人気の浴衣!今年はどんな浴衣がおすすめ?

特集
view
浴衣は定番デザインが多いイメージですが、ブランドやメーカーでは毎年のように新作を発表しています。トレンドを取り入れた新しいデザインの浴衣も豊富に揃っています。洋服とは多少の違いはありますが、流行を取り入れても追いすぎることがないので長く着られるのも浴衣のいいところです。今年おすすめのデザインを紹介します。

色別人気の浴衣

青色のシンプルな浴衣

浴衣の柄は賑やかな方がかわいい印象ですが、おしゃれに着こなしたいならシンプルな柄やいろ使いのものがおすすめです。でもシンプルすぎると少しさみしい印象になってしまうので、控えめでも柄が入ったものを選びましょう。青色は落ち着いた印象に見えますし、柄が入っていても淡い色を使っているので派手に見えません。描かれているのはクラゲです、淡いピンクとグレーと白で透明感のあるクラゲを表現しています。線を使って描いているから、優しく強調しすぎずちょうどいいバランスです。 > 浴衣の詳細はこちら
 

紺色のグラフィック浴衣

紺色も落ち着いたう印象に見えるので、大人の女性に人気があります。あまり派手な浴衣を着たくないというなら若い人も大人っぽい雰囲気に見せることができます。この浴衣のデザインはリボングラフィックです。大胆にリボンを描いていますが、塗りつぶしている部分が少なく、線で描かれているからシンプルで大人かわいいデザインです。紺にピンクというコントラストがはっきりしているので、人ごみでもパっと目を引くのがポイントです。 > 浴衣の詳細はこちら  

黄色の大柄モチーフ浴衣

洋服で黄色を選ぶと少し派手な印象になりがちですが、ゆかただと不思議と派手にはなりません。デザインによっても印象は変わりますが和柄を使用すると、派手に見えがちな色もレトロな印象にみせてくれるのが浴衣のいいところです。鮮やかなレモンイエローの生地に、伝統的な和柄の一つ麻の葉をデザインしています。部分的に水色やピンクを入れているのでポップながら和柄とのバランスもよく、かわいい印象になります。 > 浴衣の詳細はこちら  

ピンクの大人雰囲気浴衣

ピンクの浴衣は女性に大人気です。ピンクにもいろんなトーンがありますが、透け感のないコーラルピンクの浴衣は高級感があって上品に見えます。優しいピンクに黄色や水色でしだれ梅を描いています。梅に使っている黄色や青にもトーンの違う色が入っているので、柄に立体感が出ています。しだれ梅はびっしりではなく、適度にピンクの部分を残しているから女性らしい優しい印象の浴衣になっています。 > 浴衣の詳細はこちら  

紫の上品な浴衣

紫とえんじのストライプ、ベージュに小花と燕を描いた大胆なデザインです。いろ使い模柄もレトロ感満載ですが、和の雰囲気が派手さを感じさせずちょうど良くまとめられています。燕の部分には絞り模様を入れているので、適度な抜け感があっておしゃれです。ストライプの色合いはモダンな印象も含まれているので、大人っぽく上品に着こなしたいときにおすすめです。浴衣にしては派手と感じるものの、生地に透け感がないので下品にならないところがポイントです。 > 浴衣の詳細はこちら  

黒色のクールな浴衣

紫陽花柄の浴衣も人気がありますので、毎年新作が登場しますが定番柄のため長き着られるのがいいところです。こちらは黒地ということもあって、涼しげに見えないのでは?と心配になってしまいそうです。黒地でも変わり織り生地で格子模様のように見えることと、生地に透け感があるのでとても涼しくサラっと着られます。コントラストがはっきりしていますが、涼しげに描かれた紫陽花が好印象です。 > 浴衣の詳細はこちら  

人気の柄・雰囲気の浴衣

レトロ・モダン

和の雰囲気もありながら、モダンな印象もある大人かわいいデザインです。浴衣には少し珍しいいろ使いですが、そこがかえって新鮮に映ります。モダンな印象のダイヤ柄には、古典柄のひとつ、七宝文様をレースのように淡い色で取り入れているから、ちゃんと和の雰囲気も感じられます。ダイヤ柄から浮き出るように描かれたローズは、ブルーローズをイメージしています。トレンドのスモーキーカラーを取り入れているから、とてもおしゃれに見えます。 > 浴衣の詳細はこちら  

猫柄

白猫が日陰でゴロンと寝っころがり、気ままに過ごす様子をイメージしたデザインです。濃い青ベースにコントラストが鮮やかな白猫と紙風船という、和を感じさせる柄はレトロ感もあります。日陰を表す青は涼しげな印象もありますし、リラックスしている猫の様子が伝わってくるようなとてもかわいいデザインです。大人っぽい印象ですが。猫好きな人ならきたくなってしまいそうな雰囲気を持っています。個性的だから、人ごみでも映えます。 > 浴衣の詳細はこちら  

椿柄

伝統的な和柄としても知られる椿は、浴衣によく合う人気のデザインです。椿といえば赤のイメージですが、白い椿をプラスしているので真っ赤にならないところがおしゃれです。花柄は女性らしいデザインが多いので、どれにしていいか迷ったときは椿を選んでみるのもいいかもしれません。赤と白だけでと短調になりがちですが、水色と黄色をアクセントカラーにしているので着たときゴージャスに見えます。 > 浴衣の詳細はこちら  

星柄

宇宙を泳いでいるような気分になれる、夢のあるデザインです。夜空に浮かぶ星座を全体的に描いていますが、星印と丸で描いているから柄がとても繊細です。夜空を表す黒に、黄色で星を描くというはっきりしたコントラストでも、柄がし小さめだと派手にならずむしろ上品な印象です。派手な浴衣は抵抗があるけれど、無地だと地味すぎるという人にもおすすめです。帯の色によってレトロにもキュートにも大人かわいくもなる、着やすいデザインです。 > 浴衣の詳細はこちら  

