袴の着崩れと直し方

特集
view

袴の着崩れない秘訣は、椅子に座る時は深く腰掛けずに浅く腰掛けることを意識することが大切です。帯を少しきついくらいに締めて置くのも重要なポイントです。椅子ではなく座敷や畳の上に正座等で座る場合は、手を後ろに持っていってシワを伸ばすように座ってしまうと引っ張られて崩れやすくなるので、両サイドを少し広げて生地にゆとりを持たせて座ることを意識しましょう。

着崩れない秘訣 座り方

袴の着崩れない秘訣は、椅子に座る時は深く腰掛けずに浅く腰掛けることを意識することが大切です。帯を少しきついくらいに締めて置くのも重要なポイントです。椅子ではなく座敷や畳の上に正座等で座る場合は、手を後ろに持っていってシワを伸ばすように座ってしまうと引っ張られて崩れやすくなるので、両サイドを少し広げて生地にゆとりを持たせて座ることを意識しましょう。その際に引っ張りすぎると逆に帯が緩んだりするので、適度に広げることが大切です。

着崩れない秘訣 階段の昇り降り

着崩れしないためには、裾を踏まないようにすることが大切です。そのため、階段の昇り降りの際には注意が必要です。昇るときは前の裾を踏んでしまいやすく、降りるときは後ろの裾をすってしまいやすいです。着崩れだけでなく、転倒や袴を汚してしまうことに繋がりかねません。そこで、上手な階段の昇り降りの秘訣を紹介しましょう。袴には両サイドにスリットが入っています。そこから両手を入れて、昇るときは前側の、降りるときは後ろ側の裾を少し持ち上げながら、歩くようにするとよいです。

着崩れない秘訣 落としたものの拾い方

物を落として拾うときも、着崩れしないように気をつけたいものです。何も気にせず拾おうとすると、袖が床について汚れてしまいますので避けましょう。上手な拾い方のコツは、まず物を拾わないほうの手で袖を持ちます。そして、落とした物の横に立ってからゆっくりとしゃがんで拾います。しゃがむときには、背を丸めるのでなく伸ばしたままで、体を少し斜めにして腰を落とすようにします。そうすると、品が出ますし、上前が広がってしまうことなく着崩れせずに拾えます。

着崩れない秘訣 トイレで失敗しない方法

和装の時のトイレタイムは特に気を遣いますよね。裾や袖を汚さないように注意が必要です。まず洋式トイレを選ぶことをお勧めします。トイレ周りが濡れたり汚れたりしていないかも要チェックです。そして両袖を袴に挟み、袴の裾をまくり上げて下さい。洗濯バサミのようなものを用意して持って行くと良いですね。手を洗う時も、袖を濡らさないように気をつけて下さい。トイレの後には必ず、着崩れていないか、鏡で全身を映してチェックしましょう。和装の時はトイレタイムの時もあわてずに、余裕を持って行動することが失敗しないコツです。

着崩れの直し方 襟元がたるんでしまったとき

着崩れしないように気をつけていても、着崩れしてしまうことはあります。特に、襟元はたるみやすいです。直すにはどうすればよいかというと、袴の脇から右手を入れます。そうして下前をつまんで下の方向にギュッと引っ張ります。次に上前も同様に引っ張ります。これだけで改善できます。襟元は、前に屈んだときに上前が広がってたるみやすいので、物を落として拾った後などに、たるんでいないかチェックするように心掛けると良いでしょう。

着崩れの直し方 袴がずってくるとき

袴の着崩れの直し方ですが、袴がずって来る時には帯を一度ほどいてもう一度結び目、またはリボンを作り直すことが一番なのですが、それができない状況の時の方法としては帯ごと上にぐっと持ち上げる事です、袴がずってくるということは帯が緩み帯が下がっている事が考えられます。そして袴の背中についているヘラを帯の結び目の所に差し込む事でさらなる緩みを防止する事ができます。上に引き上げる際に着物を下に引っ張りながら、帯と袴を同時に引き上げる事がポイントです。

袴の着崩れと直し方

特集
view

人気のコラム