袴

【2018年版】袴の柄人気ランキング

特集
view

4月から新しい年度を迎えて早2ヶ月が経とうとしています。 大学生や専門学生の方では今年卒業を迎える方もいらっしゃるのではないでしょうか? 高校卒業以降の卒業式といえば袴を着られる方が多いかとは思います

4月から新しい年度を迎えて早2ヶ月が経とうとしています。
大学生や専門学生の方では今年卒業を迎える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
高校卒業以降の卒業式といえば袴を着られる方が多いかとは思いますが、もうお決めになりましたか?
七五三や成人式で着物を着た経験はあるけど、袴は着たことがないという方のために、今回は人気の柄ランキングをご紹介いたします!

抑えておくと探しやすい!まずは人気の色を確認

柄といっても着物の生地は千差万別。
いきなり柄で探してみてもピンとくるものを見つけるのは難しいでしょう。
ここでまずは卒業式に人気な色をご紹介します。

■赤、白
スタンダードな色はやはり朱と白です。
赤なら伝統的かつオーソドックスですし、白地なら柄がよく目立って華やかです。

■ピンク
女の子らしく袴を楽しみたい方に人気な色です。
濃いピンクならインパクトがありますし、薄い色なら清楚で可憐な印象です。

■緑、からし色
大人っぽく落ち着いた雰囲気に仕上げたい方に人気です。
緑なら花の色とかぶりませんし、からし色なら赤い花がよく目立ちます。

気になる人気の柄ランキングTOP4

【4位】無地

シンプルかつ凛とした雰囲気に仕上げたい方に無地が人気です。
無地と言っても着物に赤やピンク色を持ってくれば可愛らしくなることも可能です。
人気のからし色に黄緑色の袴を併せるのも大人可愛くなれるのでおすすめです。
普段着るには少々派手な色だからこそ、卒業という一大イベントに着たい配色ですね♪

【3位】モダン柄

モダンは現代的なという意味があります。
柄は大きくシンプルで、白と黒、赤と青など、配色のコントラストがしっかりしています。
シンプルな柄に反対の色や濃淡の差が大きい色を使うことで、華やかでモードな印象になれるでしょう。
また、西洋の花やモチーフなどを取り入れて日本風に仕上げているのもモダン柄に当たります。

■幾何学模様
四角や三角が一定の流れを持って展開されていく様はモダン柄のスタンダードなデザインといえるでしょう。
角の多い多角形が並んだ柄は近代的な雰囲気を演出します。

■バラ
バラではありますが、配色によっては一見してバラに見えるものとそうでないものがあるようです。
鮮やかなものもありますが、日本らしさを演出するために淡い色でバラが表現されることもあります。
大きなバラの柄と一緒に花びらが散っているデザインはきらびやかに魅せることができます。

■ハート、蝶

ハートや蝶が柄に入ってくるのはモダン特有です。
小さくハート柄が入っているものもあれば、大きくわかりやすくあしらわれているものもあります。
袴もラブリーに着こなしたい!という方におすすめです。
日本らしい着物の色に現代的なデザインが入っているギャップがまた可愛いです!

【2位】古典柄

日本に古くからある花やモチーフを使用することが多く、日本の文化を感じられる柄と言えるでしょう。
柄一つとってもそこに意味を込めて作られており、日本人らしい風情を感じられる柄です。
伝統的な柄は着物を着ることの少なくなった現在でも愛され続けています。

■菊
菊一つで柄が構成されることもありますが、桜と一緒に散りばめられているデザインもよく見かけます。
2種類以上の花の柄のときに菊がいいアクセントになってより華やかさを楽しめます。
菊は黄色や白のイメージが強いですが、着物では様々な色で表現されたり、着物の地の色で表現されたり多種多様です。

■椿
葉とともに表現されることが多いので、赤と緑の印象が強いです。
椿が赤以外で表現されるときは葉があまり描かれません。
生地いっぱいに椿の花が描かれることも多いので、地の色には白やクリーム色が使われることが多いです。
カラフルにしたい方におすすめです。

■桜紋
卒業シーズンの花といえば桜を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
古くから日本で親しまれ続けている桜は袴のデザインでも人気です。
小さな桜の花がたくさんあしらわれているデザインは可愛らしいですよね。
花びらが散っているデザインは可憐な印象を持たせます。

【1位】大人気!レトロ柄


大正の女学生を思わせるレトロなデザインが人気を博しています。
細いストライプや太いストライプの上に花柄があしらわれていたり、華やかな印象です。
花のデザインも古典柄に比べるとシンプルに描かれることが多く、柄が大きいのが特徴です。

■矢羽根模様
レトロ柄の王道だと筆者は思っています。
朱と白、紫と白の組み合わせが印象的ですよね。

■牡丹
様々な色で表されることが多いです。
牡丹の花言葉は「恥じらい、人見知り」
奥ゆかしい大和撫子を連想させる牡丹の柄はレトロ柄でも古典柄でも親しまれています。

まとめ

女学生の印象が強いためか、レトロ柄の印象が強いという方も多かったのではないでしょうか。
日本伝統の古典柄や以外にもバラやハートを使用したデザインがあることもあるんですね♪
近年、柄のバリエーションは多種多様になり、たくさんの方のニーズに答えられる時代になったように感じます。
学生最後の日に学生だからこそ、自分が本当に着たいと思える一着に出会えるといいですね♡

袴レンタルのご予約はこちら

他にも時間長く遊べて便利な【翌日返却】【他店返却】などもございます☆

詳しくは、HPまたは共通コールセンター☎︎075-600-2830 までお問い合わせください♪

京都、大阪、浅草、鎌倉、金沢で袴をレンタルするなら京都着物レンタルwargo!

ご予約お待ちしております!

皆様のご来店を心よりお待ちしております!

袴

【2018年版】袴の柄人気ランキング

特集
view