二分の一成人式とは?内容は何をするの?

特集
view
着物姿の小学生女の子 二分の一成人式とは成人式を行う20歳の半分である、10歳をお祝いすることです。
誕生日とは違う行事で、成人の半分を無事に迎えられたという気持ちがこめられています。

子供の成長をお祝いするイベントで、全国各地の小学校や家庭で行われるようになりましたが、その始まりは1980年ごろだと言われています。
毎年2月1日かその前後が二分の一成人式として決められており、お祝いが行われます。
比較的新しい文化なのでまだ広まっていない地域もありますが、子供と親にとっては大切なイベントになりつつあります。

10歳は大人の考えを持ち始める頃でもあり、大切な時期です。 ですがまだ子供の部分もあり、
二分の一成人式を行うことで「少しずつ大人に近づいている」という事を子供に実感させるイベントでもあります。
子供の成長は節目節目で御祝いしたいものですが、二分の一成人式という新しい行事が増えたことで家族の絆も一層深まります。
中学生で離れ離れになる子供もいるので、友人同士での大切な思い出作りにもなります。
子供の成長を祝い、周りの方への感謝を込めて二分の一成人式が行われています。

二分の一成人式とは何をするの?

成人式にはある程度地域ごとの決まりがありますが、二分の一成人式にもあるのでしょうか。
実は二分の一成人式にはこれといった決まりはなく、それぞれの成長や感謝の思いが伝われば良いのです。
普段なかなか言えない親への感謝の気持ちを手紙で表したり、夢を語ったりと自由です。
20歳の自分に向けてのメッセージや未来に向けてやりたいことを発表するのも良いでしょう。

タイムカプセルを作ったり、生まれてから今までの自分を振り返るなど成長と希望を表現することもあります。
10年という年月の中では苦労や楽しみが多く、振り返ると予想以上に多くの思い出があります。
どのように二分の一成人を行うかはそれぞれの自由なのですが、子供と一緒にお祝いできる大切なイベントなのは確かです。
良い思い出になるように、工夫をこらして楽しく過ごしましょう。

二分の一成人式には何を着れば良いの?

それぞれの学校にもよりますが、制服で出席する所もあれば正装の所もあります。
どのような恰好が良いのかまずは担任に相談し、周りの親の意見も聞いてみましょう。
制服の場合、親はカジュアルな普段着よりは授業参観のように少し綺麗目の恰好の方が良いでしょう。

正装する学校の場合なら、親もあらたまった恰好がおすすめです。
普段ジャージやTシャツで過ごされてる方も多いので、綺麗目な恰好やあらたまった恰好と言われると悩んでしまいますよね。
そんな時にはレンタルが手軽で選びやすいので、ぜひ取り入れてみましょう。

派手になりすぎず、華やかな恰好を簡単に手に入れることができます。
あらたまった恰好なら学校から戻って家族で写真を撮る時にもばっちり決まります。
ヘアメイクに自信の無い方はプロに任せてみましょう。
最も大切なのは、子供が主役であるという事です。 子供よりも派手になりすぎないように気をつけましょう。

学校以外での二分の一成人式は?

テレビやインターネットでも話題になっているため、二分の一成人式が気になる方も多いと思います。
ですが二分の一成人式を行っている学校はまだ少ないため、子供が通っている小学校では行われていない可能性があります。
そんな時には家庭でチャレンジしてみても良いでしょう。 誕生日とはまた違った行事なので、子供にも親にも良い記念になります。
家庭で二分の一成人式を行うとなると、最も人気なのがフォトスタジオでプロに写真を撮ってもらうことです。

小学校の入学式や卒業式で写真を撮ってもらう家庭もありますが、二分の一成人式では衣裳が自由に選べるので楽しさがあります。
洋装ならドレスやタキシード、和装なら着物や袴姿で記念写真を撮れば素敵ではないでしょうか。

子供の自主性を育てる良い経験にもなるので、衣裳選びも任せてみてもいいですね。
サイズの問題もあり、子供用の正装をお持ちでない方にはレンタルが便利です。
きものレンタルwargoでは小学生袴も気軽にレンタルできますので、二分の一成人式を楽しく華やかにお過ごしいただけます。

まとめ

二分の一成人式はまだあまり広まってはいませんが、新しい大切なイベントとして少しずつ認識されています。
10歳という人生の大切な節目なので、家族や友達に感謝を忘れずお祝いしましょう。
成長するという事は簡単なものではなく、10歳にもなると失望や失敗を知っています。

ですがこれからの未来に向けて、夢を持って明るく成長できるようにという願いもこめられているのです。
毎年変化する子供の成長が確信できる良い行事です。
二分の一成人式が子供の学校で行われていないのなら、ご家庭でお祝いしましょう。
大切な記念日であり大事な思い出になるので、せひ取り入れてみましょう。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す