IMG_0724-001

大山崎山荘美術館でアンティーク着物

日記
view

みなさん、アンティーク着物はお好きですか? 現代の着物とは、デザインも発色も手触りも違うアンティーク着物。 乙女心をくすぐる世界です。     いつもありがとうございます! 京都き

みなさん、アンティーク着物はお好きですか?

現代の着物とは、デザインも発色も手触りも違うアンティーク着物。

乙女心をくすぐる世界です。

 

 

いつもありがとうございます!

京都きものレンタルWargo清水坂店です。

 

本日は、アンティーク着物の展示を見られる美術館をご紹介します。

京都と大阪の境目、大山崎にある大山崎山荘美術館にて、ただいま『谷崎潤一郎文学の着物を見る』という展覧会が開かれています。

男性作家が書く女性のファッションというのは、あまり詳しくないことが多いのですが、谷崎潤一郎は女性の纏う物に興味があったのか、ことこまかに詳しく記載されています。

 

ただ着物にあまりなじみがなくなった現代。

文字で読んでもどんな装いだったのかピンとこなくなっているのも、正直なところ。

こちらの展示では、さまざまな資料をもとに、登場人物の着こなしを検証して、アンティーク着物で表現していて面白いです。

 

谷崎ファンの方!
作中の女性たちの華やかな着物姿が、目の前に表現されていて、とってもおすすめです!

モデルとなった女性の写真も展示されています。

 

そして、アンティーク着物が好きな方!

アンティーク着物のコーディネートがとにかく美しいのでお勧めです!

華やかな着物に、パールのネックレスを斜めにかけるお洒落さ!(ちゃんと谷崎作品に描かれている着こなし)

袴に革の紐靴を合わせる感性!(ブーツではない)

今以上に自由に着物を着ていたことがわかりますよ。

 

行楽シーズンに関西に来たならば、大山崎まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

新館は安藤忠雄のコンクリート打ちっぱなしで、モネの睡蓮を見ることができます。

 

 

谷崎潤一郎文学の着物を見る

12月2日 (日)まで。

 

 

それでは今週のお客様のお写真をみてくださいませ~。

 

 

 

ご予約はweb予約が断然お得☆

電話予約の際は075-600-2830までご連絡くださいませ^^

=============================

きものレンタルwargo 清水阪店

住所:京都市東山区五条通東大路東入ル南側五条橋東6-583-104かんざし屋wargo清水坂店2F

営業時間:09:00~18:00(最終返却17:30まで)

清水坂店での着物レンタルのご予約はこちらから

=============================


京都おすすめ観光スポットはこちらから!

2018年新作大量入荷中!着物レンタルは京都きものレンタルwargoへ!

 

IMG_0724-001

大山崎山荘美術館でアンティーク着物

日記
view