【着物の着方】結婚式で親族が振袖を着る時の注意点まとめ

特集
view
【着物の着方】結婚式で親族が振袖を着る時の注意点まとめ 親族として出席する結婚式。思い入れもひとしおながら、友人として招かれる式とはまた違った立場で、服装にも悩んでしまいがちですよね。新郎・新婦との間柄や自分の年齢などによって、ふさわしい服装を選びたいものです。   親族が結婚式や披露宴で振袖を着用する場合に注意すべき点や、身内の結婚式の際の父母、兄弟、姉妹それぞれの立場での服装の選び方などについて、くわしくご紹介します。  

親族や友人の結婚式で振袖を着ても大丈夫?

親族や友人の結婚式で振袖を着ても大丈夫? 未婚の女性にとって、振袖は和装の第一礼装になります。ほかに結婚式で着るものとしては訪問着、色留袖などがありますが、いずれも振袖よりも格が下がってしまいます。   振袖は未婚のうちしか着られない礼装ですので、着られるうちに楽しみたいもの。また、親族としてゲストをお迎えする立場での出席や、友人であっても受付係を頼まれるなど特別な役割があるときは、礼を尽くし華を添える装いが大切になってきます。   そういった場合にも、振袖を着るのはよい選択です。  

振袖の種類

振袖の種類

大振袖について

本振袖とも言われ、袖の丈が115cm程の振袖で、最も格式の高い「第一礼装」にあたります。かつては婚礼衣装として花嫁が着るのが大振袖でした。   現代でも、お色直しなどで大振袖を着用する新婦もいます。近年は成人式で着る人も増えています。  

中振袖について

袖の丈は100cm程度。大振袖に次いで「準礼装」となるのが中振袖です。成人式や卒業式など、お祝いの席にぴったりの装いで、結婚式に出席する場合にもふさわしいとされています。   特に、新婦が大振袖を着る予定にしている場合は、かぶってしまわないよう中振袖を選ぶのがよいでしょう。  

小振袖について

袖丈は85cm程度で、二尺袖とも呼ばれます。袴と一緒に、卒業式などで着用されます。袖が短いので、軽くて動きやすく、カジュアルな印象もあります。   あまり堅苦しくないパーティー、お茶会、観劇などにもぴったりです。  

振袖を着る際に覚えておきたい注意点

振袖を着る際に覚えておきたい注意点

色や柄

華やかな振袖での出席はおめでたい日に彩りをそえるもの。しかし、結婚式や披露宴の主役はなんといっても花嫁です。   自分の方が目立ってしまうことのないよう、白や赤などの色を避けたり、花嫁が大振袖を着る予定があるのならば中振袖を選んだりするようにしましょう。前もって花嫁の衣装を確認しておくのもよいでしょう。   また、親族として出席する場合はゲストをもてなす立場になりますので、きちんとした印象になるような着こなしを心がけます。  

コーディネート

振袖は成人式で着て以来、という人も多いですよね。人によって実年齢より若く見える人もいれば上に見られてしまう人もいるでしょうが、いずれにしても成人式のような、華やかすぎる装いはちぐはぐな印象を与えてしまいます。   同じデザインの振袖であっても、帯や小物を変えたり、落ち着いた色や形のものを選んだりすることで、年齢相応で、親族としてもふさわしい装いになります。  

髪型・髪飾り

振袖そのものが華やかなので、髪はどちらかというとシンプルにするほうがすっきりとまとまります。髪飾りは振袖の柄に合った飾り(かんざし、パールなど)を選び、少し華やかさを足す程度にとどめます。親族としての出席であれば、華美になりすぎないように気をつけます。  

その他

結婚式や披露宴で着物を着る場合、指輪以外のアクセサリーを着用するのはマナー違反。ブレスレットやピアス・イヤリングなどは外しておきましょう。   また、お祝いの席において動物を想起させるものを身につけるのもマナー違反とされています。成人式のときに着用するようなファーなども避けるようにしましょう。  

親族の結婚式の基本的な服装

親族の結婚式の基本的な服装

父親の服装(子供の結婚式)

親族のうちでも最も関係の近い両親は、正礼装での参加が基本とされています。父親は、洋装ならモーニング(昼間におこなわれる式の場合)、燕尾服またはタキシード(夕方から夜におこなわれる式の場合)。和装の場合は五つ紋付羽織袴となります。   レストランウェディングなどの場合は少しカジュアルめの準礼装(ディレクターズスーツ)、略礼装(ブラックスーツ)を選ぶこともあります。  

母親の服装(子供の結婚式)

父親と同じく、正礼装での参加が基本になります。和装であれば黒留袖、洋装の場合はアフタヌーンドレス(昼間の式の場合)やイブニングドレス(夕方から夜に行われる式の場合)を選びます。   また、カジュアルな会場であれば色留袖や訪問着、あるいはロングドレス、フォーマルワンピース、アンサンブルスーツなどを選ぶのもよいでしょう。  

兄弟の服装(兄弟の結婚式)

新郎新婦の兄弟姉妹や、親族であるおじ・おば、いとこは、準礼装または略礼装を選ぶのが一般的です。   兄弟や親戚はディレクターズスーツ、ブラックスーツを着用します。ただし父親がディレクターズスーツを着用するなら、格を落としてブラックスーツなどにします。ネクタイは白やシルバー、革靴は黒を選びましょう。  

姉妹の服装(兄弟の結婚式)

姉妹、女性の親族は、和装を選ぶのなら黒留袖(既婚全年齢)、色留袖(30代前半くらいまでで既婚の場合)、訪問着、振袖(未婚の場合)がよいでしょう。   洋装であればフォーマルのワンピース、カクテルドレス、スーツなどを着用します。親族ということで、ゲストよりも控えめの服装にするのがマナー、とされている説もあります。  

まとめ

大切な人の結婚式。親族として出席する際には自分がゲストをおもてしする側として、きちんとフォーマル感のある装いを心がけることが大切です。   振袖は、着る人だけでなくその場全体に華やかなアクセントを与えて、場を明るくしてくれます。   新郎新婦を引き立て、親族としてゲストに対しても最大限の礼を尽くせるようきっちりとマナーを押さえつつ、今しか着ることのできない衣装で思い切りおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す