卒業式に袴を着る意味は?袴の歴史も併せて紹介します

特集
view
これから卒業式を迎える女性の中で「卒業式は袴を着たい」という方は多いでしょう。ではなぜ「卒業式は袴」なのでしょうか。   そこでこの記事では、袴の歴史から卒業式で着るようになった意味、また合わせて卒業生と教職員、それぞれのTPOに合った袴の色やヘアアレンジを紹介していきます。   卒業式は人生の節目となる日。不安なく袴を着られるように、しっかり準備していきましょう。  

卒業式で袴を着る意味や理由

明治の中頃、学習院女子の前身校では、女学校の制服として袴を着用するようになりました。上流階級の娘たちが袴を着る姿は「学ぶことができる女性の象徴」として人々に印象を残しました。   その後、学校の制服として袴を着ることはなくなりましたが、女性が学ぶ象徴として卒業式で袴を着る習慣が残ったのです。  

女性と袴の歴史

古くは古墳時代から、袴が存在していたことが確認されています。当時は男性の衣装として発展をし、平安時代には貴族階級が礼装として着るようになりました。その後、江戸時代までは正式な場で着用するものとして扱われていました。   女性が着用するようになったのは明治時代、女性が学校に通うようになったのがきっかけです。当時は男性用の袴を、そのまま女性が履いていました。   男性用の袴はズボンのように股が割れており、足が大きく開けるようになっています。これは馬に乗る際などに必要で、のちに女性用の袴としてスカートタイプのものが作られました。  

袴をおしゃれに着こなそう!

和服と洋服は似合う色が違うので選ぶのが難しいと感じる人もいます。しかし、卒業式はたくさんの写真を撮るイベントなので、いつもとは一味違うおしゃれを思いっきり楽しみたいものです。   どんなものを選べば良いのか、また、袴に似合うヘアアレンジはどのようなものなのか、紹介していきます。  

袴はどんな色がいいの?

袴はシックで落ち着いた色味のものが卒業式で着用するのに選ばれる傾向があります。   1点目の理由としては、卒業式という式典は礼装など改まった服装で参列するものだからです。あまりに華美な印象を与えると、卒業式向きではないと感じてしまうでしょう。   2点目は、鮮やかな色や柄の多い着物には落ち着いた色味の袴の方がしっくりくるという点です。洋服でもトップスとボトムスの両方が、主張の強い柄や色だと着こなすのは難しいでしょう。   和服でも同様に考えると、着物が華やかであれば袴は落ち着いた印象のものが合いやすいです。   例えば、赤い着物に黄色の袴下帯、紺の袴は王道のおすすめコーディネートです。また、エンジ色の袴は、どんな色の着物にも合いやすく、大正ロマン風でおしゃれに見えるので人気があります。  

袴に合うヘアアレンジは?

卒業式のために袴に合わせてヘアアレンジをする際は、式典に出席するという点で、髪を盛り過ぎるのは良くないでしょう。   また、着物といえばアップスタイルという印象が強いですが、袴はハーフアップなどのダウンスタイルも良く似合います。「ザ・女学生」というスタイルで、憧れだったという女性も多いものです。   へアクセサリーは着物との色合いを見ながら、華美になりすぎないように選びましょう。    

先生も袴姿で生徒を見送る

卒業式では先生が袴を着用している姿を見ることがあります。巣立っていく生徒たちを、女性の学びの象徴である、特別な衣装で見送りたいという意味が込められています。   先生が袴を着る際は、式の主役の生徒達より華美にならないよう、着物や袴の色味に注意しましょう。ヘアスタイルもまとめ髪など和服に合うようなスタイルにセットし、ヘアアクセサリーは小さめのものを選ぶと落ち着いた雰囲気になります。   見送る側が特別な衣装を身に付けると、卒業生も身が引き締まります。新たな一歩を踏み出す際に大きな力となることでしょう。   また、室内履きが必要な場所で式を行う場合、履物に気をつける必要があります。裾を引きずらないように、外履きの草履の他に、室内履き用の草履を用意すると安心です。  

袴はレンタルがおすすめ!

今のご時世では、人生で袴を着るタイミングは少ないといっていいでしょう。幼稚園からすべての卒業式で着用しても5回しかなく、その間にも体型は大きく変わります。   着用回数が少ないのであれば、人によっては購入するよりもレンタルの方が経済的にも安くすみます。   またレンタルすることでさまざまな種類から選ぶことができ、早めに探し始めるほど好みのデザインから選ぶことが可能です。ぜひ刺繍やグラデーションなどディテールが好みのものを見つけてみてください!  

まとめ

卒業式に袴を着るのは、袴が女学生の制服であったことが始まりです。現在では学ぶ女性の象徴として、特別な意味のある衣装となりました。また、先生も袴を着用して卒業式に出席し、生徒達の門出を祝うこともあります。   卒業式は節目の日。お気に入りの袴とヘアアレンジを見つけて、たくさんの思い出写真を残してください。しかし、卒業式という式典で着るので、袴と着物のバランスがあまりに華美にならないように注意しながら、おしゃれを楽しんでみてください。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す