色留袖の選び方【結婚式に参列する友人編】  

色留袖とは?

色留袖とは、地色が黒以外の留袖のことです。   黒留袖は既婚女性が着用する着物の中で、最も格式が高い「第一礼装」です。これに対して色留袖は、未婚・既婚問わずに着ることができます。   格式は、紋の数によって異なります。背にひとつ、両袖の後ろと両胸にそれぞれひとつずつ、合計五つの家紋が付いた五つ紋の色留袖は、黒留袖と同じ第一礼装になります。背と両袖の後ろにひとつずつ、合計三つの家紋が付いた三つ紋、背にひとつだけ家紋が付いた一つ紋はいずれも略礼装です。   訪問着とも似て見えますが、柄の位置に違いがあります。色留袖は、上半身には柄がなく無地になっており、模様は裾だけに入っています。訪問着の場合はこの模様が、肩から裾に流れるように入っています。いずれも模様は縫い目で途切れない「絵羽模様」で描かれます。  

 色留袖を着る人の立場とシチュエーション 

色留袖は、未婚の方でも既婚の方でも着ることができます。女性が主催・主賓の立場で正式なパーティーなどに出席するのにふさわしい着物です。ただし、紋の数によって着る立場やシチュエーションが変わります。   五つ紋を入れた色留袖は、黒留袖と同格の第一礼装として扱われます。ただし、新郎新婦の母親として結婚式に出席する場合は、五つ紋であっても色留袖は着ません。黒留袖を着用するのがマナーです。単に留袖と言う時は基本的に黒留袖を意味しています。明治時代以降、西洋のブラックフォーマルの影響を受け留袖は黒になったという説もあり、新郎新婦に最も近しい主催者である母親の留袖は黒であるようです。   五つ紋の色留袖を結婚式で着るとよい方は、新郎新婦の姉妹、いとこなど、主役に近い親族の場合です。色留袖は振袖よりも落ち着いた雰囲気になりますが、黒留袖よりもやわらかく、上品で華やかです。未婚の女性が結婚式に親族として出席する場合、振袖を選ばれることも多いのですが、落ち着いた雰囲気を出したい場合は色留袖を選ぶのもおすすめです。 また、この立場の方が訪問着を着ると来賓と同格になってしまうので、同じように華やかで未婚・既婚問わず着ることができる着物であっても、訪問着は着ません。   ご自身やパートナーが経営に携わる会社のパーティーなどに出席する場合も、色留袖はふさわしい装いになります。黒留袖よりも華やかですから、パーティーの場をより華を添えることができます。部下の方の結婚式に出席する場合も色留袖で大丈夫です。ただし、仲人を務める場合は黒留袖を選びましょう。   三つ紋、一つ紋は、五つ紋よりも格が下がります。黒留袖では格が高すぎる、と感じるような場合は、三つ紋、一つ紋の色留袖を選びましょう。例えば同じ会社のパーティーであっても、経営者ではなく社員、招待客として出席する場合は、五つ紋ではなく三つ紋、一つ紋がおすすめです。しかし、三つ紋、一つ紋であっても、黒留袖に次ぐ格の高い礼装ですから、カジュアルなパーティーなどには不向きです。  

友人の結婚式に色留袖は着て行ってOK

結婚式に友人・知人として出席する場合は、三つ紋、一つ紋の色留袖であれば着て行くのはNGではありません。   三つ紋、一つ紋の色留袖であれば、五つ紋や黒留袖に次ぐ準礼装になるため、友人・知人という立場で結婚式に出席する場合でも着用できます。 ただし、色留袖は基本的に身内のお祝い事に着る場合が多いため、親戚側にみられてしまうこともあります。友人として結婚式に出席する場合、よりふさわしいのは訪問着です。新郎・新婦とのご関係にもよるので一概にNGとは言えませんが、着物のしきたりに厳格なご家庭もありますので、予めお友達にご相談の上、わからない時はなるべく、親族の女性の格を超えないように意識すると、より場にあった着こなしになります。  

訪問着とは? 

訪問着は、留袖の次に格が高い着物です。未婚の女性、既婚の女性どちらも着ることができます。年齢も問いません。柄や紋のありなしによって、フォーマルからカジュアルまで、着られる場面も幅広いのが特徴です。   訪問着は、肩、胸、袖にかけてまるでひとつの絵のようにつながった模様が入っているのが特徴です。この模様を「絵羽模様」といいます。色留袖は同じ絵羽模様が裾だけに入っているのに対して訪問着は、胸や袖などの上半身にも描かれており、より華やかに見えます。   訪問着とよく似ているのが付下げですが、付下げは、模様が縫い目にはかからないように配置されているのが違う点です。模様が縫い目をまたぐ訪問着は、付下げよりも仕立ての手間がかかるため、格が上になります。   訪問着の格は、紋によっても変わります。紋を付けると準礼装になり、友人として結婚式に出席する際にふさわしい着物になります。ただ、上半身にも柄が入る訪問着は、柄によっては紋が付けにくいものもあります。紋がなくても晴れ着としての格は高く、友人として出席する場合であれば問題有りません。特に華やかで、おめでたい柄を選ぶとよいでしょう。   お宮参りや七五三、入学式など子どもに関する行事にも、訪問着は幅広く着ることができます。子どもの行事に訪問着を着る時は、主役である子どもを目立たせるためにも少し控えめな柄を選ぶのがおすすめです。また、お茶会で訪問着を着る場合も、柄が小さく控えめなものを選ぶと良いでしょう。より改まったお茶会では、控えめな柄に紋付きのものを着ることもあります。  

まとめ 

色留袖は格が高く、華やかで上品な装いができる着物です。年齢や未婚、既婚を問わずに着ることができます。黒留袖では落ち着いた雰囲気になりすぎる、と感じた時など色留袖を選ぶことでより、場に合った着こなしができます。   ただ、色留袖は格が高いため、訪問着よりも活用できるシーンが限られる着物でもあります。着るシーンが限られる分、色留袖を作ってもあまり着られなくてもったいない…と感じてしまう方にはレンタルもおすすめです。レンタルであれば、親族として結婚式に出席するなど、色留袖を着たいときだけ安価に着ることができ、保管における手間もかかりません。レンタルを活用して、色留袖を楽しんでみてください。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す