pixta_41366834_S

【黒留袖のマナーまとめ】黒留袖を着るときに意識するべきポイントとは

特集
view

最も格が高い着物である黒留袖に袖を通すことは滅多にありませんが、結婚式などの華やかなお祝いの席で着ることもあるでしょう。

 

黒留袖は、最も格が高い着物だけあって、やはり着る上で知っておくべきマナーや所作というものはありますが、あまり知られていません。

 

そこで今回は、黒留袖を着る際に知っておくべきマナーや所作、しきたりについてまとめてみました。

 

黒留袖の位置付けとは

黒留袖は、着物の中でも最も高い格に位置付けられる着物で、フォーマル中のフォーマルな装いになります。

 

既婚婦人の第一礼服として知られており、最も格がある華やかなお祝いの席(結婚式や披露宴など)で着られる着物です。

 

結婚式の席では主に親族、仲人が黒留袖を着用し、威儀を正して式に臨みます。

 

但し、宮中行事では黒はご法度なので黒留袖と同格に当たる5つ紋の色留袖が黒留袖(最正装)として用いられます。

 

黒留袖の「紋」におけるルール

黒留袖は第一礼服ということで、それを表す5つの紋が付けられています。背、胸元、袖の5か所に家紋を染め抜いた日向紋が施されています。

 

そこからこの着物は、「日向5つ紋付き黒地裾模様の留袖」と言われており、我々が「黒留袖」というのはそれを略したものなのです。

 

最正装に相応しい紋の入れ方は、染め抜きなので、刺繍で家紋を入れることは出来ません。黒留袖をレンタルする場合は、紋のところは貼り紋と呼ばれるシール形式の紋になっており、自分の家の家紋を選んで借りる黒留袖に貼ってもらうことが出来ます。

 

自分の家紋が分からない場合、こだわりが無い場合は「桐の家紋」で対応するところが多いです。これは桐を家紋とする家が多いこと、またおめでたい家紋というところから選ばれたようです。

 

桐の家紋が嫌だという場合は、他の家紋の中から好きなものを選ぶことが出来るようになっています。

 

必ずしも自分の家の家紋を選ばなくてはいけないというわけではないようですが、黒留袖のレンタルを考えているのであれば一応自分の家紋はどれかということは事前に把握しておいた方が良いでしょう。

 

黒留袖の「柄」におけるルール

年代で変わるおすすめの柄

黒留袖はあまり着る機会のない着物なので、季節色が全面に出ているものは避け、一年中着ることが出来る柄を選ぶようにするのが基本です。

 

黒留袖はおめでたい着物なので、七宝、瑞雲などの吉祥模様を始め、正倉院模様、有職模様など格調高い模様のものを選ぶのが望ましいです。

 

若いうちは、出来るだけ華やかな柄の黒留袖を選び、柄が締める割合が多いものを選ぶようにしましょう。

 

50代も過ぎたら、あまり高いところまで来ない、やや大人しめの柄行のものを選び、品を出すようにするのが望ましいです。

 

もし、お持ちの黒留袖が若々しい大きめの柄行の物だということであれば帯を地味目なものにすることで50代、60代でも着ることが出来ます。

 

黒留袖はお祝いの席に着る最も格の高い着物なので、ある程度の華やかさは必要だということは念頭に置いて、選ぶようにしましょう。

 

着る場面や続柄によっても違う

黒留袖の柄は着る場面や続柄によっても多少変わってくることがあります。例えば、花嫁花婿の母親であるならば慶びを表現する鶴、松竹梅、鳳凰などが相応しいです。

 

仲人夫人の黒留袖には、仲人の役目を象徴するような陸と陸を結ぶ橋掛かりの柄の黒留袖が相応しいでしょう。

 

少なくとも、花嫁花婿の母親が着る黒留袖の柄行よりも落ち着いたものが仲人夫人の黒留袖として適切です。

 

花嫁花婿の姉(既婚)であれば、ややモダンな柄行の黒留袖でも良いでしょう。いずれの場合も、自分の立場に相応しい、品格のある黒留袖を選ぶことが大切です。

 

黒留袖の「帯」におけるルール

帯の選び方

黒留袖に合わせる帯は、礼装用の袋帯になります。金糸や銀糸、色糸を使って模様を織り出した豪華な袋帯が黒留袖に相応しく、柄は吉祥模様、唐草模様、などお祝いの席に相応しいものを選びます。

 

かつては黒留袖に丸帯を締めて格調高く装っていたということから、現代では西陣織の錦織や唐織、佐賀錦風のもので金銀が華やかに彩られている袋帯が黒留袖に相応しいと考えられています。

 

帯揚げ、帯締めの選び方

帯揚げ、帯締めは地色が白色の物を選びます。黒留袖に合わせる小物は基本が白色なので、帯締めも帯揚げもそれに準じたものを選びます。

 

