images (1)

浴衣で巡りたい観光地と言えば祇園!7月おすすめのイベント一挙紹介

特集
view

雨が降って寒くなったかと思えば、急に日差しが強く暑くなったり、

気温がガタガタな日が続いていますが皆様体調いかがでしょうか?

 

これから様々なイベントがあるのに体調なんて崩してられないですね。

さて、これからの季節着物はちょっと暑いですよね…

それなら浴衣ですよね!

今回は、浴衣で行ったら楽しそうな祗園周辺のイベントをまとめました!

 

京都府立植物園のヒマワリ

京都府立植物園のひまわりは種類がたくさんあることが特徴です。

普段見慣れているひまわりは黄色が主ですが、こちらの植物園では黄色以外のひまわりの栽培もされています。

綺麗な赤色が印象に残る「ムーランルージュ」「プラドレッド」、ダークな赤色の「ココア」、赤色と黄色のコントラストが面白い「フロリスタン」などの見たことのないひまわりに出会うことが出来ます。

また、形が少し変わっている「ダブルシャイン」や「モネのひまわり」なども見ることが出来ます。

約30品種500株のヒマワリを見ることができるのはもちろん、熱帯植物を植栽している観覧温室、洋風庭園、沈床花壇、なからぎの森や植物生態園などもあるので、園内散策が楽しめます。

7月26日~8月18日は、7時30分から早朝開園も行われるそうです。(8月2日~6日の朝顔展は7時から開園)

お昼頃ですと日差しも強く暑いので、朝の時間帯ですと涼しく散策を楽しめるのではないでしょうか。

開催期間

2019年7月中旬~8月下旬

開催場所

京都市 京都府立植物園

京都府立植物園 夏の早朝開園

夏の朝の清々しいひと時を楽しめる早朝開園が、京都府立植物園で行われます。

園内にはたくさんの木々が植えられていて、木陰も多く風が吹くと涼しくて気持ちいいです。

7月5日から7日までは、鉢植えの蓮と碗蓮約180鉢を展示する「観蓮会」が行われます。

午後には花が閉じてしまいますが、花が開いている午前中は、辺り一帯に蓮のいい香りがするそうです。

また、期間中は職員による蓮の紹介なども行われる予定です。

8月2日から6日の7時から12時には、京都独特の「数咲き作り」など延べ1000鉢を観賞できる「朝顔展」が行われます。

朝顔は道端でもよく見かける夏の花ですが、朝顔展は「変化朝顔」(変わり咲き朝顔)と呼ばれている少し違った朝顔を集めた展覧会となっています。

なかでも京都府立植物園の「朝顔展」は、植物園が行うものとしては西日本最大級の規模と内容を誇ります。

開催期間

2019年7月5日~7日、26日~8月18日

開催場所

京都市 京都府立植物園

 

風祭り

風祭りは、涼しげな音色で涼を運ぶ風鈴を飾り、夕涼みを楽しむ催し。

本堂に安置されている御本尊、閻魔法王像がライトアップされ、夜間特別拝観が行われる。

本堂前にて梶の葉に願い事を書いてご祈祷を受け、祈願する「梶の葉祈願」やお香の香りを楽しめる「聞香」等が体験できます。

境内は浴衣や着物姿の人たちでにぎわい、最終日は古くなった風鈴を法要する「風鈴供養会」が行われます。

日程

201971日(月)~15日(月)

時間

本尊開扉 18:30(18:00より受付)~ 21:00

料金

参加料 大人1,000円 中学生以下600円

場所

千本ゑんま堂

 

貴船の水まつり

古くからの雨乞い神事に由来するもので、水の恵みに感謝の気持ちを捧げ、

今年、一年間の降や晴天の恵みを願うお祭りになっています。

祭典では、水とが深く最も手近であるという由縁でお茶を点てて御神前に捧げる献茶式。

天の恵みに感謝し捧げられる舞楽。

古式作法で調理した料理を神前に奉る式庖丁の三つの儀式が行われます。

どれも神聖な儀式になり荘厳な雰囲気に包まれます。

日程

201978日(月)

時間

10:00~12:00(雨天決行)

料金

無料(参拝自由)

お茶席 3000円

 

七夕祭り

毎年7月7日の七夕の日に行われ、本殿前にはたくさんの願い事の書かれた短冊が取り付けられた笹竹が掲げられます。

日没後は、拝殿がライトアップされ奉納行事も行われます。

多くの願い事を掛けられた笹竹もライトアップされ圧巻です。

同イベント内では灯篭流しも行われ、まるで地上に天の川が下りてきたかのような幻想的な景色になります。

浴衣での参拝者も多くお願い事が叶いやすくなるかもしれませんね。

日程

201977日(日)

場所

松尾大社

料金

無料

祈願料 1,000円

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏始まりの7月の定番から、京都祇園ならではのイベントをまとめました。

どれも京都祇園を満喫できるイベントとなっています。

浴衣を着て行けば楽しさ倍増とともにフォトジェニックな写真も取れるスポットをピックアップさせていただいたので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

浴衣レンタルのご用命は、可愛い、丁寧、リーズナブルなwargoにぜひお任せください♪

 

きものレンタルwargoは、京都最大級の7店舗を市内に構え、今回ご紹介させていただいた観光スポットの近くにも店舗がございます。

着物レンタルは着付け、小物、ヘアセットがついて2,900円~で、当日予約・飛び込みもOK!手ぶらでお越しになられても大丈夫ですので、ぜひお気軽にお越しください!

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

基本情報

浴衣で巡りたい観光地と言えば祇園!7月おすすめのイベント一挙紹介
  • 京都府京都市東山区大和町7祇園四条十彩ビル3階
  • 3~11月 8:30~17:00
    12~2月 9:00~16:30
images (1)

浴衣で巡りたい観光地と言えば祇園!7月おすすめのイベント一挙紹介

特集
view