お宮参りの赤ちゃんの服装はなにがいい?男の子と女の子で違う?

特集
view
お宮参りは日本古来の通過儀礼であり、赤ちゃんの長寿や健康を願って神社で御祈祷を受ける行事です。
伝統的な行事だからこそ、どのような服装で行けばよいのか、気になって色々と調べている方も多いでしょう。
この記事では、お宮参り時の赤ちゃんの服装について、普段着でもよいのか、男女別のおすすめの服装はなにか、赤ちゃんに着物を着せる際の注意点をご紹介します。

お宮参りの赤ちゃんの服装は普段着でもいいの?

お宮参りは、誕生した赤ちゃんが長生きできるよう、また健康に育つようにという願いを込めて神社にて御祈祷を受けるという、日本古来の通過儀礼です。
お宮参りは神社という神聖な場所で行われるため、着て行く服装で悩む方が多くいらっしゃいます。
確かに、古くからのしきたりを厳守するならば、和装をしますが、現代の日本において服装の決まりはなくなりつつあります。
もちろん産着を掛けて参拝すれば、絵になりますし、格式の高い神社にふさわしい服装になります。

しかし、生後間もない赤ちゃんにとって、特に真夏に産着を掛けられるのは、身体に負担をかけることもあるため、
カバーオールなどの軽装で参加する場合もあります。
とはいえ、襟元や身頃に汚れのついたまったくの普段着だと、参拝後の写真撮影にも残る可能性があります。
写真に残ることを考えて、まったくの普段着は避けて、新しいカバーオールにするなどの配慮があった方がよいでしょう。

着物の下には肌着を着用しよう!

お宮参りでは、赤ちゃんが和装する場合、白羽二重(しろはぶたえ)とよばれる内着を着てから、その上に産着と呼ばれる着物を掛けます。
着物を掛けるとはいっても、母親や祖母などに抱っこされている間は首元や足元、手首などが露出することになるため、白羽二重を着せなくとも、肌着は着用させましょう。

白羽二重は絹でできているため、赤ちゃんの敏感な肌にも優しい素材なので安心できる内着です。
ただし、絹でできている分、価格も高めに設定されていることが多くなっています。初着のこともありますから、肌着にそれほどお金を掛けられないという場合は、ガーゼでできた長襦袢でもよいでしょう。

お宮参りの赤ちゃんの服装

お宮参りは必ず晴れ着(産着・初着)でなければならないわけではありません。
ここでは、男の子、女の子の性別ごとに適切なお宮参りの赤ちゃんの服装についてご紹介します。

男の子の服装

男の子の場合、和装するなら肌着の上に、熨斗目(のしめ)生地でできた黒や紺などの色調の着物を掛けて、
さらによだれかけと、帽子を被せるのが一般的です。柄ゆきは男の子らしく凛々しさ、たくましさを感じさせる兜柄、龍柄、鷹柄が人気です。

また地域にもよりますが、男の子の初着には父方の家紋が入ることが一般的です。両胸、背中、裏側両袖で、計5ヶ所に紋を入れる「五つ紋」が主流となっていますが、一つ紋や三つ紋の場合もあります。

女の子には家紋はあまり入れないこともあり、男の子のために着物をあつらえる際の楽しみ一つともいえるでしょう。
また、男の子が洋装する場合には、産後退院時に着用していたセレモニードレス(ベビードレス)を着用します。
セレモニードレスは男女兼用がほとんどですから、性別関係なく着せることができます。

上述したように、夏季にお宮参りを行う場合、厚着をさせると赤ちゃんが汗をかき、汗が冷めて体調を崩すきっかけになることもあります。
せっかくのお祝いの場で体調を崩すよりは、カバーオールなどの軽装で参加してもよいのです。
最近は和装の柄をプリントしたカバーオールもありますから、季節や赤ちゃんの体調に合わせて服装を決めましょう。

女の子の服装

女の子も和装の際は男の子同様、肌着・掛け着・よだれかけ・帽子を着用します。
女の子の場合、着物は赤やピンク等の色味の手書き友禅や型友禅の生地に、女の子らしい手毬柄、うさぎ柄、和花柄などがよく選ばれます。

女の子が洋装する場合も、男の子同様セレモニードレスを着用します。これだけでも可愛らしいですが、よりお宮参りの雰囲気を出すために、セレモニードレスと同系色の帽子やスタイを合わせるとよいでしょう。
女の子がカバーオールを着る場合は、ドレス風のものや、振袖風のデザインがプリントされたものを選ぶと、写真に残った際にもより可愛らしく写るでしょう。

お宮参りの赤ちゃんへの着物の着せ方

お宮参りで着物を着せる場合は、赤ちゃんに肌着を着せたら、晴れ着を掛ける前によだれかけと帽子を着用させましょう。
長襦袢と着物を最初から重ねて、袖振りも通しておき、母親や祖母など、お宮参りで赤ちゃんを抱く人と赤ちゃんに晴れ着を掛けます。

この時、着物に入っている背中の柄がきれいに見えるように注意し、長襦袢が着物の裾から見えてだらしない印象にならないよう、着物を調節することが大切です。
最後に赤ちゃんのよだれかけを晴れ着の上に出すのを忘れないようにしましょう。よだれかけを上に出しておかないと、晴れ着が赤ちゃんのよだれや飲み残したミルク等で汚れてしまう可能性があります。

お宮参りには掛け着は必要?

