七五三に訪問着で参加して良いの?母親はどのような服装をするのがいいの?

特集
view
七五三やお宮参りは、お子さまの成長を祝う大切な節目の行事です。無事に大きくなった子供の晴れ姿はほほえましく、自分の子供であれば感慨もひとしおでしょう。子供にとっては、初めての礼装となる晴れの日、付き添う家族も、お祝いの儀式にふさわしい服装で参加したいものです。では、七五三やお宮参りに付きそう母親は、どのような服装がよいのでしょうか。子供の祝いの席にふさわしいドレスコードと、注意点をみてみましょう。  

七五三は訪問着で参加して良いの?

七五三は日本古来の子供の成長を祝う古式ゆかしい儀式です。そのため、子供も着物の礼装で神社へお参りするのが一般的です。子供が着物の場合、付き添う母親も着物である方が、バランスがとれてよいでしょう。七五三は祝いの式なので、母子共に礼服で参加します。 子供は、男の子の場合は紋付き袴姿、女の子は振り袖です。母親の場合は、華美すぎない訪問着、付下、紋付きの色無地がふさわしいとされています。子供が男の子の場合は、男の子の礼服である青やクレーの羽織袴にかぶらないように、ピンクやベージュなどの柔らかい色を使った訪問着がお勧めです。並んだときに、母親の着物姿が華を添える役割をします。写真映えもするでしょう。   反対に、女の子の場合は子供の着物が華やかなため、子供の着物よりも目立たない青系やグリーン系の淡い色を選びましょう。例えば、子供がピンク色の着物なら、母親はミントグリーンの訪問着など、反対色や補完色を選ぶと失敗しません。   柄は、やはり日本の儀式ですから古典柄が無難です。モダンな柄を選ぶのなら、落ち着いた華紋であれば古典柄でもあるため無難です。尽くしも、子供の未来に幸を願う吉祥柄となり、おすすめです。  

お宮参りの母親の一般的な服装

着物の場合

お宮参りでは、赤ちゃんは肌着と白羽二重の内着の上に祝い着を羽織ります。祝い着は、女の子は吉祥古典柄の友禅、男の子は兜や龍などたくましいイメージの柄が用いられます。したがって、母親も同じように着物で赤ちゃんを抱っこするのが理想です。   お宮参りの母親の着物は、本来ならば黒留袖となっています。子供が産まれたことを祝うお宮参りの行事は、それだけ格式の高いものだと言えます。しかし、最近では色留袖や訪問着、落ち着いた色柄の付下で付き添いする母親も増えています。おめでたいお祝いの式ですから、母親も明るい色合いのある着物の方が華となるでしょう。   色や柄は、子供より華美にならないもの選びます。淡いピンクやベージュなど、暖色系の方が印象がやわらかく、赤ちゃんの着物との相性も良くなります。鶴や鳳凰、松竹梅、宝尽くしなど、長寿や豊かさを願う柄で、成長の喜びを表現すると良いでしょう。  

ワンピース

着物がよいとわかっていても、やはり授乳などの理由で洋装にする場合もあります。その場合でも、やはり淡い明るめの色を選ぶと失敗しません。ワンピースであれば女性らしい優しさを出すことができます。スーツなら、パステルカラーの明るめの色をチョイスしましょう。ない場合は黒や紺、グレーのスーツでもかまいませんが、インナーに明るい淡い色を選ぶと良いでしょう。  

お宮参りの母親の服装の注意点

露出を控える

お宮参りは厳粛な神社での行事です。そのため、胸元が大きくあいている、スカート丈が短いなど露出が多い服装は御法度となります。ノースリーブのワンピースなら、ボレロやジャケットを羽織りましょう。また、スカートの場合はストッキングを必ず着用します。 神社では靴を脱いでお参りする場合もあります。素足では失礼に当たりますので、素足にならないようなコーディネートを選びましょう。  

華美な服装は避ける

七五三もお宮参りも、神社で行う儀式です。パーティーではないのですから、式服に準じたものを選ぶ必要があります。着物なら、淡い色の訪問着や色留袖、紋付きの色無地などの礼装を選びます。洋服なら、フォーマルなワンピースやスーツです。 子供が主役ですから、子供よりも目立つ服装も避けます。訪問着でも、振り袖のような派手なものではなく、ベージュやピンクに控えめ古典柄などが品よく見えます。  

カジュアルすぎない服装で

子供が主役の儀式ですが、母親はカジュアルで良いわけではありません。子供も礼服ですので、母親も同じように礼服で付き添うことが理想です。もちろん、最高格のフォーマルである必要はありませんが、ジーンズやTシャツ、トレーナーなどはもっての外です。子供とのバランスがとれず、ちぐはぐな印象となります。  

まとめ

七五三とお宮参りは、子供にとっても親にとっても一生に一度の大切な儀式です。親にとっては訪問着や色留袖を用意するきっかけとなるため、入学式や卒業式など子供の成長の節目に着ることができる、明るい淡い色のものを選ぶと良いでしょう。日本古来の伝統儀式には、和装がよく合います。子供や母親の和装はとても華やかで美しく、改めて日本の美意識の高さを知ることができます。家族そろっての着物での参加は、きっと思い出に残るお宮参り、七五三となるでしょう。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す