朝顔

朝日に照らされる朝顔をイメージしたデザインです。明るくはっきりとしたオレンジと白のストライプに、白と水色で涼しげに描いた朝顔がよく生えています。葉に使った濃い緑が全体を引き締めいいアクセントになっています。デザインは大胆ですが、花の色が淡いので背景のストライプと喧嘩することなく上品にまとまっています。帯で印象が変わるので、いろんな着こなしが楽しめそうです。同系色だとキュートに、違う色を合わせると大人っぽく見えます。 > 浴衣の詳細はこちら  

向日葵

太陽がサンサンと降り注ぐ暑い夏の日に、元気いっぱい大きく開いたひまわりをイメージしています。花柄の中でも向日葵は元気な印象があるため、若い人に人気があります。夏のイメージぴったりですし、色鮮やかなビタミンカラーは見ているだけでも元気をもらえそうです。本物の向日葵とは違いますが、アーティスティックなデザインは人ごみでも目立ちます。デートにもぴったりですし、友達との待ち合わせのときもすぐに見つけてもらえそうです。 > 浴衣の詳細はこちら

クラゲ

  一番初めに紹介した元同じデザインですが、こちらは黒ベースです。クラゲや泡には、ミントグリーン、ピンク、白が使われていて黒地に涼しげなクラゲが楽しそうに泳ぐイメージが頭にうかんでくるようです。黒生地の浴衣は落ち着いた印象ですが、キュートな柄は大人かわいい印象を与えてくれます。黒い浴衣は夜にも意外に映えるから、花火大会などにもおすすめです。黒い浴衣を着るときヘアスタイルも考えるといいでしょう。髪を下ろしたままだと少し重く見えてしまいますので、アップやサイドを編みこみでスッキリまとめると綺麗に見えます。 > 浴衣の詳細はこちら  

花火

浴衣を着るのは夏だけです。普段はほとんど浴衣は着ないけど、夏の風物詩の一つ花火大会には浴衣を着ていきたいと思う人も多いはずです。ここ浴衣は花火大会にぴったりのデザインとなっています。水色の爽やかな色に、ピンクでなみ線を描いています。ストライプでもなみ線にすることで優しい印象になっています。そこに濃い青と白で、打ち上げ花火を描いています。パっと花開くような花火が、これから始まる花火をイメージさせるので見ているだけでもワクワクしそうな楽しいデザインです。 > 浴衣の詳細はこちら  

キュートな浴衣の必須アイテム「作り帯」の色別人気商品

浴衣を着るとき帯びが欠かせません。簡単な結び方もありますが、慣れないとなかなか綺麗に決まらないので、時間がかかってしまいます。浴衣はなんとか着られても、帯びが結べないというと浴衣を着て出かけられません。そんなときにあると便利なのが、作り帯です。   作り帯にも種類はありますが、初めての人にも使いやすい2つに分かれたタイプがおすすめです。胴に巻く部分には紐が付いていて、巻いたらひもを結ぶだけでOK。もう一つあらかじめリボンの形に結ばれていて、差し込むだけのパーツを胴に巻いた帯に差し込むだけです。これさえあれば、帯の結び方がわからなくても浴衣が着られます。作り帯の人気商品を紹介します。  

黄色

桔梗の柄を織り込んだ鮮やかな黄色の作り帯です。少し暗い黄色や白で桔梗が織り込まれていて、アクセントに銀の糸を使用したキュートなのに上品なデザインです。胴に巻く部分には紐が付いていて、巻いて紐を結んだらリボンの形の作り帯を差し込むでだけです。長時間浴衣を着るときも、リボンの形が変わることなくずっと綺麗な状態を維持できます。万一浴衣が崩れても、パーツを外して修正したら、簡単に結び直せて大変便利です。 > 浴衣の詳細はこちら  

赤い帯は浴衣によく映えいいアクセントになります。意外に使い勝手がいいから、浴衣をたくさん着たい人は1枚持っておくと便利です。帯が結べなくても、作り帯を使えば簡単にかわいく着られます。赤い帯には黄色で百合を織り込んでいます。よく見ると赤の中に白い粒のように見える模様があって、百合がとても綺麗に見えます。 > 浴衣の詳細はこちら
 

ピンク

ピンクの浴衣や白い浴衣、黒や紺などどんな浴衣もかわいく見せてしまうのがピンクの帯のいところです。無地の帯だと少しさみしいときは、柄が織り込まれたものを選ぶのがおすすめです。優しい印象のピンクに白で、蝶と小花を織り込んでいます。銀の糸をプラスすることで、上品さもプラスされています。 > 浴衣の詳細はこちら  

紫の帯に白で撫子の花を折り込み、銀の糸をあしらっています。リボンの作り帯にもたくさんの撫子がちりばめられている、とてもキュートなデザインです。リボンと撫子がどんな浴衣もキュートに見せてくれる女性らしい作り帯です。 > 浴衣の詳細はこちら  

まとめ

今年おすすめの浴衣と、初心者でも簡単に帯が結べる作り帯を紹介しました。デザインは好みで選べますし、帯を変えるだけで雰囲気も変わるので自分なりの着こなしが楽しめます。まだ浴衣を着たことがない人も、今年は是非挑戦してみてください。
  浴衣のご予約はこちら 他にも長く遊べて便利な【翌日返却】【他店返却】などもございます☆ 詳しくは、HPまたは共通コールセンター☎︎075-600-2830 までお問い合わせください♪ 京都、大阪、浅草、鎌倉、金沢で着物をレンタルするなら京都着物レンタルwargo! ご予約お待ちしております!

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す