yoru-dazaifu-spot2

夜、着物で行きたい大宰府のお洒落スポット

特集
view

福岡を代表する観光地である大宰府。
学問の神様・菅原道真公が祀られており、受験シーズンにもなると多くの参拝者が訪れる事で有名ですよね。
 
また、道真公は梅をこよなく愛していたことでも知られ、大宰府天満宮には約200種類、約6,000本もの梅が植えられている、梅の名所でもあります。
歴史と自然あふれる大宰府。夜に散策したい名所やイベントがいっぱいです♪
 
今回は、夜、着物で行きたい大宰府の観光スポットをご紹介していきます。
 

梅が枝餅


大宰府天満宮へ続く参道には、ずらりと甘味処があり、必ずと言っていいほどこの「梅が枝餅」が売られています!
梅が枝餅は粒あんの入った手焼きのまんじゅうで、梅肉は入っていませんが、表面の梅の刻印が特徴です。
 
その中でも今回は、18:00まで営業されている「かさの家」をご紹介します。
こちらは、昼間には行列もできるほどの人気で、創業は大正時代11年の名店です。
 
パリパリの香ばしい皮に、ホカホカのあんこ。
夜の寒い時間帯、焼き立ての梅が枝餅を食べ歩きしてはいかがでしょう♪
ちなみに福岡県人はお土産用に買って、レンジで温めて食べるのがデフォルトみたいです(`・ω・´)
 
 
〈かさの家〉
住所:福岡県太宰府市宰府2-7-24
営業時間:9:00~18:00
電話番号:092-922-1010
 

大宰府天満宮


大宰府に来たからには、やっぱり行きたいのは「太宰府天満宮」ですよね。
 
こちらは少し遅い時間に来ても大丈夫です!
日没後は外灯が設置されるので、ライトアップされた梅の花を楽しむ事ができます♪夜は人混みも少なく、気がねなく写真を撮ることができます。
幻想的な梅を背景に、着物姿で一枚!なんていかがでしょう♪
 
特に梅の花が満開になる「3月上旬」は見ごろですよ(^O^)
7月の24・25日には「夏の天神祭り」というお祭りもあります。
 
25日の夜には「千灯明(せんとうみょう)」という、天神様の御神霊をお慰めする神事が行われます。
約1,000本ものろうそくが境内に灯る光景は、まさに圧巻です!
 
また、両日の夜に「ゆかたコンテスト」が行われ、浴衣姿で盆踊りを踊る姿が審査されます。
夏祭りが大好きという方は、ぜひ浴衣姿で参加してみては♪
 
 
〈大宰府天満宮〉
住所:福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号(西鉄太宰府駅から徒歩5分)
閉門時刻:4~11月19:00  6~8月19:30 12~3月18:30
毎週金・土曜日 20:00
電話番号:092-922-8225(9:00~17:00)
 

宝満宮竈戸(かまど)神社


大宰府駅からバスで約10分の場所には、縁結びで知られる「宝満宮竈門神社」があります。
「100年後のスタンダード」をコンセプトに、世界的なインテリアデザイナー片山正通さんが設計された「お守り授与所」が有名です!
 
円卓上の建物内にはピンクの大理石が散りばめられており、売られているお札やお守りも可愛らしいものばかり。
見ているだけで恋愛運が上がりそうですね!
 
また、もみじに囲まれた境内は紅葉スポットとしても大人気。
特に11月15日から12月1日(日没~21:00)は毎日ライトアップが実施されているのでオススメです!
 
奥には大宰府の街を一望できる展望舞台もあり、ゆっくり時間を過ごしたい方はぜひ行ってみてくださいね♪
 
 
〈宝満宮竈戸神社〉
住所:福岡県太宰府市内山883
参拝時間:自由。(お守り授与所は8:00~19:00)
電話番号: 092-922-4106(9:00〜17:00)
 

梅酒


梅の名所・大宰府の夜は、やっぱり梅酒を飲みたくなりますよね♪
 
ところで、梅酒には美容効果があるって知っていましたか?
アルカリ性の梅には血液をサラサラにしてくれる美肌効果があり、含まれるクエン酸には脂肪燃焼を促すダイエット効果もあるんです♪
 
大宰府では、ほとんどのお店で梅酒を扱っていますが、
今回は「梅の花 大宰府別荘 自然庵」をご紹介します。
 
こちらは創作懐石料理のお店で、ヘルシーな湯葉や豆腐料理が名物となっています。
中でも人気メニューは「湯葉揚げ」です。
やさしい甘さの湯葉と、酸っぱい梅酒の組み合わせなんてたまりませんよね ♪(*^^)o凵
 
もちろんお酒が苦手という方も大丈夫。
ノンアルコールの完熟梅ドリンク(アイス・ホット)などのドリンクメニューも豊富です。
店内は、美しい庭園が見渡せる純和風になっていますので、ぜひ着物で訪れてみてください!
 
 
〈梅の花 太宰府別荘 自然庵〉
住所:福岡県太宰府市宰府4-4-41 太宰府天満宮裏隣
営業時間:16:30~21:00(L.O.20:00)
電話番号:050-5456-1025
 

まとめ

 
焼き立ての梅が枝餅を食べながら、幻想的な夜の神社を巡り、最後は美味しい梅酒を堪能♪、
今回は夜、着物で行きたい大宰府の観光スポットをご紹介しました。
ぜひ素敵な着物姿で、歴史情緒あふれる梅の名所・大宰府の夜を散策してみてはいかがでしょう♪
 
着物レンタルwargoでは2980円と大変リーズナブルな価格でレンタル可能なので、是非お近くの店舗にお立ち寄りください♪

基本情報

夜、着物で行きたい大宰府のお洒落スポット
  • 京都府京都市左京区銀閣寺町2
  • 3~11月 8:30~17:00
    12~2月 9:00~16:30
  • 075-771-5725
yoru-dazaifu-spot2

夜、着物で行きたい大宰府のお洒落スポット

特集
view

今すぐカンタン! Web予約