pixta_41346738_S

黒留袖に入れるべき家紋のしきたりとおさえておきたい知識

特集
view

真っ黒い地色の黒留袖には上半身部分にこれといった模様が入っていませんが、白色の家紋がまるで一つの模様かのように目立ちます。

家紋がはっきり目立つ黒留袖は、その家を代表する着物とも言うことが出来、とても格式が高い着物として知られています。それだけに黒留袖の家紋はとても重要なものとも言えるのです。

 

黒留袖を着るにあたって、初めて自分の家の家紋について調べるという方は多いです。しかし、家紋といっても女性の場合は既婚者であれば夫の家の家紋を受け継ぐべきなのか、はたまた実家の家紋を受け継ぐべきなのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、黒留袖に入れる家紋について、ルールやおさえておくべき知識について解説していきます。

 

家紋は着物の格を上げるアイテム

家紋は元々貴族たちが自分の家の財を誇るために、所有している牛車や調度品に自分の家の紋や印(紋所)を入れたのが始まりだったとされています。

着物にも紋が入れられるようになったのは足利時代以降で、定着したのは江戸時代に入ってからでした。封建制度の確立と共に家柄や格式が尊重されるようになったことがその背景にあり、家紋は礼儀の基準として重んじられるようになりました。

 

その流れをくみ、今日でも第一礼装には慶弔どちらの場合も着物には五つ紋を付けることになっています。具体的には黒留袖、色留袖、喪服には五つ紋を入れ、最礼装としています。但し、色留袖に関しては三つ紋や一つ紋を付けることも出来、紋の数が少なくなればそれだけ略礼装とみなされます。

 

因みに、紋の大きさは男女で異なり、男性の紋は直径約3.8cm、女性の紋は直径約1.9cmという大きさが標準とされています。

 

 

家紋の種類は数百種類にも上る

今現在、家紋の種類は正式なもの、オリジナルのものなど全て含めるとその数4500以上にも上ると言われています。

 

最正装の五つ紋には代々伝わる家紋を用いても、ちょっとした略礼装には自分の好きな動物や植物をモチーフにした洒落紋を使われる方も多く、最近では紋を一つのアクセサリー感覚で入れる方も出てきました。


家紋は元々貴族のものだったのですが、江戸時代の後期にもなると庶民の間で「家紋付」が広まり、家の印(紋)を持っていなかった平民たちは自分を象徴するような動物、文字、器物、植物、天文などをモチーフにして自分の家の紋にしたと言います。こうして家紋の数は一気に増えていき、今では4000種を凌駕するものになったというわけです。

 

黒袖で家紋を入れる位置と数

黒留袖はお祝いの席に着る最正装の代表格で、紋の数は五つと決まっています。紋は背の中央、両袖の後ろ、両胸の五か所に付け、付ける紋は染め抜きの日向紋と決まっています。

 

洒落紋のように刺繍で付ける紋(縫い紋)は最正装には相応しくないので、黒留袖には最も格が高い日向紋を付けるようにします。因みに、染め抜き紋には日向紋(表紋)と陰紋(裏紋)という二種類の紋がありますが、格が高いのは日向紋で、黒留袖及び喪服には日向紋を入れるのが決まりとなっています。

 

結婚した際の家紋の取り扱い方

結婚後女性は姓を婚家のものに変えるのが習わしとなっていますが、家紋においても実家の紋を捨てて婚家の紋を受け継がなくてはいけないものなのか悩まれる方は多いです。

 

家紋がそこまで重要視されなくなった現代では、逆に家紋の取り扱いに悩まれる方が多いと言いますが、必ずしも婚家の家紋を継がないといけないといった決まりごとはありません。

 

地域や家によっても様々

家紋の取り扱いは、関東と関西でも異なりますが、個々の家々でも取り扱い方が異なります。自分の家の紋についてあまり執着心がない家もあれば、先祖代々の紋を守らねばならないと考えている家もあります。

 

先にも述べたように家紋の取り扱いに関しては、これといった決まりごとはないので、婚家の方、ご両親とよく話し合った上で、自分がどの家紋を受け継いでいくのかを決めるのが最も望ましいと言えるでしょう。

 

黒留袖の家紋入れ替えも可能

黒留袖に入れる紋は入れ替えが可能だということをご存知でしょうか。入っている紋を消し、一度石持ちと言われる紋が入れられる前の状態に戻した上で、新たな紋を入れることが出来ます。

染料によっては紋の入れ替えが難しい場合もありますが、黒留袖の紋は基本的に入れ替えが可能とされています。どうしても染め替えでの紋の入れ替えが難しい場合は、切りつけ紋という、ワッペンタイプの貼り付け紋を用いた入れ替え方法もあります。

母親から譲り受けた黒留袖には実家の紋が入っていて着られないと捨ててしまう前に紋の入れ替えを検討してみましょう。

 

「女紋」の風習

両家の家紋どちらも用いず、女紋と呼ばれる女性だけが継承してきた紋を黒留袖に入れる方もいらっしゃいます。

 

女性が衣服に紋を入れるようになったのは江戸時代後期ですが、家紋は元々男性のものだったため、よほど位の高い女性でない限り家の紋を用いることは出来ませんでした。そこで考案されたのが女紋と呼ばれるもので、藤や梅、蔦や桔梗などを濃やかな線で描いた女性らしい、優しいデザインのものが女性の紋として用いられるようになりました。

 

黒留袖をレンタルした場合の家紋の取り扱い方

黒留袖を購入する場合は、購入する際に自分の家の紋を黒留袖に入れてもらうことが出来ますが、レンタルのものはあくまでも借り物なので自分の家の紋を染め抜いてもらうことは出来ません。

 

染め付けない代わりに、貼り紋と呼ばれる紋を使い、自分の家の紋を借りる黒留袖に付けてもらうことは出来ます。紋の種類も沢山用意されているので、よほど特殊な紋でない限り貼り紋で付けてもらうことが出来ます。

 

仮に自分の家の紋が分からない、こだわりが無いという場合は、共通で使える紋が用意されます。黒留袖のレンタル店で用意されているのは、最もよく使われる「五三の桐」と言われる紋で、誰しも一度は目にしたことのある紋になります。五三の桐は一般的過ぎて嫌だなと感じるのであれば、自分の家の紋について調べてみたり、自分のお気に入りの家紋を探してみたりすると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

黒留袖は着物の中でも最も家紋が目立つ着物ゆえに、家紋選びも慎重にやらなくてはいけません。

家紋については、結婚後は必ず夫の家の紋を受け継がなくてはいけないといった決まりごとはありませんが、実家の家紋にするか、婚家の家紋にするかは恐らく自分一人で決められることではないので、両家のご両親とよく相談した上で決めると良いでしょう。

pixta_41346738_S

黒留袖に入れるべき家紋のしきたりとおさえておきたい知識

特集
view

人気のコラム