小学生女の子の袴姿で人気の配色コーデは?草履とブーツどっちがいい?

特集
view
着物姿の女の子 小学生女の子の袴姿はどのような配色が人気なのでしょうか?基本的には無地の袴ですが、
色選びは全体の印象を左右する大事なポイントです。意識的に色を選ぶことで全体を大人っぽくも可愛らしくも演出することができます。
またコーデのポイントになる草履やブーツの選び方もあわせてご紹介いたします。

小学生女子は袴をいつ着るの?

小学生女の子の袴姿は華やかで大変かわいらしいのですが、着用のタイミングは考える必要があります。
袴は刺しゅうなどの装飾の有無にかかわらず和服の中では活動的な衣装になるため、
TPOを気にするならば結婚式のようなフォーマルな場にはそぐいません。卒業式や発表会などで着用するとよいでしょう。

袴選びは草履かブーツを事前に決めるとスムーズです

袴選びの際に、まず重要なのが丈の長さです。草履とブーツ、それぞれちょうどよいといわれる丈の長さは違います。
小学生女の子は成長期にあたり、思っていたより合わせると短かった…ということも起こり得ますので、
袴を事前に準備していた場合は全体のコーディネートを決める前に必ず試着を行いましょう。

・草履がちょうどよい袴丈…くるぶしが隠れるくらいの長さです。
・ブーツがちょうどよい袴丈…草履よりも短め、足首くらいの長さです。

草履のメリット・デメリット

メリット…草履はどんな着物でも合わせやすく、上品で清楚なイメージを演出することができます。
また、色も豊富なので着物と配色を合わせたコーディネートを楽しめる魅力があります。

デメリット…普段履き慣れない草履は靴ずれの原因になりやすく、事前に何度か履いて鼻緒を少し慣らしておいたり、
鼻緒にこすれる部分に絆創膏を貼っておくなどの対策が必要です。また、袴を長く着付けるので上履きのような底が薄いはきものに履き替えた際や階段の上り下りの際は裾汚れに配慮する必要もあります。

ブーツのメリット・デメリット

メリット…はいからさんの様な大正レトロモダンの雰囲気を取り入れたコーディネートによく似合うブーツは、袴丈も短く動きやすいため人気があります。
背の低い女の子でも、ヒール付きのブーツを選べば大人っぽい雰囲気も演出できます。色は黒か茶のものがよいでしょう。

デメリット…カジュアルになりすぎてしまわないように気を付けましょう。脚にフィットする形状で、チャックで着脱できるタイプのものがおすすめです。

袴の配色コーディネイトのポイント

全体のバランスを見ながら袴の配色を考えましょう。袴と着物のトーン差が大きいと全体が引き締まり、
色相やトーンが近いとまとまった印象で見せることができます。

また配色を派手にしたい時はトーンを着物と合わせて色相はなるべく離すとよいでしょう。迷ったときは色の印象から選ぶこともできますよ。

赤系の袴で「華やかさ」を演出

ピンクや白色の着物に合わせやすく人気なのが赤系の袴です。ダークトーンの臙脂色の袴を選べば華やかな印象を損なわずに引き締めることができます。

紫系の袴で「可愛らしさ」を演出

ピンクや水色の着物に合わせやすく人気なのが紫系の袴です。特にピンクと合わせると、可愛らしくまとまります。
赤系と同じく華やかな印象は残しながら落ち着いた印象も演出でき、おすすめです。

青系の袴で「落ち着き」を演出

青系の袴はトーンによって大きく印象が異なります。水色や青などペールトーンの袴は個性的で可愛らしい印象がありますが、
ダークトーンの紺色の袴は着物の色を引き立て、フォーマルな場にもよく馴染むため人気があります。
赤の矢絣とあわせて大正ロマンを演出したい場合にもおすすめです。

緑系の袴で「元気」を演出

緑系の袴はダークトーンでも落ち着きすぎず、着物の色をあまり選ばないため人気です。
ピンクの花柄など可愛らしい着物と合わせるとかわいらしさを残したまま大人っぽく演出してくれます。

また黄色やオレンジの着物とのコーデもおすすめで、カジュアルで元気な印象にまとまりますよ。

黄色の袴で「個性」を演出

黒やモダンな現代風の着物に合わせるなら、黄系の袴もおすすめです。大正ロマン風に仕上げたいなら鮮やかな紫の矢絣の着物などがよいでしょう。
黄色の着物と合わせたいときは同系色にあたるのでトーンを落とし、茶色の袴を選ぶとまとまりますよ。

袴姿の配色に迷ったら紺色がおすすめ!

全体の印象を引き締めてくれる紺色の袴は合わせる着物の色に左右されにくいため人気があります。
合わせる着物は、暖色でも寒色でもどちらでもよいですが、明るい色合いのほうがよいでしょう。

紺色自体は主張しない色のため着物の色柄をより華やかに演出してくれるためおすすめです。

着物の種類で探す

冠婚葬祭シーンから探す