お宮参りで着る産着の柄・色に迷ったら【女の子編】

特集
view
お宮参りは生まれてきてくれた我が子と行う、家族としての初めての行事です。
多くの方が初めてのことで戸惑うことも多いはず。
たくさんの情報がスマホ一つで検索できる時代になったとはいえ、一体どれが正解なのか悩んでしまうことでしょう。

これからの我が子のすこやかな成長を願い行われるお宮参りを無事成功させるためにはどのような産着が最適なのでしょうか?
今回は女の子の場合の産着を紹介いたします。

お宮参りの定義

実は、お宮参りは男女で日にちに違いがあることをご存じでしょうか?
「大体1ヵ月前後」と記憶している方も多いと思いますが、男の子は生後31日目、女の子であれば生後32日目が正式な日にちとされています。
しかし、地域差や気候の寒暖などにより一般的には1ヵ月前後とされているのです。

お宮参りは赤ちゃんが生まれた土地や、これから生活する土地の神様(氏神様とも呼ばれています)に赤ちゃんの誕生を報告し、すこやかな成長を願う行事です。
最近では生活の拠点とする土地に限らず、有名な神社などを選択する方も増えています。

ご祈祷の際には初穂料(玉串料)を納めます。金額の相場としましては5千円~1万円程度です。予約制の場合もあるので、事前に電話して確認しておきましょう。

赤ちゃんの服装

本題である赤ちゃんの服装について、当日の産着はどんなものがいいのでしょうか?

赤ちゃんがお宮参りで着る衣装のことを「祝い着(いわいぎ)」といいます。
祝い着の正式な服装は「和装」です。

赤ちゃんが着ている肌着の上に「白羽二重(しろはぶたえ)」と呼ばれる真っ白な着物を着せ、その上に「掛け着」といわれる色や柄の入った着物を掛けます。
この掛け着は「祝い着」の他に「初着」「産着(うぶぎ)」とも呼ばれています。

このように掛け着や白羽二重を着せることがお宮参りの正式な服装とされています。
和装が正式ではありますが、最近ではベビードレスに掛け着を掛けてお宮参りを行ったり、写真撮影を行うという家族も増えてきています。

小物の準備としてはお宮参り用の帽子「大黒帽子(白い帽子)」や「よだれかけ」があるといいでしょう。
地域によって使用する小物もあるので、事前に確認しておくといいですね!

そのほかに季節の気候に応じて靴下やおくるみなどが必要になることもあるので、こちらも赤ちゃんの生まれる季節にあわせて準備しておきましょう。

女の子におすすめの柄・色

女の子の場合、掛け着の色合いは明るく華やかなものが選ばれます。
赤やピンク、薄い黄色や水色などが多いですが、人気なのは赤やピンクなど華やかでかわいらしい色です。
このような色が選ばれているのは女の子らしく、品のある美しさをもって育つようにという願いが込められていることが理由の一つです。

このほかに、最近では白やベージュといったやわらかい色合いのものも人気が出てきています。
白には純潔・純粋、無垢のイメージがあり、「自分の人生を自分なりの色で染めていってほしい」という親心が込められているともいわれています。

女の子の掛け着の絵柄でよく選ばれるものは「友禅模様(ゆうぜんもよう)」のものです。
美しい成長と人々からの祝福を願う気持ちが込められているとされる「御所車」や「花車」、気品や高貴さを表す「鞠」、音で邪気を払い祈りや願いを神に届けるとされている「鈴」などの柄がよく選ばれています。

そのほか、美しく成長し高く羽ばたくとされる「蝶」や飛躍を表した「兎」の柄も使われています。
花で考えると、美しさと気品を表す「牡丹」や「桜」「梅」といった日本の国花が選ばれることが多いです。
どの柄・色も明るく、華やかで可愛らしいものが女の子の祝い着として人気です。

掛け着の中に着せるものとしてベビードレスを選択する場合は、白や薄いピンクのものが好まれています。
その際は帽子や靴などの小物も同系色でまとめるといいでしょう。

まとめ

大切な我が子と迎えるはじめての行事、お宮参り。
お宮参りは古くから伝わる我が子が生まれた報告とすこやかな成長を神様に願う伝統行事の一つです。
赤ちゃんそして家族にとって大切な一日だからこそ、記憶に残るお祝い着をまとってみてはいかがでしょうか?
「うちには和装がないし、準備すると費用がかかる…」とお悩みの方も多いですが、現在は産着も低価格でレンタルできちゃいます!

きものレンタルwargoは、訪問着や袴など大人向けの着物レンタルだけではなく、産着のレンタルも行っております。
また、お宮参りで着る産着をフルセットで3,900円~レンタルしております。

女の子・男の子ともに豊富な色と柄をご用意していますので、まずはネットで見てみてくださいね♪
また、レンタル方法は「宅配レンタル」と「お店で着付け」からお選びいただけます。

お母さんや赤ちゃんの体調に合わせてご利用いただけるので、利用しやすいとのお声をいただいております!
一生に一度の晴れの日が最幸の一日となりますよう、スタッフ一同お手伝いさせていただきますので、お気軽にご来店・お問合せください♪

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す