キャミソール

浴衣着用時の下着はどうする?和装用下着や代用について

特集
view

浴衣を着るときにはいくつかのポイントがあります。ポイントを押さえておけば、初めての人でも美しく浴衣を着こなせるでしょう。着物とは少し違いますが、浴衣も和装の一種です。和装には専用の下着があるので、浴衣

浴衣を着るときにはいくつかのポイントがあります。ポイントを押さえておけば、初めての人でも美しく浴衣を着こなせるでしょう。着物とは少し違いますが、浴衣も和装の一種です。和装には専用の下着があるので、浴衣を着るなら和装用下着がおすすめ!でも、浴衣を着る機会ってそれほど多くないから、和装用下着を買うのはもったいないと思ってしまう人もいるでしょう。美しく浴衣を着こなすためのおすすめ下着と、和装用下着がない場合の代用になるものを紹介します。

ブラジャーは着用する?

 

浴衣を着るとき、下着はどうしたらいいの?こう思った経験がある人は少なくないでしょう。洋服を着るときはブラジャーをつけますから、浴衣もブラジャーをつければいいんじゃないの?と思いがちです。絶対にダメ!というわけではありませんが、浴衣の下にいつも付けているブラジャーを選んでしまうと、着姿が美しいとはいえなくなってしまいます。

 

洋服の場合は、ボディラインにメリハリがあった方が女性らしく見えるので出るところと引っ込んでいるところがはっきりしているのがヨシとされます。浴衣の場合は寸胴に見せた方が貴姿が美しいとされているので、ブラジャーを付けるなら和装ブラを選びましょう。

 

和装ブラってなんだかダサいデザインが多いイメージですが、レースをあしらったおしゃれなものもあります。ただしあまり下着のラインが出ない方が綺麗なので、飾りなどはほとんどついていません。シンプルなほど着姿が美しくなるので、和装ブラジャーは基本的にシンプルなデザインが多いです。ブラジャーを見せるわけではないから、デザインよりも着姿を重視して選ぶのがおすすめです。

 

 

バストが大きい方はバストの形を整えるための和装ブラを着用するとよい

バストが大きいと、浴衣を着たときもそれがはっきりわかってしまいます。浴衣は寸胴気味で着た方が美しいと言いましたが、バストもラインがはっきり分かるよりも、少し鳩胸気味に着た方が綺麗に見えます。バストが小さい場合は無理に大きく見せる必要はありませんが、大きい方は和装ブラがおすすめです。

 

もしもバストが大きいことを気にしていつも付けているブラジャーを着用すると…老けて見られてしまいます。というのも、浴衣の帯は少し上気味に胸のすぐ下あたりで結びます。バストが大きいと帯にバストが乗ってしまうので、胸が誰だがったように見えてしまうのです。できるだけ膨らみは強調せず、抑え気味にした方が綺麗に見えると覚えておくといいでしょう。

 

和装ブラは寄せて上げてバストを大きく見せるためのものではなく、バストを支えつつ膨らみを抑えて着姿を綺麗に見せるために着用します。カップなそはついていませんが、サポート力が高いのでバストをスッキリと見せてくれます。バストが大きい人ほど、和装ブラがおすすめです。

 

バストが普通サイズ以下の方は着用なしでOK

和装ブラにもサイズはありますので、自分のバストに合わせて選べます。バストが小さい場合はブラを着用しなくてもOKとされています。でもノーブラだとなんだか落ち着かないし、万一浴衣の前がはだけてしまった場合、バストが丸見えなんて可能性もあります。ノーブラで浴衣を着るのはさすがに勇気が必要ですから、自分のバストに合う和装ブラを付けるのがおすすめです。

 

バストが小さくても普通のブラジャーはラインが出てしまいますし、透け感のある浴衣だとブラジャーの線が透けて見えてしまいます。和装下着は透けるのを防ぐ効果もあるので、浴衣を着るなら1枚持っておくといいでしょう。透けるのが嫌だからと、浴衣の下にTシャツやキャミソールを着ようと考えることもあります。1枚プラスすれば透けるのを防げますが、浴衣の胸元はV字になっているので、丸襟のTシャツやキャミソールだと、浴衣から下に来ているものの襟が見えてしまいなんとなく間が抜けた印象を与えてしまいます。これも美しい着姿とは言えません。

 

和装ブラなら胸元も浴衣に合わせてV字になっていますから、浴衣からはみ出ることはありません。何も付けないのは少しリスクが高いので、できればバストが小さい方も和装ブラジャーを着用することをおすすめします。

 

和装用ブラジャーの代用

浴衣を着るなら着姿は気になるけれど、ワンシーズンに1回か2回くらいしか着ない浴衣のために、わざわざ和装下着を用意するのもちょっと…。そう考える人は決して少なくありません。和装下着もピンキリですがしっかりとしたものを選ぶと3,000円前後しますので、ちょっと考えてしまいます。和装下着にもメリットはありますが、代用可能なものがあるのでそれを使うのもいいかもしれません。和装ブラジャーの代用になるものを紹介します。

スポーツブラ

和装ブラジャーの代用としておすすめなのが、スポーツブラです。スポーツブラは、スポーツをするときバストを支え邪魔にならないようにする効果があります、締め付けないようワイヤーを使用していませんし、激しい動きでもバストをしっかり支えられるよう適度にサポート力もあります。余計な装飾などもついておらず、シンプルなデザインが多いのも特徴です。体を動かすと汗をかきますが、スポーツブラは吸水性や速乾性にも優れているので汗をかいても蒸れにくく快適です。

