image1-min

雨が降ったらココに行こう!大宰府の屋内観光スポット

特集
view

「雨が降ったらココに行こう!大宰府の屋内観光スポット」
 
今回は雨の日でも楽しめる大宰府の屋内観光スポットをご紹介します。
 
福岡県太宰府市といえば、新元号「令和」ゆかりの地として話題になりましたよね!
「大宰府天満宮」は、学問の神様、菅原道真が祀られていることが有名で、趣のある参道を散策される方も多いと思います。
 
でも、大宰府の楽しみ方は神社の参拝だけではありません、屋内にも楽しめるスポットがたくさんあるんですよ♪
 

九州国立博物館


一つ目の屋内観光スポットは、太宰府天満宮から徒歩10分の位置にある「九州国立博物館」。
 
こちらは東京・奈良・京都に次ぐ4番目の国立博物館として2005年に開館しています。
ガラス張りの曲線には周囲の木々が写り込んで、とても美しい外観ですよね♪
ついつい写真に収めたくなるスポットです( ̄▽ ̄ )
 
「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える博物館」をコンセプトに、旧石器時代から近世末期までの日本の文化形成についての展示があります。
その数なんと、国宝3件、重要文化財4000件以上!
さらに特別展も常時開催されているので、一日回っても楽しめそうなボリュームです!
 
また、一階にはコインロッカーと荷物預かりサービスがあり、どちらも無料です。
 
安心して館内を回れるのも嬉しいですよね♪
 
鑑賞に一息入れたいという方には、併設されたレストラン・カフェもイチオシです!
ホテルニューオータニ博多直営のレストランでは、四季折々の食材と、特別展にちなんだオリジナルメニューを味わう事が出来ます。
 
雨の日は、学問の神様・菅原道真公のもとで、歴史の勉強をしてみてはいかがでしょう♪
 
 
〈九州国立博物館〉
住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2
開館時間:日・火~木曜日 9:30~17:00  金・土曜日 9:30~20:00
観覧料:大人430円 大学生130円 高校生以下 無料
電話番号:090-918-2807 (レストラン・カフェ 092-918-7822)
 

大宰府展示館


続いてご紹介するのは、西鉄都府楼前駅から徒歩で15分の位置にある「大宰府展示館」です。
 
その昔、「遠の朝廷(とおのみかど)」と呼ばれていた大宰府は、隣国との防衛の要であり、九州の政治的な中心でもありました。
こちらでは当時の貴重な遺跡や、再現したジオラマなどが展示されています。
特に「令和」の典拠となる短歌が詠まれた「梅花の宴」を、博多人形を使ったジオラマ展示は見どころです♪
 
館内にはボランティアガイドさんもいて、分かりやすく案内してくれるので安心ですよ!。
 
 
〈大宰府展示館〉
住所:福岡県太宰府市観世音寺4-6-1
開館時間:9:00~16:30 月曜休館
入館料:大人200円 高・大学生100円 中学生以下 無料
電話番号:090-922-7811
 
 

味の明太子 ふくや 大宰府店


福岡観光で食べたいものと言えばやっぱり明太子。たくさん勉強したあとは、やっぱりお腹がすきますよね♪
 
今回は「味の明太子ふくや 大宰府店」をご紹介します!
実は、日本で初めて明太子を売り出したのが、この「ふくや」なんです。
 
大宰府店では、フグのお出汁をつかった、絶品の「明太茶漬け」がいただけます。
しかも、お出汁とご飯のおかわりは無料!白いご飯が大好きな方にはたまりませんよね(*´∀`)
カフェスペースは和風の作りなので、着物姿もよく合うとおもいますよ♪
 
また店頭では「めんべい」(明太子が練り込まれたせんべい)も販売されています。福岡土産としてぜひオススメです!
 
 
〈味の明太子 ふくや 大宰府店〉
住所:福岡県太宰府市宰府3-2-47
営業時間9:00~17:30(カフェ:10:00~16:30)
電話番号:10:00~16:30
 

大宰府参道 天山


大宰府天満宮の約400mの参道には数多くの甘味処があり、ぜひ和スイーツを味わってみたいところです。
 
そこで、もなかの専門店「大宰府参道 天山」はいかがでしょうか。
店内のイートインスペースでは、名物「鬼瓦最中」が味わえます♪
また、11月下旬から3月は期間限定で、あまおういちごの大福を、最中の皮で挟んだ「あまおういちご大福最中」がオススメです!
 
パリッとした最中の皮に、いちごの甘さがよくマッチした一品です。
また、夏場にはあまおういちごのアイスキャンディーも販売されており、こちらも苺好きには要チェックです(`・ω・´)
 
 
〈大宰府参道 天山〉
住所:福岡県太宰府市宰府2-7-12
営業時間:8:30~17:30
電話番号:0120-103-015
 

まとめ

 
今回は雨の日でも楽しめる大宰府の屋内観光スポットをご紹介しました。
もちろん、「大宰府天満宮」に雨の中を参拝するのも、風情があっていいと思いますよ!
晴耕雨読♪雨の日は仕事を忘れ、古都大宰府でゆっくりと歴史を感じてみては♪
 
きものレンタルwargoでは、手ぶらでお越しいただけるようお着物だけでなく小物類も取り揃えております。
2,980円からお楽しみいただける人気のスタンダードプランだけでなく複数あるプランからお好みのものを選択していただけます♪

基本情報

雨が降ったらココに行こう!大宰府の屋内観光スポット
  • 京都府京都市左京区銀閣寺町2
  • 3~11月 8:30~17:00
    12~2月 9:00~16:30
  • 075-771-5725
image1-min

雨が降ったらココに行こう!大宰府の屋内観光スポット

特集
view

今すぐカンタン! Web予約