訪問着と小紋の違いとは?様々な着物の種類を解説します【着付け師監修】

特集
view
着物には、黒留袖を始め、訪問着、小紋など様々な種類がありますが、それぞれの着物の格によって礼装用着物(フォーマル・セミフォーマル)、遊び着用の着物(カジュアル)に区別されます。この着物の格が「礼装用」か「普段着用」かを把握していないと、正式な席に小紋のようなカジュアルな着物を着て行くなど、場違いな装いをしてしまうことも考えられます。   そこで今回は、最もよく着られる訪問着と小紋の違いについて解説します。また、どんな着物があるのか、どんな格の違いがあるのかについてもまとめています。今後TPOに即した着物を着る機会もあるかもしれないので、ぜひ参考にしてください。  

小紋と訪問着では格式が違う!

小紋と訪問着の一番の違いは、着物の格がカジュアルかフォーマルかの違いにあります。訪問着は黒留袖、色留袖に次ぐ礼装用の着物(準礼装)で、正式な席で用いられることが多いです。   対する小紋は、礼装用の着物ではなく、カジュアルな着物(普段着)として用いられます。街着としてお食事や観劇、美術館巡りなどにぴったりの着物で、洒落着としての一面も持ちます。   訪問着は礼装用の着物なので合わせる帯は袋帯、カジュアルな着物の代表である小紋に合わせる帯は名古屋帯となっています。   小紋特有の飛び柄がおしゃれという理由で、結婚式などの正式な場に小紋を着て行くことは、ジーンズにスニーカーで結婚式に出席するようなものです。どんなにお洒落な小紋であっても正装で出席する場面に着て行くのは避けましょう。  

紋付き江戸小紋なら訪問着と同じように着ることも!

江戸小紋は、その名の通り小紋の一種ですが、小紋の中でもフォーマルに近い、格の高いものとして認識されています。   そもそも江戸小紋とは「江戸時代の裃(かみしも)小紋から発展した着物」で、裃三役と呼ばれる「鮫」、「行儀」、「角通し」の柄は特に格式が高くなっています。   裃三役の江戸小紋に一つ紋を付けて礼装用の袋帯を合わせれば、略礼装の着物として訪問着とほぼ同格で装うことも出来ます。  

着物の種類と用途

黒留袖

黒留袖は、着物の中でも最高位の着物に位置付けられ、「既婚者女性の第一礼装」とも言われます。   五つ紋が入り、裾に絵羽模様(縫い目部分で柄が繋がっており、広げた時に一枚の絵に見える柄付のこと)が広がった黒留袖には、金銀の糸が沢山織り込まれて華やかな袋帯を締めます。   黒留袖を着る時は、子供の結婚式や親戚の結婚式が多いですが、それ以外にも、免許皆伝の際に着られます。お宮参りの時の母親の着物としても黒留袖は用いられています。  

色留袖

色留袖は黒留袖の色物バージョンで、紋の数によって格が決まり、黒留袖と同じ格式のものと、やや格下のものに分けられます。ただし、黒を忌嫌う宮中では色留袖が正式な礼装(第一礼装)として用いられていたこともありました。   色留袖は、紋の数(五つ紋、三つ紋、一つ紋)によって格が異なり、五つ紋は黒留袖と格が等しいですが、一つ紋は訪問着とほぼ同格になります。いずれの紋の場合でも、締める帯は黒留袖の時と同様に袋帯です。   色留袖を着る時は、結婚式や披露宴はもちろん、その他に叙勲式、晩餐会、お茶会、パーティーなどで着ることができるので、黒留袖よりも活躍する場は多い着物です。  

振袖

未婚女性の第一礼装として活躍するのが振袖です。   多種多様な文様が様々な技法によって描き出されている振袖はとても豪華です。帯には、豪華な袋帯を使用しますが、袋帯をただの二重太鼓に締めるのではなく、福来雀などの変わり結びを締めます。   振袖を着る時は、成人式及び成人式の前撮り、卒業式、謝恩会、結婚式、結納、披露宴、初釜、パーティーなどの華やかな場に出席する時です。  

訪問着

訪問着は、色留袖の次に格の高い着物で、フォーマルな場に相応しい着物として知られています。留袖と同様に、絵羽模様が裾に広がっており、さらに上半身にも柄が多く描かれているのが特徴です。   訪問着は礼装用の着物なので、袋帯を締めます。金銀を使用した袋帯で華やかさと格を出すならば、結婚式やパーティーにふさわしい装いへと変化します。   訪問着を着る時は、結婚式、披露宴、パーティー、お見合い、結納、入卒園式、入卒業式、お宮参り、七五三などです。  

付け下げ

付け下げは、訪問着の柄をシンプルにした着物です。訪問着よりも落ち着いた色合いのものも多く、柄もシンプルなので、茶席などに相応しいです。   付け下げの時も締める帯は袋帯が基本ですが、織りの名古屋帯を締めることも出来ます。   付け下げを着る時は、結婚式、パーティー、お見合い、コンサート、入園式や入学式、卒園式や卒業式、お宮参り、七五三などです。  

色無地

色無地にも何種類かありますが、フォーマル寄りの色無地(準礼装や略礼装)というのは、武士の裃にも使われたという、非常に細かい地紋の文様を持つものに限っていいます。   準礼装に相応しい色無地には三つ紋が入っており、略礼装に相応しい色無地には一つ紋が入れられています。   色無地の場合は、帯で変化を付けるため、豪華な袋帯を締めてフォーマル度を高める、染めの名古屋帯を締めてややカジュアルに格を落とすなど幅広い着こなしが出来ます。   色無地を着る時は、不祝儀、祝い事、お見合い、七五三、お茶会、お宮参り、入園式や入学式、卒園式や卒業式などです。  

小紋

遊び心のある柄が着物全体に広がった小紋は普段着(カジュアル)に適していますが、先にも述べたように、江戸小紋は小紋の中でも格が高く、紋が入っていれば訪問着と同格の礼装用の着物として用いることも出来ます。   小紋に締める帯は名古屋帯または袋名古屋帯を合わせますが、紋付きの江戸小紋を着る場合は袋帯を合わせても問題ありません。   小紋を着る時は、観劇、ショッピング、美術館巡り、お食事、小パーティー、お茶会、お稽古などですが、紋付き江戸小紋と袋帯の組み合わせに関しては結婚式の披露宴に着て行っても問題ありません。  

訪問着ならフォーマルな場で安心して着られる

訪問着は小紋とは異なり、礼装用の着物として用いられます。格としては黒留袖、色留袖に次ぐ準礼装の着物になりますが、金銀が入った華やかな帯を締めることで格の高さを演出することが出来ます。   結婚式の披露宴はもちろん、パーティーの席、卒園式や卒業式、入園式や入学式、結納といったあらたまった場に訪問着を着ることが出来ます。フォーマルな場に何を着て行ったら良いのか悩んだ時には、訪問着を選びましょう。  

まとめ

いかがでしたでしょうか。着物の格式を把握するのはなかなか難しいですが、最もよく着られる訪問着と小紋の違いはフォーマルかカジュアルかというところにあります。   小紋は紋付きの江戸小紋ではない限り、普段着・街着扱いとなるので、訪問着代わりに着ることは出来ないということは覚えておきましょう。   合わせる帯も、カジュアルな着物には名古屋帯、礼装用の着物には袋帯と決まっているので、間違っても小紋に袋帯を締めないよう気を付けましょう。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す