こんな時の訪問着は絶対レンタルがおすすめ!【結婚式編】

特集
view
親族・ご友人の結婚式や同窓会など、同じ顔ぶれが自然と集まるイベントは時期が重なりますよね。身近な人の慶事や懐かしい再会の場を、1回1回別の意味あるイベントとして着る物に気を配ろうとすると、着物は、似たような洋装の無地ドレスが主流の中、それだけでも充分差別化できるアイテムです。お持ちの着物を多用すると印象深いだけに別の意味で目立ってしまいますから、適宜レンタルを活用するのが経済的で賢い選択です。 ここでは、幅広い慶事に着られることが多い訪問着について、どんな立場の人が、どのようなシーンで着ることができる着物なのかまとめています。 着物は帯との組み合わせや小物選びが難しいと思う方もいらっしゃるので、訪問着を選ぶ際のポイントと、レンタルがオススメの理由もご紹介してきます。 訪問着のレンタルは、着物をグッと身近にしてくれますよ。  

訪問着とは?

幅広い年代の女性が既婚・未婚に関わらず着用できる礼装が訪問着です。用途も広く使いやすい着物として知られています。   着る人の立場やシーンを決める訪問着の格式は準礼装~略式礼装で、さまざまな式典やパーティに使えるオールマイティーな着物です。紋を入れない方がいろいろなシーンに使いやすいのですが、格調高い柄の訪問着はより格式の高い場面に合うよう紋を入れて格を高くを上げたほうがいい場合もあります。   柄は絵羽模様と呼ばれる柄付けで、縫い目にかかわらず絵が繋がるようになっています。柄が裾だけに入る留袖とは違い、肩から胸、袖にかけて繋がる柄が入っているため、訪問着はより華やかに見えます。    

訪問着を着る人の立場とシチュエーション

友人や同僚の結婚式

訪問着が最も出番の多いシチュエーションは結婚式です。おめでたい古典的な柄のものは年配のご家族からも喜ばれることが多いです。花嫁が振袖や色打掛を着用する場合は、ドレス同様に色が似通わないようにする配慮も必要です。   また親族の結婚式では色留袖など、よりフォーマルなものを着ることもありますが、訪問着も着用可能な場合があります。地域によるしきたりなども含め、新郎新婦やその両親に確認しておくことをオススメします。親族として参列する場合は落ち着いた色味と柄が良いでしょう。  

子どもの入学式、卒業式、七五三など

子どもの式典に付き添う親も、訪問着を着ることができます。この場合は主役は子どもなので、華やかすぎる色や柄は控えます。特に卒業式では他の保護者が紺やグレーなどのダークスーツで出席することを考えると、同様に落ち着いた色味か、春を感じさせる淡い色合いがオススメです。  

同窓会やお茶会

オールマイティーな着物なので、同窓会やお茶会にもぴったりです。訪問着は色や柄が豊富なので、年代や会の雰囲気に合わせて、たくさんの中から選ぶことができるのも良いですね。  

各種パーティー(会社関係含む)

帯より上にも柄があり、華やかな印象を与える訪問着はパーティに向いています。もちろん会社関係のパーティでも着用可能です。  

新年の挨拶

毎年、新年の挨拶には着物を着る習慣があり、気が引き締まるという人もいます。未婚の女性では振袖を着ることも多いようですが、訪問着も着用可能です。特に華やかで、おめでたい柄のものが好まれます。  

結婚式の訪問着はなぜレンタルがいいの?

訪問着を着用するシチュエーションとして子どもの式典や結婚式をご紹介しましたが、同年代の集まるイベントごとでは自然に顔ぶれが決まってきます。 お持ちの訪問着はもちろん活躍してくれますが、顔ぶれの同じイベントが重なる時は、安価に、いつもと違う着物に袖を通すことができるレンタルがオススメです。 さまざまなシチュエーションで着用できる訪問着は、毎年数多くの新柄が登場しますからレンタル店には時代時代のトレンドを反映したデザイン豊富な訪問着が多く揃います。 和服を着慣れない人のちょっとしたそそうにも、洗えるポリエステルの訪問着も豊富で、訪問着はより安価に、便利にレンタルできるようになってきています。   結婚式におすすめの訪問着と帯、バッグ、草履のしつらえ 結婚式というフォーマルな場であることを考えると、流行や華やかさを取り入れつつ、松竹梅に代表されるような吉祥の意味を持つ古典的な柄がメインの訪問着がオススメです。生地の色は淡い色が良く選ばれていますが、ホテルでの式では壁が白い場合が多く、写真を撮影する際は濃い色も映えます。   帯は袋帯を使います。そして慶事には金糸や銀糸を使ったおめでたい印象のものを選びます。帯の柄も古典柄が安心ですが、着物とのバランスを見て着付け師さんに相談して決めたなら必ずしも古典が必須というわけではありません。   またバッグや草履も金や銀を使った礼装用のものを用意します。式がカジュアルであれば色味の入ったバッグもOKですが、厳かな雰囲気の式であれば金や銀のみのものをオススメします。   レンタルであれば帯やバッグ、草履まで着物に合わせてセットになっていることが多いです。当日店舗で着付けてもらうようであれば下見の際にコーディネートする帯や小物などはリクエストすることができるでしょう。宅配サービスを利用してレンタルする場合には帯や小物のチョイスはお店にお任せする場合が多いです。  

まとめ

結婚式は同じようなメンバーで何度も出席することになりますが、洋服でも同じ服で出席しないようにと配慮するのは大変ですよね。似た顔ぶれが集まることの多いイベントに訪問着を着る際は、トレンドを加味したデザインが着られるレンタルを取り入れるのが断然オススメです。   幅広い年代、幅広いシチュエーションで着られている訪問着は現代でも生産数が多く、デザインが豊富。時にブランドドレスなどより安価に、毎回趣向の異なる着物を身に纏うことができるという楽しみもあります。草履やカバン、帯までセットになっているので、どんな物なら失礼にならないのかと心配する必要もありません。   結婚式での着物の着用は、写真が華やかになると親族に喜ばれることも多いです。ぜひ訪問着をレンタルして、気軽に着物を楽しんでみましょう。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す