軽装で可愛く!浴衣を着るときの荷物の減らし方

特集
view
いよいよ7月も目前に迫り、夏のイベントが始まる季節になりました。 皆さんは浴衣の予約や予定はもう立てましたか? 着たい浴衣や髪型は決まりましたでしょうか。
ところで、浴衣を着るときは巾着やかごバッグを合わせるとより和な雰囲気が出せて可愛いですよね♪ しかし小さなバッグが多いため、荷物を少なくまとめる必要があります…。 普段荷物が多くなりがちな筆者も小さなバッグに不慣れでしたが、今年は小さなバッグに挑戦するべく、最低限の持ち物や、代用品などをまとめてみようと思います!
最低限これは必要!


浴衣に合わせるバッグは主に巾着やごバッグです。
かごバッグは大きい差ものもありますが、巾着は小さいものが多いです。 小さくて荷物が入れづらいのはデメリットではありますが、小さいからこそ可愛いのが巾着の魅力と感じる方も多いのではないでしょうか。 普段大きなバッグを使いがちな筆者が、浴衣のためにミニマリスト目線で最低限の持ち物を考えてみました。
出かける時に最低限必要になって来るのはやはりこちらでしょう。
◆携帯 ◆財布 ◆ハンカチ、ティッシュ ◆タオル ◆お直し用の化粧品
しかし、小さなバッグですと、入っても巾着がパンパンになったりということも…。 まずはかさばりがちな財布から見ていきましょう。
◆財布
長財布を使われている方ですと、長財布が巾着に入らない!という経験がある方もいらっしゃると思います。 そんなときは和物の小さながま口財布がオススメです♪ レトロなシルエットで気分も上がっちゃいます♪
夏祭りでは現金払いの屋台が多いので、事前にお金をおろしておいて、小さなお財布に数百円と5千円を入れておくと安心です。 ポイントが欲しくても、この日だけはお休みしてポイントカードを置いて行ってしまいます😩


◆携帯
年を追うごとにスマートフォンのサイズが大きくなってきましたよね。 デニムの尻ポケットに入らなかったり、片手で使いたくても親指が届かなかったり…。
小さな巾着の中だと、手帳型ケースなら特にかさばってしまいがちです。 そんなときは和柄のストラップをスマホケースにつけてみるのはいかがでしょうか。 手首に通るサイズも落とす心配がなくていいですが、首から提げられるものならなお安心です♪ 和柄の巾着にストラップをつけて、ショルダーのようにして持ち歩くのも可愛いですね♪
同じ系統の色よりかは、青い浴衣なら赤や黄色のストラップだと、配色を楽しめるように思います♡
↓合わせて読みたい↓ 浴衣で夏のインスタ映え

◆お直し化粧品
そして、お化粧直し用のリップとパウダーも入れたいですよね\(//∇//)\ 最近は持ち運びに便利な小さなパウダーを見かけるようになりました。 某プチプラブランドでハート型の小さくて可愛いプレストパウダーが個人的にはオススメです( ^∀^)
しっかりお直しされたい方でしたら、小さなジップロックにコットンと綿棒を入れて持っていくのがオススメです! アイライナーもかさばらないので、持っていきたいところです♪
化粧直しに乳液が必須な方なら、100均などで売ってる小さなクリーム入れがオススメです。 2回分くらいは入るので、とっても便利です♪
筆者はクリーム小さなクリーム入れにリップクリームの代用品としてワセリンを入れて持ち歩いています♪

これがあると安心!代用品
◆タオルの代用品
せっかく浴衣を着て楽しむなら、汗の負担の軽減は誰しもが望むことです。 浴衣の生地は薄く、夏の暑さに適してはいますが、それでも汗と無縁になることは難しいでしょう。
筆者のオススメは断然ウェットティッシュです。 汗は乾いたタオルで拭くよりも、ウェットティッシュや濡れたタオルで拭く方が匂いが抑えられ、ベタつきも拭き取ることができます♪ 清涼剤を含んだ汗拭きシートだとより涼やかですが、汚れのふき取りなど何かと便利なウェットティッシュの方が汎用性は高そうです。 除菌作用があるものならお手拭きとしても使えるのでより便利ですね♪
さらに、ウェットティッシュは化粧直しにも使えます! 化粧が崩れたときはティッシュでオフした後にウェットティッシュで抑えるとベタつきが取れやすくなり、お直しもしやすくなるのです♪
それでも減らせなければ
やっぱり清涼作用のあるシートが欲しい! 汗をかきやすい体質だからフェイスタオル必須! 化粧直しは一からやり直したい!
そんな方にはやはりかごバッグです。 最近は単なる籠バッグではなく、巾着と籠バッグが合体したカゴ巾着なども見かけるようになりました。 巾着部分はレトロなデザインが多く、浴衣と合わせるのにぴったりです♪ サイズも小さいものから大きいものまで出回っているので、たくさん活用したいところです♪ 巾着部分を取り替えれば、普段使いもできますし、レトロな柄のままの普段使いも可愛いです\(//∇//)\
まとめ
いかがでしたか? 普段荷物が多くなりがちな方の参考になれたら嬉しいです。 夏は暑さゆえに汗、化粧崩れなど、女性の敵が多い季節です。 しかしそれと同じくらいイベントや浴衣や、楽しいことがいっぱいです♪ この夏は少なめの荷物に挑戦して、身軽に浴衣を楽しみましょう♪
浴衣のご予約はこちら

他にも長く遊べて便利な【翌日返却】【他店返却】などもございます☆
詳しくは、HPまたは共通コールセンター☎︎075-600-2830 までお問い合わせください♪
京都、大阪、浅草、鎌倉、金沢で着物をレンタルするなら京都着物レンタルwargo!
ご予約お待ちしております!

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す