卒業式の袴に合わせて履くのは草履?それともブーツ?

特集
view
卒業式の女性の衣装として定番なのが袴です。凛とした雰囲気が素敵な袴ですが、合わせる小物などは振袖とは違うところがあります。中でも悩むのが足元ではないでしょうか?着物の足元といえば草履ですが、袴の時はブーツを履く方もいます。それでは袴の足元にふさわしいのは草履とブーツのどちらなのでしょうか。そこでこの記事では、袴には草履とブーツどちらがよいのか、それぞれのメリットデメリットや、履いたときの注意点などをご紹介します。  

草履を履くときのメリット、デメリット

袴姿に草履を合わせる時のメリットは、なんといっても脱ぎ履きのしやすさです。草履は足を覆わないため、さっと脱いだり履いたりできます。また、どのような着物や袴を選んでも草履は合わせやすく、上品に見えます。   袴にブーツを合わせるスタイルが登場したのは明治時代のこと。もともと袴の足元は草履でした。そのため古典的な着物や袴にも草履は合わせやすいのです。さらに鼻緒の柄や表の色味もコーディネイトが楽しめるというメリットもあります。   草履のデメリットは履きなれていない方にとっては歩きにくいということです。普段履いている靴とは違い、草履は慣れていない方には歩きにくく感じたり、足が痛くなったりすることもあります。また、雨の日や雪の日などは足元に水が飛びやすく、足袋が濡れてしまうこともデメリットの一つに挙げられます。  

ブーツを履くときのメリット、デメリット

ブーツには歩きやすいというメリットがあります。普段の足元と同じなので、歩きやすいですし、雨や雪の日でも水が足に直接触れにくくなっています。   ブーツはヒールがあるため、背が高くスタイル良く見えることもメリットです。草履はフラットで底の厚みもあまりありませんが、ブーツはヒールの高さが選べるので、足が長く見せることができます。そのためスタイリッシュな雰囲気に仕上げたいならブーツを選ぶのもおすすめです。   デメリットは着脱に手間がかかるということです。脱ぐ時も履くときもジッパーを上げ下げしなくてはなりません。慣れない着物では、立ったまま脱ぎ履きすることは難しく、座ってジッパーを下ろすだけでも大変です。   また着物のデザインによってはブーツだとカジュアルすぎる仕上がりになることもあります。着物の柄や色選びも草履より気を遣わなくてはならないのもデメリットです。  

草履を履くときの注意点

  草履を履いた時はどんなことに注意しなくてはならないのでしょうか?草履を履くときの注意点についてご紹介します。  

丈の長さで綺麗さが大きく変わる

草履を履くときは、丈の長さに注意が必要です。草履は足元が覆われていないため、袴の丈が短いと足袋と足首の境目が見えてしまい、袴姿が美しくなくなってしまいます。   草履を合わせるのなら、袴はブーツよりも長めの丈を選ぶようにしましょう。ベストな丈はくるぶしが隠れる長さです。   袴をレンタルする場合、身長だけでなく「足元は草履を合わせます」と伝えておくとベストな丈のものを選ぶことができます。  

防寒対策をしっかりする

卒業式が行われる3月はまだ寒さが残っている時期です。袴姿でも寒くないよう、防寒対策をしっかりしましょう。   特に草履を履いた場合、靴下ではなく足袋を履かなくてはなりません。足袋は足首までの長さしかないため、足元が冷えてしまいます。   寒さが気になる時は足の裏に貼るタイプのカイロを使うのがおすすめです。五本指の薄手のソックスを足袋の下に重ねておく、短めのスパッツを袴の下に履くというのも防寒対策になります。  

足が痛くなるかも…

草履は履きなれていないと足が痛くなることもあります。あらかじめ対策をしておきましょう。対策として、まずは鼻緒の状態を確認しましょう。きつい場合は鼻緒の付け根を伸ばしてなるべく緩めます。   草履を履くときは奥までグイグイと足を入れるのではなく、鼻緒の前緒をすげる穴である前つぼと、足の親指と人差し指の間に指が1本入るくらいのすき間がある状態で履きます。   奥まで入れると前つぼが指の間に当たって痛くなります。前日までに何度か履いておき、なるべく履きなれるようにするのもよいでしょう。  

ブーツを履くときの注意点

ブーツを履いた時はどんなことに注意しなくてはならないのでしょうか?草履とは違う、ブーツを選んだ場合の注意点をチェックしていきましょう。

草履のときに比べて適切な丈の長さが違う

丈が長い袴をブーツに合わせてしまうと、脱いだ時に裾を踏んで汚してしまいます。   ブーツを履くときは、草履の時よりも短めの袴を選ぶとスタイリッシュできれいに仕上がります。   最適な丈の長さは足首までです。袴を選ぶときは身長だけでなく、ブーツを合わせることも伝えましょう。  

脱ぎやすいかどうかを事前に確認しておく

ブーツはジッパーを下ろして脱ぎ履きするタイプが多くなっています。足首まで覆うデザインのため、脱いだり履いたりするのが草履よりも大変です。   さらに着慣れていない袴姿だと、座ってジッパーを下ろすのは苦労します。履きなれた手持ちのブーツを履く方は大丈夫ですが、ブーツも袴に合わせてレンタルする方は事前に試し履きをして、脱ぎやすいかどうかを確認しておきましょう。  

ブーツのデザインと全体のバランスに気を付ける

ブーツは草履よりもカジュアルな雰囲気になりやすいので、着物の柄や小物など全体のバランスにも気を付けましょう。   ブーツを合わせるなら、大正時代の女学生のようなレトロモダンな雰囲気を目指すと素敵です。特に矢羽柄はブーツスタイルにピッタリです。  

まとめ

卒業式の袴に合わせる足元は草履かブーツかどちらがよいのか、メリットデメリットや、それぞれを選んだ時の注意点についてご紹介しました。   せっかくの袴姿をきれいに仕上げるには、足元も大切です。選ぶ袴の丈も変わりますから、まずは草履とブーツどちらを履くのかを決めて、袴を選びましょう。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す