pixta_41343537_S

黒留袖をレンタルする際に参考にしたい相場価格とは?

特集
view

結婚式で両家の親族が着る黒留袖は、レンタルするとかなり高そうとイメージしている人もいるかもしれませんが、実は黒留袖の相場は2万円程度、お安いものなら1万円程度から、高くても5~6万円で借りることができるのです。無論、着物を借りたお店で着付けてもらうのでなく、ご自身で或いは身近な人が着付けるのでなければ、着付け代は別途で考えなければなりませんが、手が出ないほどのお値段ではないことをまずお伝えしておきましょう。

 

<h2>黒留袖のレンタル相場</h2>

黒留袖のレンタルでは一般に、最も人気のある価格帯は2万円前後と言われています。

一言に黒留袖と言ってもレンタル価格は様々です。このため相場は最も安価な価格帯のものと高価な価格帯のもの2つを記載しています。

 

<h3>最も安いランクの黒留袖</h3>

東京 23,000円

京都 18,000円

宅配 14,800円

 

<h3>最も高いランクの黒留袖</h3>

東京 35,000円

京都 32,400円

宅配 24,800円

 

着物のレンタルの仕方には2種類あり、1つは店舗で着付けてもらうパターン、もう1つは着物一式を宅配で送ってもらい、自分の都合の良い美容院などで別途着付けてもらうパターンです。

ちなみに、このサイト(きものレンタルwargo)のプラン設定は下記のようになっています。

 

・最も安いランクの黒留袖 9,900円

・最も高いランクの黒留袖 29,900円

※当サイトの商品価格に関する記載は、掲載時の税別、WEB事前決済によるお支払いの場合です。

 

<h3>金額に大きな差がある理由</h3>

着物は購入でもレンタルでも価格に大きな開きがあります。理由として考えられるものに生地の材質があります。黒留袖は正絹のものが多かったのですが、最近は着物を着慣れない人でも扱いやすいポリエステルのものも増えており、正絹に比べて安くレンタルできます。

 

他にも日本の伝統技術が用いられていたり、落款が押されているような作家ものや有名デザイナーのものは価格が高くなります。反対に大量生産される海外製のものは価格が安くなる、などいくつもの要素によって金額が決定します。

 

<h2>きものレンタルwargoで黒留袖を着付ける場合のお値段</h2>

<h3>1.着物は持込で着付けのみの場合</h3>

店舗があるレンタル店では、ご自身が持っている黒留袖を持ち込んでいただき着付けるというサービスもあります。きものレンタルwargoでは、この場合黒留袖は5,900円で着付け可能です。

 

黒留袖はフォーマルな場で着るものなので、自分で着物を着ることができる人でも着付けサービスを利用する人が多いです。

 

<h3>2.着物もレンタルする場合</h3>

きものレンタルwargoで黒留袖をレンタルする場合、ご利用日当日の店頭着付け代は無料です。店舗に行けばプロの手で綺麗に着付けてもらえるので、記念写真にもオススメです。

 

また着物を受け取った場所で着付けることができるのは、とても楽です。着物を着るためには多くのものが必要で、その荷物を持っての移動は負担となります。

 

<h3>小物のレンタルや購入も可能</h3>

着物を着る際には小物が多数必要になります。特に、下着類や伊達締め、紐類は着る着物によって必要な数が違うなど、自身の持ち物では足りない場合もあります。

 

きものレンタルwargoでは、オプションで小物のレンタルや販売を行っています。必要な小物がセットになって2,000円でレンタルできるプランもあり、手ぶらでお店に行って着物に着替えることも可能です。着ていた洋服や荷物を預かることもできるので、着物姿で大きな荷物を持って移動する必要はありません。

 

何が必要なのか分からず心配であれば、全てを任せてしまうと安心です。

 

<h2>黒留袖とは?</h2>

黒留袖とは五つ紋の入った地色が黒の着物で、裾には絵羽模様と呼ばれる縫い目に関係なく柄が繋がる模様が描かれています。柄には金や銀の色が使われていることが多く、黒とのコントラストが美しいです。

既婚女性の第一礼装として最も格の高い着物で五つの紋を入れますが、レンタルの場合は例えば「五三の桐」など通紋と呼ばれる誰でも使える紋などが予め入っているか、或いは貼り紋というシールタイプの紋を着物の上から貼って対応します。

 

菊と御所車 – 黒留袖(ポリエステル)

9,900円(税抜き)

 

工霞に溶け込む鶴 – 黒留袖(正絹)

19,900円(税抜き)

 

<h2>黒留袖を着る人の立場とシチュエーション</h2>

<h3>結婚式</h3>

近年最も黒留袖を着た女性が見られる場面は、結婚式の新郎新婦の母親方(=主催)です。地域によっては新郎新婦の親族は全員黒留袖を着用するというところもあるようですが、祖母と母以外着てはいけないという地域もあるようで様々です。

また仲人を務める女性(=主賓)もお召しになります。

 

<h3>会社が開催するパーティー</h3>

ご自分やパートナーが会社を経営している、または経営陣の1人であるような場合、会社主催のフォーマルなパーティーでは黒留袖をお召しになります。

格が高い着物なので、カジュアルな雰囲気のパーティではお召しになれません。パーティの主旨や開催場所により見極めが必要です。

 

<h3>結婚式で主賓として着用するかどうか</h3>

職場の上司などが部下の結婚式に主賓として出席する際に、黒留袖を着用する例もあります。しかし、近年主催はあくまで両家であり、主賓が黒留袖を着用するのは少々目立ちすぎでは?考える人もいるようです。ゲストとして主催者と同格の装いをする事を控えたほうがいいかと悩む時は、部下に一声かけた上で三つ紋の色留袖などを着用したりもします。

 

<h2>まとめ</h2>

黒留袖は既婚女性の第一礼装で、結婚式に新郎新婦の親族が着用することが多い着物です。レンタルの相場は2万円前後、安いものでは1万円でもレンタルでき、決して高いものばかりではありません。

着物の価格は、生地の材質や使われている伝統技術、デザインに関わった作家やデザイナーの知名度、国産なのか海外での大量生産品なのかなど、さまざまな理由で大きく異なります。

せっかくレンタルする時は素晴らしい思い出となるよう、充分な下調べと準備をお勧めします。

pixta_41343537_S

黒留袖をレンタルする際に参考にしたい相場価格とは?

特集
view

人気のコラム