 

スポーツブラの特徴は和装ブラの特徴によく似ています。バストを強調するためのものではないから、浴衣を着るときスポーツブラをつけていても、ラインが出ることもなく安心です。デザインも和装ブラに似ているから、透けたとしても気になりません。ワイヤーも入っていないから、長時間浴衣を着るときも、ワイヤー部分が痛くなる心配はありません。色は白や黒が多いですが、浴衣の生地に合わせて透けても気にならない色を選ぶといいでしょう。

 

ノンワイヤーブラ(凹凸のないブラ)

スポーツをしない方はスポーツブラも持っていないでしょう。そういうときは、ノンワイヤーブラでも代用できます。ワイヤーが入っていなければ、長時間浴衣を着ていても痛くならないから安心です。ワイヤー入りはバストラインを綺麗に見せてくれますが、浴衣には不要な効果です。和装ブラジャーもスポーツブラもないなら、ノンワイヤーブラで代用しましょう。

 

ただしノンワイヤーブラでも、パッドが入っているものは不向きです。パッドが入っていると締め付け感がなくても、バストの膨らみが強調されてしまいます。これは浴衣を美しく着る条件からかけ離れてしまうので、ノンワイヤーブラでもパッド入りはNGです。パッドの入っていないものを選んでください。できるだけ凹凸を感じさせないものがおすすめです。

 

浴衣用の肌着はどんなものを着用するべき?

てんさん(@shinsanpyon)がシェアした投稿

和服専用の肌着がベスト!

浴衣の下に着る肌着は、和装専用の肌着がおすすめです。和装のために考えて作られているので、浴衣を着たときも美しく見えるようにデザインされています。和装下着にもいくつか種類がありますので、可能なら浴衣用を選んでください。着物用の下着もありますが、モノによっては夏に着るには暑すぎたり、着るのがかなり面倒だったりします。

 

着物用の肌着でもいいのですが、着物の場合は肌襦袢を着てから長襦袢や裾よけを着用するのは、ちょっと手間がかかりますし暑いです。浴衣用に作られた肌着なら、生地が薄く肌触りなども考えているので浴衣の下に着ても不快感はほとんどありません。浴衣用スリップなら、肌襦袢と裾よけを合体させているから、1枚で2役こなしてくれます。透けにくいし浴衣を着たときにもラインが出にくく安心です。

 

浴衣用スリップは袖なしと袖付きがあります。袖なしは涼しいですが、脇汗をかいたとき吸いとるものがないと、たれてきたり浴衣に汗ジミがついたりする可能性が!袖はないよりもあった方が快適ですし、浴衣に汗ジミを付ける心配もありません。浴衣には和装専用の肌着を着用しましょう。

 

汗を吸い取り肌着が見えにくい!

浴衣の下に和装専用肌着を着用することで、汗をかいても不快感が軽減されるというメリットが生まれます。浴衣の下には何も着用しない方が涼しくいられるイメージですが、肌着を着ることで汗を吸い取ってくれるので着ないよりも来ている方が快適なのです。肌着を着ていないと、汗をかいても吸いとるものがないから、垂れていきます。

 

肌着をきちんと着ていれば、汗をかいても肌着が吸い取ってくれますし、和装用肌着は吸水性や速乾性に優れた生地を使用するので、ベタつかずさらっとしています。透け感のある生地でも体をしっかりと覆っているので恥ずかしい思いをせずに済みます。首もV字になっているから、肌着がはみ出るという心配もありません。

浴衣用の肌着の代用

大抵の場合浴衣を着るのは、年に1回~2回くらいではないでしょうか?夏はお祭りや花火大会など浴衣を着ていくのにぴったりのイベントが目白押しです。それでも数回しか着ないので、浴衣と一緒に和装下着を買うというのはほとんどありません。和装下着があれば、スッキリと綺麗に浴衣を着ることができますが、ないからといって浴衣が着られないというわけではありません。なくてもいいなら買わないという選択肢もありですね。しかし何も着ないのも浴衣がはだけたときに恥ずかしい思いをしますし、浴衣に合わない下着は見た目が悪くなってしまいます。そういうときに代用できるものを知っておくと安心です。

キャミソールやタンクトップで代用

和装用の肌着がない場合は、キャミソールやタンクトップでも代用できます。ただし襟が丸首だと浴衣からはみ出てしまうので、襟は大きくあいているもの、もしくはVネックのものを選ぶようにしましょう。通気性が良く汗を吸収できる素材がおすすめです。

 

下はステテコやペチコートでカバー

上はキャミソールやタンクトップでも代用できますが、下に何もつけないとショーツのラインが出てしまいます。ノーパンというのもリスクがあるのでおすすめできません。下はステテコやペチコートで代用できます。ナイロンだと通気性が悪く肌にまとわりつくので、コットンやポリエステル性を選ぶといいですね。

 

まとめ

浴衣には和装ブラや和装肌着がおすすめです。浴衣を着る機会はあまり多くありませんが、少ない機会でも美しく着こなすには和装下着がベストです。代用可能なものもありますので、紹介したものを参考にしてみてください。

 

浴衣のご予約はこちら

他にも長く遊べて便利な【翌日返却】【他店返却】などもございます☆
詳しくは、HPまたは共通コールセンター☎︎075-600-2830 までお問い合わせください♪
京都、大阪、浅草、鎌倉、金沢で着物をレンタルするなら京都着物レンタルwargo!
ご予約お待ちしております!

キャミソール

浴衣着用時の下着はどうする?和装用下着や代用について

特集
view