いの親の訪問着は、控えめで上品な色柄のものを選ぶと失敗しません。訪問着は、淡い色に吉祥柄のものから、濃い色のインパクトがある柄行きものまでさまざまです。好みもありますが、やはり式典にふさわしい淡い色の控えめな印象の訪問着を選びましょう。また、卒業式と入学式で色を変えると場にふさわしい装いができます。   卒業式は、別れと門出、そして学校への感謝の意をあらわすものとして、グレーや水色、グレーピンクなど落ち着いた色がおすすめです。柄は季節の草花や、山水が描かれたものにすると失敗がありません。反対に、入学式は喜びや希望を表現する淡いピンクやクリーム、藤色がよく似合います。柄は、桜柄など季節感のあるものにすると上品です。  

長襦袢・半衿の色に気をつける

卒業式や入学式は、準礼装として出席するべき「式」です。最近はしきたりが少し緩くなってきましたが、基本は長襦袢・半衿は白を着用することになっています。白い長襦袢でなければ、薄いピンクのぼかしが入ったものなどでも良いでしょう。派手な洒落ものの長襦袢はNGです。  

礼装用の袋帯を

訪問着に使用する帯は、袋帯が基本です。二重太鼓にして厚みを持たせることで、格式を表現します。袋帯はカジュアルな洒落ものは避け、金糸・銀糸が施された礼装用のものを選びましょう。とはいえ、金糸が多すぎると目立ち過ぎてしまいます。白系が主体の淡い色の袋帯にして、帯締めで変化をつけると良いでしょう。  

落ち着いた色がおすすめ!

卒業式や入学式の訪問着の色は、ピンクやグレー、若草色、ラベンダー、クリームなど落ち着いた淡いものがおすすめです。しかし、顔色や体型によって似合う色がありますので、試着してぴったりのものを選びましょう。   式服としての訪問着と袋帯は、場合によってはぼんやりとした組み合わせになりがちです。しかし、帯揚げや帯締めで雰囲気はガラリと変わります。トータルでバランスを見ながら合わせていきましょう。   式服で着用する訪問着の重ね衿は、着物の地色よりも薄い色にすると上品な装いとなります。帯あげを重ね衿と同じ色合いのものにして、帯締めを濃い色にすると、すっきりと見えます。    

まとめ

卒業式や入学式は、子供にとってはもちろん、家族みんなの節目の日となります。付き添いの母親も、上品で清楚な訪問着で、喜びと礼を伝えたいものです。改まった制服やスーツ姿のお子さんと歩く親御さんの上品な訪問着姿は、日本の美しさと格式を感じさせます。ぜひ和装にチャレンジして、思い出に残る1日をお過ごし下さい。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す