吉岡2_1

浴衣で巡りたい観光地と言えば京都!京都駅周辺の8月おすすめのイベント一挙紹介

特集
view

夏本番の8月、花火大会・夏祭り・盆踊りからサマフェスまで彼氏とのデートやクラス・サークルのみんなでお出かけするのに、涼しげな浴衣姿がピッタリなイベント目白押しの季節ですね!

浴衣で巡りたい観光地と言えば何と言っても京都!今回は電車もバスも交通至便な京都駅周辺の8月のイベントを集めてみました!!

 

2019 びわ湖大花火大会

開催期間:2019年8月8日(木)

開催時間:19:30~20:30

開催場所:県営大津港沖水面一帯(郵便520-0047滋賀県大津市浜大津)

アクセス:京阪電車・びわ湖浜大津駅から徒歩約4分、JR琵琶湖線大津駅・JR琵琶湖線膳所駅から徒歩約15分、JR湖西線大津京駅から徒歩約10分

 

日本最大の湖「琵琶湖」で催されるびわ湖大花火大会は、京都駅から30分で行ける立地の良さで滋賀県民はもとより京都府民、ひいては京都観光の夏の立ち寄りイベントとして観光客の方にも大変オススメです。

 

打ち上げ数10,000発、例年約35万人の見物客を集める大花火大会!湖上に打ち上げられる花火は湖の周囲360度どこからでも見物できるから、穴場を見つければもみくちゃにならず悠々花火見物できる点も非常に魅力的。大空にまあるく立体に咲く花火の光が反射した湖面に目を移せば遊覧船の姿も!事前の計画が可能ならぜひ乗ってみたいものですね。日本の花火は海外の花火とは一線を画す繊細な技術が外国人の方にも人気です。海外からお友達を迎える方には特に、アテンドすると喜ばれるイベントの1つですよ!!

亀岡平和祭保津川市民花火大会

開催期間:2019年8月11日(日)

開催時間:19:30~

開催場所:大堰川緑地東公園、保津大橋橋上会場(〒621-0005京都府亀岡市保津町)

アクセス:山陽本線・亀岡駅より徒歩約15分

 

世界の恒久平和を願う平和祭の夜のイベントである保津川市民花火大会も、京都駅から30分で行ける夏のイベントです。夏に花火大会を催すことの起こりは、徳川幕府第8代将軍であった徳川吉宗が、享保の大飢饉と江戸で発生したコレラにより多くの死者が出た際、鎮魂と悪霊退散の意で行った水神祭だそうですから、主旨に叶う意味深い花火大会です。

 

打ち上げ数8,000発、例年約10万人の見物客を集める、京都府でもNo.2の人気を誇る花火大会!関西一円でもとても珍しい「特選玉」なる日本煙火協会推薦の花火を目にすることができるほか、河原には150の出店が軒を連ね、浴衣でおめかしして出かける価値充分です♪このイベントへの参加を機に、今が平和であることへの感謝と、この平和を絶やさぬことへの意識に触れてみてはいかがでしょうか。

伏見万灯流し

開催期間:2018年8月4日(土)

開催時間:18:30~20:00

開催場所:寺田屋浜(〒612-8043京都府京都市伏見区南浜町)

アクセス:近鉄電車・桃山御陵前から徒歩約15分、京阪電車・中書島駅から徒歩約10分

 

日本が明治という新しい時代を迎える折に犠牲となった人々への慰霊法要の意味で、宇治川派流である伏見城の外堀(濠川)に約1,000基の灯籠を流して献灯するイベント。お盆の先祖供養と家内安全の祈願も兼ねています。

 

京都駅の南側にある観光スポットとしては最も有名とも言える伏見稲荷大社とセットで半日観光ルートを組むのがいいかもしれません。駅前からはじまる参道?を含めた伏見稲荷大社だけでも結構歩きでがあること、また万灯流しが行われるエリアはこの時期伏見酒蔵通灯ろうライトアップ中で、月桂冠大倉記念館やキザクラ カッパ カントリーなど利き酒もできる酒造巡りができることから、この2箇所を巡ればあっという間に日も暮れるというわけです。

五山送り火

開催期間:2019年8月16日(金)

開催時間:20:00~

開催場所:京都市・市内各所

アクセス:JR京都駅から

 

五山送り火は、葵祭・祇園祭・時代祭とともに数えられる京都四大行事の1つです。京都駅を背にして右手から反時計回りに、20時に大文字山に「大文字(大)」、20時5分に西山と東山に「松ヶ崎妙法(妙・法)」、20時10分に船山に「舟形万灯籠(舟形)」、20時15分に左大文字山に「左大文字(大)」、20時5分に曼陀羅山に「鳥居形松明(鳥居形)」の点火がはじまります。

 

大文字は丸太町大橋〜御薗橋の鴨川堤防、妙は京都ノートルダム女子大学にほど近い北山通、法は高野橋北の高野川堤防、舟形は北山橋北西の北山通、左大文字は西院〜金閣寺の西大路通、鳥居形は松尾橋や広沢の池などが送り火のよく見える場所ですが、浴衣でおめかしして出かけるなら、街中からでもホテルの屋上ビアガーデンで充分送り火見物できますよ!お精霊さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるための送り火、当初は点火の時間もまちまちだったそうですが、1963年には観光業界の要請により上記の時間で点火されるようになったそう・・・ちょっと趣を欠きますが、年間の観光客数が5000万人以上にのぼる京都だけに仕方ない&嬉しい変化とも言えますね。

京都駅周辺、8月開催のイベントまとめ

いかがでしたか?

 

やっぱり夏は花火やライトアップイベントがとっても多いですね。この時期はお盆休みを利用してお出かけの方も多いことと思いますが、地元に帰っても、観光地に出向いても、今は亡き人々へ思いを馳せるという先人の、光の催しに込められた思い・意味を知った上で参加することが大事ではないでしょうか?日本の夏はやっぱ浴衣です!京都駅前で浴衣をレンタルして素敵な京都を満喫してください。

基本情報

浴衣で巡りたい観光地と言えば京都!京都駅周辺の8月おすすめのイベント一挙紹介
  • 京都府京都市左京区銀閣寺町2
  • 3~11月 8:30~17:00
    12~2月 9:00~16:30
  • 075-771-5725
吉岡2_1

浴衣で巡りたい観光地と言えば京都!京都駅周辺の8月おすすめのイベント一挙紹介

特集
view