ただの白色でも構いませんが、金糸や銀糸が入った豪華なものが結婚式には相応しく、帯揚げであれば最も格が高いとされる総絞りや綸子のものが黒留袖には相応しいです。

 

淡い色だからとピンクがかったものや青色がかったものを選んで黒留袖に合わせると全体の装いがカジュアルダウンしてしまう恐れがあるので、必ず白地の物を合わせるようにしましょう。

 

黒留袖の「小物」におけるルール

草履、ハンドバッグの選び方

草履、ハンドバッグは共に布製のものを選ぶようにしましょう。佐賀錦や唐織などのもので金銀の糸がふんだんに使われた豪華なものを合わせます。

 

多くの方は草履とバッグでお揃いの物を選んでいます。草履はエナメルの物しかないということであれば、金色のエナメル草履を合わせて足元を華やかにします。

 

また、草履の高さですが、通常の草履よりも12cm高いものを選ぶようにします。

 

扇の選び方

留袖に合わせる末広は黒骨の祝儀扇で、金や銀の模様が入った格調高いものが相応しいです。金がそこまで沢山入ったものではなく、品が良いものを選んで持つようにしましょう。

 

黒留袖の「髪型、髪飾り」におけるルール

黒留袖に合わせる髪型にこれといった決まりごとはありませんが、第一礼装に相応しい、オーソドックスでありながら格調高いスタイルにするのが望ましいとされています。

 

結婚式では花嫁花婿の母親は挨拶をすることが多いので、挨拶をするたびに髪先が乱れることがないよう、前髪は立ち上がりをつけてセットし、髪の流れを綺麗に整えて、全体にボリュームを付けることがポイントです。

 

ペッタリしたボリュームのない髪型は黒留袖の貫録に負けてしまうので、銀座のママほどのボリュームはいりませんが、ある程度量感を出した髪型にしましょう。

 

また、ミセスの髪型になるので、頭のトップにばかりボリュームが来ないよう留意し、落ち着いた品のある髪型になるようにしましょう。

 

若者風の一部ダウンスタイルの髪型は黒留袖やミセスのスタイルには相応しくないので、必ずオールアップの髪型にするようにしましょう。

 

髪飾りは、花嫁のように花を付けるととても若々しくなってしまって黒留袖の品格を落としかねないので、鼈甲や天然石、琥珀、象牙、珊瑚といったもので作られた簪をワンポイントとして用いるのが望ましいです。

 

あまり大きな髪飾りをしてしまうと悪目立ちしかねないので、ミセスらしい上品なものを選んで髪に刺すようにしましょう。

 

黒留袖の「動作」におけるルール

歩く時は歩幅を小さく

着物を着たら普段よりも小さな歩幅で歩くようにしますが、黒留袖の時はなおのこと歩幅に気を付けなくてはいけません。

 

裾周りに柄がある黒留袖は、歩き方次第で柄が美しく見えるか否か決まってしまうので、柄をきちんと見せるためにも常に美しい歩き方を心掛けなくてはいけません。

 

大股で歩いたり、ドタバタと着物の裾を蹴飛ばすように歩いたりすることは絶対にしてはいけません。どんなに急いでいても裾の乱れには注意して小股で歩くようにしましょう。

 

どうしても急がなくてはいけないという時は、軽く右手で右腿の上前を押さえるようにしましょう。

 

物を取る時は袂をおさえて

結婚式や披露宴では食事が必ずありますが、着物慣れしていないと、いつもの感覚で食事を取りに行って袂が引っ掛かってグラスが倒れてしまったり、食事に袂が浸かってしまったりといった粗相が起きてしまうこともあります。

 

花嫁花婿はもちろん、その母親にもゲストの視線は集中するので、大事な結婚式という晴れの日を母親の粗相で台無しにしないようにしましょう。

 

そのためには、常に着物の袂のことに気を配ることが大切です。物を取る時、グラスを取る時は必ず左手で右手の袂をおさえて、邪魔にならないようにしましょう。

 

但し、あまり腕が見えるように袂を引いておさえてしまうと、無礼になってしまうので、腕の出し過ぎにも注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

あまり普段気にすることのない黒留袖のことですが、実は色々とルールや決まりごとがあるのです。

 

これから黒留袖を着る機会を控えているという方、子供の婚約を着に黒留袖を作ろうと考えている方は是非参考にしてみて下さい。

 

黒留袖を着た時の注意点も忘れずに、裾と袂によく注意して、気品に満ちた黒留袖姿をハレの場で披露して下さい。

pixta_41366834_S

【黒留袖のマナーまとめ】黒留袖を着るときに意識するべきポイントとは

特集
view

人気のコラム