1 (4)

イベント時に洋服でなく「着物」するメリット

特集
view

友人から結婚式に招待され、フォルマルパーティーや様々なイベントの時に、女性なら何を着ればふさわしいのか、自分に一番似合う服はどんな感じなのか、悩んだことは誰にでもきっとありますね〜 洋服、スーツ、ドレ

友人から結婚式に招待され、フォルマルパーティーや様々なイベントの時に、女性なら何を着ればふさわしいのか、自分に一番似合う服はどんな感じなのか、悩んだことは誰にでもきっとありますね〜 洋服、スーツ、ドレスなど色な選択がもちろんありますが、でもその中にはもっとも日本人に似合うのはやっぱり「着物」ですね!

着物での出席は会場の雰囲気も華やかになりますし、「せっかくだし着物で出席したい!」と思う方もいるはずです。日本では色な機会でこの文化を味わえるのがやはり日本人しかいませんし、誇りを持って世界に発信することもできる、なんて素敵なことですね ♪

今回はこちらのコラムで「洋装でなく和装するメリット」を紹介したいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください!

「日本人体型は着物が一番似合う」

昔から日本人の女性はなで肩の人が多いです。そしてその歴史的なところから、着物も、なで肩に似合うように作られています。また、着姿が美しく見えるポイントは首にあります!
首が細くすっと長い方には、さらにきれいな印象を与えます。なので、もし細い体型の方でも、多少ふくよかな体型であったとしても、首が細くて長ければ、着物の着姿は美しく見えます〜

「美しい」と言われれいるのは、現代だと胸は大きく、腰もきちんとくびれてお尻も大きいのがほとんどになりますが、でもそのことに関しては、着物には当てはまりません。洋服とはちがって、着物が体型に合わせて作られるものではなく、まっすぐな生地を仕立てて作られます。なので体型はできるだけ凹凸がない、胸とお尻は小さくてくびれのないほうが似合います。最後に、背が高い方も、背が少し低い方でも、着物の長さが調整することができますのでご心配なく色な種類の着物を着用してみてはいかがでしょうか?

 

「流行り廃りがないのでかえって経済的」

ファッショントレンドは、流行り廃りの波で生き生きしている今の時代。

このシーズンは何を着れば流行りのトレンドに入れるか?去年買った服は今年もまだ着てもOKなのか、流行ってるものを次々に切り替えていくのが楽しいことかもしれないが、時にはよく大変になりますね。逆に、和うファッションだと流行り廃りが特にありません。そのおかげで、何年前から持っていた着物でも、来年再来年も着ることは可能です!一着の訪問着でも、一年間中オールシーズンで着れますのでとても便利で、経済的に良いでしょう。おしゃれな方には、少し着物のコーディネートを変えたり、着物小物とアクセサリーを取り入れることで印象が変わりますのでじゅうぶん楽しめます。

「日本文化の美しさを見直すきっかけ」

世界中の国々では、各伝統の服装と文化があるはず。ですが、ほとんどの国がその服装の文化を少し見失っています。普段の生活に着ることもなく、結婚式やフォーマルのイベントにも利用せずただミュージアムに展示されているものになります。日本の和服文化「着物」とは違って、今でも普通に色な場面で着物を着る人が見られていて、「七五三」や「成人式」などに着ることが昔からもいつも守られています。なので、和服を着ることで、日本文化の一つを見直すきっかけになるでしょう。

国内だけでなく、国際的なイベント、海外に行く時の服装やお土産、着物と浴衣は日本の「アイデンティティ」になっているので、あなたも日本の代表として世界中に日本着物の美しさを紹介することができます!素敵な和服の歴史を守りつつ、一人でももっと多くな人々に和服の魅力を発信してみてはいかがでしょうか?

「幅広い世代に好感を持って頂ける」

着物を着る方には、きっとどんなイベントでも、どんな場所でも「特別」な印象を持っていて、そしてさらに「プラス点」を頂けるでしょう。やはり非日常でいつも洋服を着る方にも、新鮮な着物姿を見ると、また新しい表情と美しさが現れるんですね!そして男性・女性、大人・子供も関係なく、着物を着る方に対して、意識が高まるのです。

結婚式に招待された時、「大切な友人だからこそ、着物で参加したい!」という気持ちが、きっとその大切な方と親戚にもに伝わっていくのです。そして着物を着るマナーを守れば、さらにその方に対する尊敬が強くなってるでしょう。

成人式や卒業式の日、人生に一度しかない時だからこそきっと誰でもあなたの着物を着る姿を願っているでしょう。成人式には、スーツより、振袖。卒業式にも、フォーマル洋服より、袴や訪問着。周りの人、家族、友達と一緒に記念写真も撮るので、何年間たっても後悔のない思い出と記念写真を作りましょう!

「まとめ」

見る人にも着る人にも印象に残る着物姿。着物を着るということが、日本人としての誇りにも感じられるほどにすばらしいものです。ぜひ、イベントとある機会に着物で行ってみてください!

また、着物レンタルwargoでは、着物はもちろん、フォーマル用の訪問着、振袖、袴などご用意いたします。プロのスタッフや着付け師の方々から、色々なコツを教えてくれますので是非お時間がいらっしゃる方はお手軽に下見のご予約をしてみてください!

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

wargoで振袖レンタルはこちら!

furisode-full

京都、祇園、大阪、東京、淺草、鎌倉、袴レンタルは京都きものレンタルwargoへ!

便利な【無料の下見】【ヘアセット】【メイク】【翌日返却】【宅配】【クリーニング不要】などもございます。詳しくはHPまたは京都共通コールセンター☎︎075-600-2830までお問い合わせください。

※下見は30分無料。その後30分ごとに1000円が発生いたします。ご了承ください。
※下見予約後、着物がお選びできましたら、別途着付け予約をしていただきます。

1 (4)

イベント時に洋服でなく「着物」するメリット

特集
view

人気のコラム