浴衣

浴衣の袖の長さはどれくらい?ちょうどいい長さは?

特集
view

夏になると浴衣を着用する機会も増えますが、かわいい浴衣でもサイズがきちんと合ってないと上手に着こなすことはできません。特に、浴衣の袖の長さは自分の背丈に適したサイズを選ぶことが大事です。今回は、浴衣の

夏になると浴衣を着用する機会も増えますが、かわいい浴衣でもサイズがきちんと合ってないと上手に着こなすことはできません。特に、浴衣の袖の長さは自分の背丈に適したサイズを選ぶことが大事です。今回は、浴衣の袖の長さのちょうどいい長さについて紹介していきます。

浴衣の大きさは身丈と裄丈で決まる

市販の浴衣を購入する場合、サイズ選びが気になるところです。洋服と同じような感覚でサイズ選びをしてしまうと、思った以上に袖が長すぎると言うケースも少なくありません。自分にピッタリな浴衣を選ぶためには、自分の体の大きさから浴衣の選び方を知ることが大事です。

浴衣の大きさは身丈と裄丈で決まります。身丈というのは、身長と同じ長さになります。裄丈というのは、腕の長さを示す言葉で、計測方法は直立して片手を地面に水平に伸ばしてから首の中央にある頸椎店から肩の真上を通って腕のくるぶしまで測ります。これに2cm程度プラスしたものが裄丈です。浴衣を選ぶときは、身丈と裄丈を確認してから選ぶようにしましょう。

袖の長さに影響するのは身丈!ただし調整は難しい

趣-omomuki-さん(@omomuki_gram)がシェアした投稿

身丈が長くなるほど、袖も長くなるのが普通です。しかし、身丈に必ずしも袖の長さが合っているとは限りません。人によって身長に対する腕の長さが異なっているためです。市販で販売されている浴衣だと、最初に身丈から選んで、その後に袖の長さが適しているものを選んでいくのが流れになります。

ちなみに、身丈と袖の長さがきちんと合わないことは珍しいことではありません。これは浴衣のサイズが昔の人の体形が反映されているためで、現代人に比べると昔の人の方が小柄で胴長だったことも理由になります。身丈を少し短いものを選ぶ方が、裄丈は合いやすくなります。

ただし、身丈を短く調整することはできても長く調整することはできないのが難点です。袖の長さがジャストでも身丈が短いと見た目的によくありません。もちろん、体型によっては袖の長さがジャストでも身丈が長すぎるようなケースもあります。

フリーサイズの浴衣の場合、身長が155cm~170cmであれば問題ない

仕立て済みの浴衣には、フリーサイズと記載されているものもあります。フリーサイズであれば、適応身長内なら大体着用することができます。浴衣の場合だと、155cmから170cmくらいならフリーサイズに適応しています。身長にばらつきがあっても着用できるのは、おはしょりで調整することができるためです。

身丈が自分の身長±5cm程度までなら問題なく着用することができて、自分の身長±10cmまでならカバーすることができる範囲内です。ただし、体重についてはあまり考慮されておらず、平均体重を大きく上回るような場合だと、身長が適用内でも着用が難しいことがあります。

フリーサイズの浴衣が体系のせいで着用できないという場合でも、ふくよかな体系の人に向けて作られている浴衣も販売されているので問題ありません。ふくよかなになるほど、袖のサイズは短くなってしまいますが、大きめのサイズであれば袖も身丈に合うように作られています。

フリーサイズの浴衣を購入しても、手直しが必要になる場合が多くあります。フリーサイズで販売されていても着丈や裄丈のサイズなどは確認してから購入するようにしましょう。

画像で参考に!ちょうどいい袖の長さ例!

手首のやや上あたり


浴衣の袖は長すぎても、短すぎても不自然です。袖の長さは、手のくるぶしにかかるくれいがちょうどいいと言われています。手首にかかると長すぎる印象を与えてしまいます。着物と違って浴衣は夏に着用するものです。長すぎると、季節感が失われてしまいます。

 手首のやや上あたりに袖元が来る浴衣がない場合、少々短い分には問題ありません。ただし、袖元が肘より短いのは見た目的によくないので注意が必要です。身丈は調整することができるので、袖元がぴったりな浴衣を選んでいくとよいでしょう。

浴衣の直しは自分でもできる

浴衣はおはしょりでサイズの直しができます。おはしょりというのは大人の腰のたくしあげの部分ですが、腰のところを縫い込むことによって身丈の調整ができます。裄丈にあわせて、長めの浴衣を買っておけばおはしょりで調整することが可能です。逆に、裄丈は調整することが難しい部分なので、袖の長さから浴衣を選んで直す方がよいでしょう。

浴衣の直しは縫う方法だけでなく、ハサミでカットする方法もあります。裾を切ってから縫い直すことになるので、カットせずに縫う方法に比べると腰回りのごわつき感が減って違和感が少なくなるのも特長です。

浴衣の直しは自分で簡単にすることができます。ただし、着丈を短くする場合は裄丈を含めた全体のバランス調整を考える必要も出てくるので専門業者に依頼して直してもらう方がいい場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?浴衣の袖の長さは、手首よりも少し上くらいがベストです。身丈をベースに浴衣選びをしていくと、浴衣の袖の長さが合わないことも多いので、浴衣の袖の長さを先にあわせて、身丈の調整をしていくことがおすすめです。身丈と袖の長さのバランスに気を付けて、浴衣選びをしていきましょう。

 

浴衣のご予約はこちら

他にも長く遊べて便利な【翌日返却】【他店返却】などもございます☆
詳しくは、HPまたは共通コールセンター☎︎075-600-2830 までお問い合わせください♪
京都、大阪、浅草、鎌倉、金沢で着物をレンタルするなら京都着物レンタルwargo!
ご予約お待ちしております!

浴衣

浴衣の袖の長さはどれくらい?ちょうどいい長さは?

特集
view