お宮参りの祝い着はレンタルと購入、どっちがいいの?それぞれのメリットを解説

子どもの誕生は親にとっても、祖父母など親族にとっても大きな喜びです。子どもの誕生後に初めて迎えるお祝いはお宮参りで、その際に祝い着と呼ばれるものを着ます。

 

お宮参りをする際に祝い着は購入した方が良いのか、レンタルの方が良いのか迷うところでしょう。それぞれのメリットや相場を紹介するので、どちらが自分達に合っているのか、一緒に考えてみましょう。

 

祝い着とはなにか

産着とも呼ばれる祝い着。元々は生まれたばかりの子どもに初めて着せる服という意味でした。現在では生後1ヶ月ごろに初めて神社をお参りするお宮参りの時に着る晴れ着を指すことが多いです。柄は古典的なものが多く、健康や幸せ、男の子であれば出世に関わる柄が用いられます。

 

また男の子の祝い着には大人の第一礼装と同じく五つ紋を入れることが多く、女の子には紋を入れないのが一般的です。女の子で家紋を入れたい場合は、柄の邪魔にならない一つ紋が良いでしょう。

 

購入とレンタル、どちらもメリットがある!

和服を購入するのか、レンタルするのかを迷う方は多いかと思います。。祝い着においては、購入にもレンタルにもメリットがあります。わかりやすいレンタルのメリットは、金額です。

 

また購入のメリットとして、多くの着物の中から選ぶことができるという点が挙げられます。両方のメリットを考えて、自分たちにあっているのは、どちらなのか検討する必要があります。

 

祝い着を購入する場合の相場とメリット

相場

着物の値段は幅が広く、祝い着も例外ではありません。良いものだと10万円以上することもありますが、一般的には2万円から5万円程度です。価格が大きく変わる理由としては、生地の質と細工の細かさがあげられます。

 

祝い着などの改まった場所で着る着物は正絹でできたものが多く、高価です。しかし、最近ではポリエステルでも質が高く、一見しただけでは正絹と見分けがつかないものもあります。ポリエステルの方が手入れも楽で安くなります。

 

メリット

祝い着を購入する一番のメリットは手元に着物が残る点でしょう。お宮参りと3歳の七五三で同じ着物を使うこともでき、結果的にレンタルより安く済む場合もあります。

 

また、兄弟・姉妹で同じ着物を使うと、その都度準備する必要がありません。親子で同じ着物を着た例もあり、家族にとっては思い入れのある着物となります。

 

もう一つ考えておかなければいけないのが、お宮参りの延期です。子どもが体調を崩すことや、天候などでお宮参りの日程を変更することがあります。購入では全く問題ないですが、レンタルの場合はキャンセル料や延滞料が発生します。

 

 

祝い着をレンタルする場合の相場とメリット

相場

祝い着をレンタルする場合、一般的には1万円から2万円程度が相場で、購入と比べると半額以下です。また最近ではインターネットでレンタルを申し込むことも多く、実店舗をもたないレンタル会社では、さらに金額が安くなる場合もあります。

 

レンタルの場合は、クリーニング代が料金内に含まれています。乳児が着ることが前提なので、どんな汚れでもほとんどの場合追加のクリーニング代は掛かりません。購入の場合は汚れによってクリーニング費用が変わります。着た後のことまで考えると、レンタルの方がかなり安く済むことになります。

 

 

メリット

レンタルの一番のメリットは金額でが、着物の保管のために湿気や虫に気をつけたりや、定期的な虫干し、管理スペースを確保する必要がないこともあげられます。

 

また、女の子の場合、七五三の頃には好みが出てきて、服自分で選ぶようになる子もいます。レンタルであれば好きなものを選ばせてあげられますが、七五三でも使おうと高価なものを購入したのに「着たくない」と主張する場合もあります。

 

そして祝い着の際に問題になるのが、誰が費用を用意するのかです。大抵は母方の実家ですが地域によっては父方の場合もあります。購入だと「誰が払うのか」というトラブルになることもありますが、レンタルの場合は誰が支払うのかこだわらない人も多いようです。

 

小物一式が含まれるかどうかを把握しておこう

購入でもレンタルでも、必ず確認しなくてはいけないのが、小物です。祝い着ではいくつかの小物が必要となります。

 

お宮参りで着物以外の用意する必須小物は、白色の帽子、よだれかけ、お守りです。また地域によって、でんでん太鼓や犬張り子、扇子などを持たせることもあります。

 

着物と必須小物の4点でセットになっているか見ておきましょう。追加で必要なものについても、同じ店で用意できるのか別のお店で探さなければいけないのか、確認が必要です。

 

 

まとめ

お宮参りの祝い着は、購入もレンタルもそれぞれにメリットがあります。どちらが良いのかは状況によるので、子どもが生まれる前にしっかり話し合い、考えておきましょう。

 

またお宮参りは祝い着を着る子どもの祖父母にとっても重要であり、地域ごとの風習が色濃く残るイベントです。どこの習わしに沿って執り行うのかによって、必要な小物や祝い着に違いがあることを理解しておきましょう。