trendy-coordination3-min

浅草女子旅でおすすめの着物レンタル!流行りのコーデもご紹介

特集
view

浅草は世界にも知られた有名観光地。
そのため、「浅草ビューホテル」をはじめとした有名ホテル、どこか懐かしさを感じる旅館に宿屋など、さまざまな宿泊施設にあふれています。
 

最近は「Nunka Hostel Tokyo」や「IZA 浅草ゲストハウス」のような格安でおしゃれゲストハウスも増えているので、女子旅には最適かもしれませんね。
そんな浅草で、日帰り旅でも宿泊しても観光を楽しめるのが着物レンタルです。
こちらでは浅草観光で流行りの着物コーデをご紹介したいと思います!
 

着物にマッチ!可愛さアップの秘訣は狐のお面にあった?

子供の頃、縁日で売っていたお面にドキドキしませんでしたか?
アンパンマンやドラえもんのお面も、洋服より着物や浴衣の方が違和感がなかったと思います。
 

だからではありませんが、浅草では着物姿に合わせてお面を被るのが大流行しているようです。
……と言っても、主流はやはり「狐のお面」。
時代劇などで見かける、顔に模様が入ったいわゆる“お稲荷さん”のような狐面、これが着物姿をさらに可愛くさせてくれるのです。
 

浅草寺は観音さまを祀るいわゆる“お寺”ですが、敷地内には「浅草神社(あさくさじんじゃ)」をはじめとした神社やお堂がいっぱいあります。
石の鳥居を持つ「被官稲荷神社は不思議な怖さがありますし」、浅草寺の裏手にある「銭塚地蔵堂」はうっそうと茂った木と赤いのぼり旗が着物と狐面に合うため意外なスポット。
 

また去年、爆発的な人気となった『鬼滅の刃』の影響を受けてか、テレビアニメが放映された頃から浅草で狐面をつけた若い女性が増えたようにも思えます。
狐面はスタンダードな白、神秘的な黒、人目をひく赤、さらにマスカレード風なものまであるので、着物と一緒に楽しんでみて下さいね。
 

お友だちと一緒に双子コーデにチャレンジ!

もし、仲の良いお友達と来たのなら、「双子コーデ」はいかがでしょう?
同じ柄の色違い、着物はお揃いなのに帯の色が違うなど、双子コーデには色々な楽しみ方があるんです。
 

最近は同じお揃いのコーデでなくとも、髪飾り、レースの半襟、帯止めといった小物などであわせた「リンクコーデ」も流行のようです。
これらのコーデは一緒に並べばインスタ映えもするし、お友だちともさらに仲良くなれるかもしれませんね。
 

もちろん、お母さんと一緒に双子コーデをしてもいいですし、小さなお子さんとお揃いも可愛いです。
大好きな誰かと一緒に、お揃いのコーデにチャレンジしてはいかがですか。
 

袴やブーツのはいからコーデで大正ロマンを感じてみる

女子大生が卒業式などで着る袴姿。卒業証書を片手に、頭に大きなリボンや飾りを付けた姿はとても素敵ですよね。
この姿「はいからさんコーデ」とも呼ばれていて、名付け元は大正時代を描いた『はいからさんが通る』という漫画のようです。
作中で主人公の女学生が長い髪にリボンを付けて、当時の女性としては珍しい袴とブーツ姿でした。
 

実はこのコーデ、今も昔も女性に人気で、特に卒業シーズンになると浅草のあちらこちらで見かけます。
オーソドックスなはいからさんコーデ以外に、夏目漱石が書いた『坊ちゃん』に登場する“マドンナ”のように白いレースの日傘を差したり、ベレー帽を被ってみたりと、さまざまなアレンジが楽しめます。
 

日差しを避けながら和傘で女性らしさを演出

これからの季節、日差しが強くなるので日傘が活躍しそう。
そこで、ふつうの生活では使うことのない「和傘」を差してみてはいかがでしょうか?
 

大きな和傘を持つのは慣れないと大変ですが、今は和傘を模した小さな日傘タイプもあるので、そちらは気軽に使えます。
「伝法院通り」や浅草寺の境内などでは、和柄の傘は風情あるアイテムとして活躍すること間違いなし。
浅草では毎年5月頃から、日傘を差す着物姿の女性をちらほら見かけ始めます。
 

また、きものレンタルwargo姉妹店「北斎グラフィック」では、オリジナルのモダンな和傘なども販売しているので、覗いてみてはいかがでしょうか?
 

夏季限定の浴衣で浅草散策

7月1日から8月31日までの夏季限定で、レンタル着物は「浴衣」を楽しむことができます。
浅草寺は緑も多く、隅田川から涼しい風が運ばれてくる浅草。
ですが、周囲を高い建物が密集し人も多いので、場所によっては夏の暑さはそれなりに厳しいものに。
 

でも、浴衣なら着物よりも布地が薄いですし、今の製品は風通しや吸汗機能も高いので快適です。
さらに、浴衣は可愛い柄も多いので、あれこれ選ぶうちに目移りしそう。
 

夏の浅草は「ほおずき市」、「隅田川花火大会」、「下町七夕まつり」など、お祭りが目白押し!
カランコロンと下駄を鳴らしながら、お気に入りのコーデで浅草散策を楽しんで下さいね。
 

まとめ

浅草観光で人気の着物コーディネイトについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
 

きものレンタルwargo東京浅草店では着物はもちろん、夏シーズンには浴衣のレンタルも小物コミのフルセット2,980円からご提供しております!
記事内で取り上げた大正ロマン着物や和傘のオプションもご用意しておりますので店舗のページもチェックしてみてくださいね^^

 

基本情報

浅草女子旅でおすすめの着物レンタル!流行りのコーデもご紹介
  • 京都府京都市左京区銀閣寺町2
  • 3~11月 8:30~17:00
    12~2月 9:00~16:30
  • 075-771-5725
trendy-coordination3-min

浅草女子旅でおすすめの着物レンタル!流行りのコーデもご紹介

特集
view

今すぐカンタン! Web予約