振袖は結婚式ならレンタルがお得でオススメ!

振袖と言えば、多くの女性が成人式で着る機会があったとおもいます。せっかく独身時代しか着られない着物ですから「結婚式にも着て行きたい」と思う方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回は、結婚式におすすめのレンタル振袖や、振袖の基礎知識、どうしてレンタルがおすすめなのか、振袖に合う小物類など詳しくご紹介していきます。    

振袖とは?

まずは知っているようで知らない、振袖という着物についてご説明します。 振袖とは、未婚女性の第一礼装で、絵羽模様(えばもよう)と長い袖が特徴の着物です。絵羽模様とは、縫い目で模様が途切れることなく、まるで一枚の絵のような華麗な模様のことです。留袖は裾にしか模様が入っていませんが、振袖は着物全体に模様が入る「総模様(そうもよう)」で仕立てられます。 また、振袖は袖が長いほど格式が高く、大振袖(本振袖)と呼ばれるものは袖の長さが114~124cmもあり、花嫁衣装や成人式などに使われます。  

振袖を着る人の立場とシチュエーション

  (誰がどんな立場で着る) 基本的には未婚女性が着るもので年齢制限はありませんが、一般的には10~20代までの女性が着るものとされているようです。 また振袖は、結婚式では親族でも友人でも着ることができます。ただ花嫁様が和装の結婚式や披露宴に振袖で出席する場合は、大振袖より袖の短い中振袖か小振袖を着ることで、花嫁様と同格にならないことに配慮するのがよいでしょう。 また卒業式袴などで着る小振袖には小紋柄といって小紋(和装の普段着)のように柄に天地がなく、縫い目を跨がない柄付けのものがあります。小紋柄は小振袖であっても結婚式に着ていくには格が低いので、宅配レンタルを利用する場合など、小紋柄か絵羽模様か身近に判断できる人がいないようであれば、中振袖から選んでおくのが無難です。   (どこに着ていく) まずは卒業式。大学や専門学校の卒業式に、袴とブーツを合わせて出席する女性が多く見られます。成人式用に購入した振袖にレンタルの袴を合わせてもいいですし、袖の短い小振袖と袴のセットも素敵です。 婚約の儀式である結納にも振袖はぴったりです。ただし、結婚相手の男性や出席する家族との調和がとれるよう、事前に服装のすり合わせをしておいたほうがいいでしょう。 また、初詣に振袖を着て行くというのも日本らしくて素敵です。新年から正装をすることで、気持ちが引き締まるのではないでしょうか。 振袖は他にも、授賞式や祝賀会、正装して出席するようなパーティーにも着て行けます。    

結婚式に着ていく振袖はなぜレンタルがいいの?

結婚式に振袖を着て行きたいなら、レンタルをおすすめします。理由は、安価でデザインが豊富であり、顔ぶれの重なることが多い機会ごとに違ったものが選べるからです。 振袖を購入するとなると最低でも10万円は予算しておきたいものですが、レンタルであれば2万円程度からとリーズナブルで、成人式前後でなければ安価にレンタルができるのです。 なぜこんなに低価格かというと、振袖は着物の中で最も需要があるため供給も多く、また以前は100%絹で織られた正絹(しょうけん)が主流でしたが、現在は安価でメンテナンスがしやすいポリエステルの振袖が多くつくられるためというのが主な理由に挙げられます。 レンタル店の振袖は所謂呉服屋に負けないデザインの豊富さです。お店にもよりますが100種類以上から選ぶことができ、毎年新しい柄の振袖が出ます。さらに年によって流行りの柄も違いますので、レンタルなら最新の流行柄を着ることもできます。    

結婚式におすすめの振袖と帯、バッグ、草履のしつらえ

  (振袖) 色はピンク・赤・オレンジといった女性ならではの華やかで目立つ色が人気です。もし、花嫁や出席者と色が被るのが心配であれば紫や黄色、緑色を選ぶといいでしょう。 柄は定番の花柄から縁起のいい古典柄、一味違った印象のモダン柄から好みに合わせて選びます。 花柄には桜、牡丹、菊などがあるので、季節に合うものを選ぶといいでしょう。古典柄は慶事にふさわしく、鶴、亀、おしどりなど、それぞれに意味のある縁起のいい柄で、結婚式には無難と言えます。   (帯、バッグ、草履) 振袖の帯は、袋帯です。色は振袖に入っている1色をベースにしたもの、柄は縁起のいいものや華やかなものを選ぶことで全体の調和がとれます。レンタルであれば、当日お店で着付けてもらう場合には予め下見で着物を選ぶ際に着付け師さんに相談することもできます。宅配サービスを利用してネットで着物を選ぶ場合は、業者で合わせて送られてくる場合が多いので迷う工程がそもそもありません。   バッグと草履は、セットになっているものがおすすめです。ご自身で選ぶ必要がある場合には、振袖の柄とちぐはぐにならないようにしましょう。例えば、振袖が花柄でバッグ・草履がモダン柄というのはバランスがよくありません。色に迷った場合はベージュ系を選ぶと、全体の印象がまとまります。白や金、銀をベースにしたものだとゴージャス感が増し、格式高い場にふさわしくなります。  

まとめ

ここまで、振袖について色々な視点でご紹介してきました。「レンタル振袖に興味があるけど不安がある」という方が一歩踏み出せる手助けになっていれば幸いです。 レンタル振袖は手軽で安価、種類も豊富ですから利用しない手はありません。ぜひ、次のお呼ばれ結婚式に活用してみてはいかがでしょうか。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す