1 (9)

浴衣を着るときのマナー

特集
view

こんにちは!京都着物レンタルwargoでございます☆ミ 夏至が過ぎ、いよいよ夏本場ですね。 これからの季節に浴衣を着る機会もたくさん増えますね♪ 今回は浴衣を着る時のマナーについて紹介したいと思います

こんにちは!京都着物レンタルwargoでございます☆ミ

夏至が過ぎ、いよいよ夏本場ですね。

これからの季節に浴衣を着る機会もたくさん増えますね♪

今回は浴衣を着る時のマナーについて紹介したいと思います。

浴衣を着たときのマナーを知って、さらに美人度アップです(^O^)/

まず、最初にご紹介したいのは

【気を付けたい!浴衣のNG】

 

* 左右の衿合わせが逆

時々見かける間違いです。正しい衿合わせは自分から見て『左前』なので、左衿が上になります。
もっとも知られるルールの一つではありますが、「うっかり(°_°)!」なんて恥ずかしいので、自分で着付ける時に気を付けなければならないポイントの1つですね!

 

* 丈の長さ(長すぎる・短すぎる)

丈の長さは長すぎても、短すぎてもいけません。
夏なので、暑さに負けてついつい丈を短くしがちですが、丈のバランスが崩れますと不格好に見えてしまいます。
足首(くるぶし)隠れるくらいが上品で綺麗に見えます。

 

      • * 後ろ襟(詰まりすぎ、抜きすぎ)

        後ろ襟抜いていると、うなじが綺麗に見えます。
        抜け感で美人度も色っぽさもグーンとアップですね♪
        ただし、抜きすぎると却って下品に見えてしまうことあるので、加減に注意です。写真のような襟がベストです(o^^o)

      • * 下着が透ける

        白や淡い色の浴衣を着る際に気を付けなければならないことです。
        お洋服着る時そうですが、下着が透けてしまうのはとても恥ずかしいですよね(O_O)せっかく綺麗な浴衣も台無しです。
        濃い色の下着を避けたり、浴衣用のスリップを着用することをお勧めします。

 

【浴衣のお出かけマナー・注意】

 

    • * 歩き方

      歩幅は少し控えめながら、歩く時の姿勢はしっかりと伸ばすことで綺麗に見えます。普段の洋服と比べ、やや内股、小またで歩くように心掛けることが大事です。
      大幅で歩きますと裾がはだけてしまうので注意です。階段の上り下りする時、裾を踏んでしまわないように少し身体を斜めにすると安全です。
      普段より動きがとても女性らしくなるのでより一層上品に見えます!

 

* 乗り物での注意

こらからの季節に浴衣を着てお祭りに行ったり、花火大会を見に行ったりする機会ってたくさんありますよね!大きなお祭りや花火大会の会場に向かう際、満員電車に乗る方!!
帯や着崩れ!気になりませんか!!まだ会場についてないのに浴衣が着崩れたらとても残念ですよね。気を付けたいポイントは、幾つかあります。

まず、できるなら乗り換えの回数を減らすことです。
そして、車内ではつり革よりポールを持つことで袖から腕出ずに済みます。もし、つり革しかない場合は指先で袖をつまみ上げることです。
電車から降りた後、エスカレーターでは裾を汚してしまうことがあるので、エスカレーターよりエレベーターを使ったほうが良いです。
もしエスカレーター使う場合、少し裾を上げるようにしたほうが汚れずに済みます。

* 座り方

車や電車の座席、椅子などに座るとき、帯の崩れに気を付けましょう。帯を潰さないように浅めに腰掛けることがポイントです。
座った時、足を揃えること。裾をしっかり膝の上に重ねることも忘れずに☆

 

* トイレに行く時

着物や浴衣を着てお手洗い行くの大変です。まず、着る前に一度トイレを済ませておくことが大切です。
回数増えるとせっかく着た浴衣が崩れやすくなる可能性もありますので、できれば個室が広めの洋式を選んでください。
そして、裾を一枚一枚捲ることがコツです。一気に捲り上げるのではなく、慎重にいきましょう。終わったら、順番に戻し、衿、帯、裾チェックして整えましょう。

こちらのコラムも是非参考に!

着物(浴衣)を着るときのトイレの入り方

* 食事をする時

浴衣は洋服にない幅広い袖があります。食卓の上を触れてしまいますと、物を引っかかたり、料理に触れてしまったり、袖が汚れてしまう可能性があるので、食事をする際テーブルと拳一つ分の距離を開けましょう。
そして、料理や飲み物を取る時は袖口をつまんで取ることで袖がテーブルに当たらないようにすることができます。

 

いかがでしょうか。

浴衣着る際にたくさん気を付けなければならないことはたくさんありますが、女性をより女性らしく、素敵に見せてくれる素晴らしいものです。

こらから始まる夏のイベントでは欠かせないですよね♪でも、浴衣持ってないし、自分で着るの面倒くさいなと思ってるそこのあなた!是非京都着物レンタルwargoで浴衣をレンタルしませんか?o(^▽^)o

wargoでは¥2,900から浴衣一式のレンタルが可能でございます!

古風浴衣からモダン、アンティークまで揃えております!

そして、プロの方が着付けてくれますので何も準備する必要なく!楽々です☆

女子会プランやカップルプラン、お子さんの浴衣もございます!

是非お友達と、恋人と一緒に浴衣を着て、夏に素敵な思い出を作りませんか〜!

浴衣のご予約はこちら

お待ちしております*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

他にも長く遊べて便利な【翌日返却】【他店返却】などもございます☆

詳しくは、HPまたは共通コールセンター☎︎075-600-2830 までお問い合わせください♪

京都、大阪、浅草、鎌倉、金沢で着物をレンタルするなら京都着物レンタルwargo!

ご予約お待ちしております!

1 (9)

浴衣を着るときのマナー

特集
view