色留袖を着るときの帯の合わせ方は?

特集
view
色留袖は、黒留袖と同じように格式高い着物とされています。
色留袖は、結婚式などで着ることも多く、品のある着こなしが必要となります。

「絶対にこうしなければいけない」という明確なルールはありませんが、色留袖と帯のコーディネート次第で、オシャレで個性的な雰囲気や格式高い着物本来の魅力を引き出すことができます。
特に色留袖は、着る立場やシチュエーションによって選ぶべき帯も異なります。
ここでは、色留袖の格式を保ちながら素敵に着こなすための帯の合わせ方をご紹介します♪

色留袖に合わせる帯はどんな形?

色留袖に合わせる帯は、「丸帯」と「袋帯」が基本となっています。
どちらの帯も格調高い帯とされていますが大きな違いがあり、その違いについてご説明します。

最初に「丸帯」からみていきましょう。
丸帯は、幅約70㎝の帯を二つに折って端を縫い、半分の幅に仕立て直したものです。
とても、格式高い帯とされています。

着物に慣れている方や精通している方に、丸帯は大変人気があります。
しかし、幅の広い帯を半分に折り縫っていることから、やや厚みがあり、重くて扱いにくいという面もあります。
このことから、現在は一般の方が使われる機会は減っています。

今もなお丸帯を使い続けているのは舞妓さんや芸者さんです。
また、婚礼衣装などで使用されることがあります。

次に「袋帯」についてみていきます。
袋帯は、丸帯を簡略化したものです。
丸帯は帯を二つに折って縫ってあるため、表も裏も刺繍がほどこされています。
そのため、丸帯は重量感があるのですが、袋帯は表側のみ柄が刺繍されているため、軽いのが特徴です。

丸帯を簡略化したものとはいえ、格調高い帯であることに変わりはありません。
最近では軽く、扱いやすいこともありこの袋帯が主流となっています。

親族が結婚式で着る色留袖と帯の合わせ方

結婚式で色留袖を着る場合は、着物と同様に帯を選ぶポイントがいくつかあります。

最初のポイントは、品のある格調高いコーディネートに仕上げるため、帯を二重太鼓で結ぶことです。
二重太鼓に結ぶためにはそれなりの長さが必要なため、「袋帯」を選んでくださいね。

次に帯の色です。
帯の色にルールはなく留袖の色と同系色にしたり、色留袖の柄が目立つものであればやや控えめな印象にするなど好きなイメージで組み合わせることができます。
しかし、親族として結婚式に参列する場合、帯は金彩や銀彩を中心としたものを選ぶとよいでしょう。
柄は、金彩や銀彩を用いているものであれば、お祝い事にふさわしい柄になっていることが多いため、好きな柄を選び個性を出してみるのも素敵ですね。

親族以外が結婚式で着る場合の帯は?

色留袖は格式高い着物でありますが、結婚式では親族しか着ることができないというルールはありません。
結婚式に招待された側でも、色留袖を着ることは可能です。
しかし、その際は色留袖の紋の数を確認しておきましょう。

5つ紋は最も格式が高いため、親族を追い抜いてしまう可能性があります。
そのため、5つ紋の色留袖は、招待客の場合は避けた方がよいとされています。
ひとつ紋のもの選ぶといいですよ。

帯の色は、金彩や銀彩を選ぶ必要はなく、少しカジュアルなものでも問題はありません。
着物と同系色にすることですっきりとした印象を演出することができます。
色留袖の柄が華やかな場合は帯をシックな印象のものにしたり、その反対に色留袖の色が落ち着いた印象であれば帯は柄が入った華やかなものを選んだりと個性を出すことも可能です。

いずれにしても、親族以外で色留袖を着用する際は、新婦よりも目立つことがないように、そして親族の格式を追い越さないような配慮が必要となります。
帯の合わせ方次第で、いろいろなシチュエーションに対応できますよ。

帯を選ぶ際は全体を確認しましょう

色留袖と帯を選べば、それでコーディネートが完成するわけではありません。
帯を選ぶ際は、色留袖との色合いや着用する立場、自分の好きなイメージなどによって決めることが多いと思います。

しかし、それだけではなく小物などすべてそろえた後に、全体の雰囲気や色合いを確認することをオススメします。
色留袖は数多くの色やグラデーションなど種類が豊富なため、全体のイメージがチグハグになりやすいのです。

そのため、バッグや草履などの小物と帯との調和がしっかりとれているかバランスを確認しましょう。

まとめ

きものレンタルwargoは、京都をはじめ浅草・鎌倉・金沢・大阪・福岡など人気観光地や駅近くに展開しています。
「着物をオシャレに着こなしたい」というお客様のお気持ちにお応えできるよう、数多くの着物を取り扱っております。

慶事の席にふさわしい着物のコーディネートや柄の選び方、個性を大切なした着こなしのアドバイスをさせていただきます!
ご要望やわからないことがあれば遠慮なくお尋ねください。
下見のご予約も随時受け付けております!お気軽にお問合せください。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す