お宮参りに行くにあたって、掛け着は必ずいるものかどうか悩んでいる方も多いでしょう。
ご紹介してきたように、近年では洋装や、軽装でお宮参りに参加する方も増えており、どちらかといえば服装よりも赤ちゃんの体調を重視する方が多いようです。

しかし、秋から冬にかけてお宮参りを行う場合、地域によっては既に赤ちゃんにとって肌寒い気温のところもあり、軽装では風邪をひくなどの体調不良に陥ることもあります。掛け着は防寒用としても利用できるため、赤ちゃんの体調のことを考えても持っておいたほうがよいでしょう。

お宮参りの赤ちゃんの服装にレンタルがおすすめの理由

まだお宮参りの衣装を用意していない人には、お宮参りの赤ちゃんの服装はレンタルすることをおすすめします。
衣装をレンタルすると、購入した場合には付加されない、以下のようなメリットがあるためです。

赤ちゃんらしい色・柄を選べる

晴れ着をあつらえるとき、高いお金を出して購入するわけですから、七五三まで仕立て直して着まわしたいと考えている方もいるでしょう。
もちろん一着の着物を大切に着まわすのもよいのですが、お宮参りに参加する生後1~3か月の赤ちゃんと、37歳の子どもでは、似合う色や柄は異なることもあります。

また年を重ねるにつれて、子供の色や柄の好みも変わります。その点レンタルにすれば、その時の年齢にもっとも似合う色や柄を選ぶことができるというメリットがあります。

あつらえた時よりも時間と費用がかからない

着物をあつらえるとなると、仕立てのために柄や裏地を決め、仕立ての期間をはさむため、最終的に手元に届くまでに時間がかかります
。しかもそれだけの時間と手間をかけているわけですから、もちろん費用も高くなります。
予約制のレンタルショップなら、当日に間に合うように予約するだけなので時間もかからず、インターネットやスマホから簡単に予約でき、費用もかなり安く済むというメリットがあります。

クリーニング不要の場合が多い

近年の着物レンタルショップでは、レンタルして使用後のクリーニング料金が無料の場合が多く、さらに着払いで郵送可能なショップもあります。
お宮参りで初めて初着を見る……という方も多く、着物の手入れ方法もよく知らないという場合、着用した後はレンタル店に送り返すだけという、クリーニングなしで返却できるレンタルの方が便利です。

お宮参りの赤ちゃんの服装はレンタルがおすすめ

お宮参りの赤ちゃんの服装は、和装でも洋装でも構いません。
和装の晴れ着や内着をレンタルする方もいれば、洋装のセレモニードレスをレンタルする方もいます。和装の場合は上述したような理由でレンタルがおすすめですし、洋装の場合も、セレモニードレス自体が高価なもので、ブランド物の場合は110,000円以上するものもあります。

レンタルすればその半額以下で済むことから、洋装の場合でもレンタルするケースも増えているのです。
和装にしても洋装にしても、レンタルにすることで気軽にお宮参りにふさわしい服装で赤ちゃんを参加させることができるため、おすすめです。

まとめ

お宮参りの赤ちゃんの服装は、シミや汚れのついた普段着では、成長した後に写真を見返した子ども本人も物悲しい気持ちになるかもしれません。
新品購入品ではなくとも、和装・洋装を問わず、きれいな衣装で参加させてあげましょう。
その際、レンタルにすると、その年齢にしか似合わない色や柄を合わせることができる等のメリットがあります。一生に一度のお宮参りをきれいな服装で思い出に残すためにも、レンタルを賢く利用しましょう。

産着をレンタルされる場合は、是非【きものレンタルwargo】でのご利用をお待ちしております!
きものレンタルwargoなら、産着はもちろん、お宮参りに必要な襦袢・よだれかけ・帽子・守りといった小物5点が全て一式フルセットで付いて、最安3,900円からご利用可能です! 店舗にご来店いただいてのご利用はもちろん、お近くに店舗がない場合は、宅配でのレンタルも可能です!(産着はお着付けが不要ですので、宅配レンタルをご利用いただくお客様も沢山いらっしゃいます)
宅配レンタルなら、全国往復送料無料!お着用日2日前にお届け!クリーニング不要で簡単返却ですので、初めての着物レンタルでもご安心いただけます。
========================================
きものレンタルwargo「産着レンタル」はこちら お宮参りの産着・祝い着・初着レンタル | 安心のフルセット!全国宅配・店舗でお着付け可能 ご不明な点などございましたら、全国共通のコールセンター??075-600-2830 まで、ご遠慮なくお問い合わせください♪
========================================

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す