お葬式で喪服を着る時に気をつけたいマナーのおさらい

特集
view
お葬式の正しい知識はご存知ですか。 歳を重ねると参加する機会が増えるものの1つに、お葬式がありますよね。
お世話になった故人に対する最後のお別れの場です。
「お葬式のときに着る喪服には、いくつか種類があることを知っていますか」
「急な弔問で喪服を持っていない場合は、どうしますか」
これらの疑問に、はっきり答えられない人も多いのではないでしょうか。この記事では、お葬式に関する服装やマナーについて解説します。具体的には、
  • お通夜・葬儀・告別式の違いについて
  • 喪服は「正喪服・準喪服・略喪服」の3種類があります
  • お葬式の服装について 男性・女性編
  • 喪服が準備できないときの対処法
の順に紹介していきます。2分くらいで読めて、お葬式に関して正しい知識を身につけられますので、ぜひ参考にしてみてください。

お葬式には、お通夜・葬儀・告別式があります

お葬式は、一般的に2日間にわたり行われる故人を弔うための儀式です。 まず1日目にお通夜を行い、2日目に葬儀、告別式を行います。
お通夜、葬儀、告別式の意味や目的の違いを説明します。

お通夜について

まず、お葬式の1日目に行われる「お通夜」について説明します。 お通夜は、遺族や親族など故人と直接親交のあった人たちが集まり
「故人の冥福を祈り、最後の夜を過ごす儀式」のことをいいます。

特に親しい関係でなければ、お通夜の出席は強制ではありません。 翌日に行われる葬儀、告別式から参列してもよいです。
日中は仕事が忙しい人が多く、夜に開催されるお通夜にだけ参列する方も増えています。

葬儀・告別式について

お通夜の翌日に行われるのが、葬儀・告別式です。 葬儀と告別式を分けることは難しいですが、もともとは別々の目的がありました。
葬儀とは、故人をこの世からあの世に送り出す宗教的な儀式です。 葬儀の形式は、信仰する宗教や宗派によって異なります。
仏教においての葬儀は、僧侶がお経を読んでいる時間です。 告別式とは、故人の知り合いや友人など親しい人たちが参加する社会的な儀式です。
参列者が遺族に慰めの言葉をかけたり、焼香したりする時間です。

お葬式の服装には「正喪服・準喪服・略喪服」があります

お通夜や告別式などで着用するのが一般的な喪服には、正喪服・準喪服・略喪服の3つがあります。 3つの喪服は、弔事の種類や立場によって異なります。

正喪服について

最も格式高いのが正喪服といわれています。 葬儀や告別式、一周忌までの法要のときに喪主や親族など主催する側の人が着る喪服です。

準喪服について

一般的に、お葬式のときに着る喪服のことをいいます。
一般参列者としてお通夜やお葬式に行く場合は、準喪服を選んでおけば無難です。 今回解説するのは、この準喪服のマナーです。

略式(略喪服)について

三回忌以降の法事や急な弔問、お通夜へ参列するときに着る喪服です。

お葬式に行くときのふさわしい服装|男性・女性編

お葬式に行くときのふさわしい服装は、基本的に黒のシンプルなものが好ましいです。
殺生を連想させるものは避けるのがマナーなため、毛皮やクロコダイルなどの爬虫類系の革製品は身につけてはいけません。
また光沢のある装飾品を身につけたり、必要以上に肌を露出させたりすることもNGです。
次に、お葬式にふさわしい服装を男性と女性に分けて解説します。

男性編

・喪服:黒のフォーマルスーツで、光沢がないものがよい。
・ワイシャツ:柄物ではなく、白の無地のシャツがよい。
・ネクタイ・ベルト・靴下:黒の無地で、光沢がなくシンプルなものがよい。
・靴:紐で結ぶタイプで、黒の革靴であること。

女性編

・喪服:黒色で、パンツやワンピース、ジャケットとワンピースと2つセットで着用するアンサンブルスタイルが基本です。
トップスの袖丈は5部袖から長袖、スカート丈は膝からふくらはぎくらいの長さがよい。
・ストッキング:30デニール以下の黒の薄手のものが基本です。
・アクセサリー・手袋:ネックレスやイヤリングをつける場合は、真珠が一般的です。
ネイルをしている場合は、黒の手袋を着用しましょう。ただし、お焼香の際は外してください。

・バッグ:黒の布製が一般的で、光沢や飾りがないものがよい。
数珠や袱紗が入ればよいサイズのものを1つ持ち、荷物が多くなる人は黒のサブバッグを別に持ちましょう。
・靴:黒の布や革のパンプスがよい。高いヒール、エナメル素材、ミュールなどは好ましくありません。

・メイク・ヘアメイク:ナチュラルメイクを心がけて、アイメイクやチークなどもベージュ系でシンプルにしましょう。
ナチュラルメイクだからといって、ノーメイクだと失礼になりますので注意してください。
ショートやボブの人は自然に下ろしていてもOKです。ロングの方は、黒色の髪留めでスッキリまとめておくのがいいでしょう。

突然のお葬式|喪服が準備できないときの対処法

一般的に喪服を選びますが、必ずしもすべての人が喪服を持っているとは限りません。 実は、平服でも問題ない場合があるのですがご存知ですか。
そこで、平服で行くときの注意点を紹介します。 結果的にいうと、どのような服装にするかなどという決まりはありません。

1番大切なことは遺族の気持ちを考えて、その場の雰囲気に合った服装を心がけることが大切です。
男性・女性ともに、黒を基調に地味なスーツを選びましょう。

まとめ|お葬式で慌てないためにきちんとした知識を身につけましょう

今回は、お葬式の服装や小物について解説しました。
もしかしたらご存知の方もいらっしゃったかと思いますが、きちんと分かっていなかったという方は参考にしてみてくださいね。

正しい知識を身につけて、準備をきちんとしていれば恥をかくことはなくなります。
お悔やみのシーンですので、服装や小物などは黒を基調にナチュラルなものを心がけてくださいね。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す