81956524-3CCD-4C43-A955-8BEEBC3CA897

夏の装いを、より涼しく、美しく。

日記
view

皆さん、こんにちは(*^^*) 京都着物レンタルwargoプチ京都駅前店です♡ 梅雨真っ只中、雨降りの日も晴れ間も、ずいぶん汗ばむ様になってきました! 涼をとるアイテムとして、コンパクトに持ち歩けて、

皆さん、こんにちは(*^^*)

京都着物レンタルwargoプチ京都駅前店です♡

梅雨真っ只中、雨降りの日も晴れ間も、ずいぶん汗ばむ様になってきました!

涼をとるアイテムとして、コンパクトに持ち歩けて、綺麗なデザインのものもたくさんの、優秀な『扇子』☆

今回はこの扇子についてお話したいと思います♪

お着物に合わせる扇子といえば、主にふたつ、

写真上の、仰ぐための扇子、

写真下の、茶扇子(末広)です。

 

仰ぐための扇子は、すぐに使える様に帯に挿す場合は、

『帯の、一枚目(二巻目)に挿します♪』

これは、扇子の地紙の割合が大きいので、汗や湿気、体温で傷まない様、

身体から一番遠いところに挿す、という理由です。

芸妓さん方が舞扇を帯の一枚目に挿していらっしゃいますね♪

それと同じです(^^)

 

ちなみに舞扇を右側に挿すのは、

芸妓さん方にとって舞扇は、お名刺を頂いたりする際の受け皿等として頻繁に使用されるため、

出しやすい右側に、ということです。

お姐さん方の粋な佇まい♡

お手本にしたいですね♡♡♡

浴衣の場合は、帯と着物の間に挿すのがよろしいでしょう。

フォーマルや盛装時に挿す茶扇子(末広とも言います)は、

『左側の帯揚げと着物の間に挿します!』

これは、かつて懐剣を挿していた、そのかわりとなる儀礼用の役割をしているので、

間違えない様にしましょう!

懐剣と茶扇子については、また来月、お話したいと思います☆

 

気持ち、こころを、装いで表す、『着物』という文化。

小物ひとつひとつにも意味、役割、歴史があります。

何事も正しい知識があると、あせらず堂々としていられますよね(*^^*)

それぞれを正しく知り、より美しくお着物を楽しんでくださいね!(*^▽^*)

 

それでは、今週の素敵なお客様のご紹介です!

 

たくさんのご来店、有難うございました。

またのお越しをスタッフ一同、wargoプチ京都駅前店でお待ちしております

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

=============================

きものレンタルwargo プチ京都駅前店   住所:京都府京都市下京区西洞院通木津屋橋上ル東塩小路町607 辰巳ビル2F   営業時間:09:00~18:00(最終返却17:30まで)

  ▶︎プチ京都駅前店での着物レンタルのご予約はこちらから

=============================

京都着物浴衣レンタルwargo プチ京都駅前店

 

81956524-3CCD-4C43-A955-8BEEBC3CA897

夏の装いを、より涼しく、美しく。

日記
view
プチ京都駅前店

京都府京都市下京区西洞院通木津屋橋上ル東塩小路町607 辰巳ビル2F

09:00~19:00 ※最終返却 18:30。075-600-2830

人気の記事